So-net無料ブログ作成
検索選択

【決定】ジェシカさんファンクラブの正式名称は「Golden Stars」 

Jessica 1st Official Fanclub Recruitment.jpg

ジェシカさんファンクラブ名称が決定しました。
Golden Stars」です。

彼女の第一期ファンクラブ募集については過去記事でもご紹介しました。
【速報】ジェシカさん公式ファンクラブ第一期募集
【続報】ジェシカさんファンクラブ第一期募集 - 会費より送料が…

そしてその募集終了からおよそ3週間後
ついに彼女の所属事務所 Coridel Entertainment
ホームページでファンクラブの正式名称をアナウンスししました。
Jessica fanclub Golden Stars.jpg

これはもちろん
「With Love, J」の収録曲である「Golden Sky」に絡んだネーミングですよね。

あの歌詞を聞いていると
SNSDを脱退してから常に支えになっていたファンへの思いが伝わってきます。

例えば出だしの
In my darkest times, you're my burning light
とか

半ばの
As we grew in time, our hearts became one
とか

幾度と無く繰り返される
You'll be a part of me till the end of time
とか

そして極めつけは
やっぱり締めの歌詞であるこちら
In my golden sky
You're my shining light

まさにこの部分の歌詞こそが
今回の正式ファンクラブ名称に繋がるのかなと。^^

そうなんです

ソシペンは
彼女のGolden Skyに輝く光(shining light)で

すなわち
黄金の星(Golden Stars)なんですね。
ワーイ♪ O(≧▽≦)O ワーイ♪

とても素敵な表現だと思いませんか?


ちなみに
私は第一期ファンクラブに申し込んだものの
まだ会員証は届いていません。

もしかして正式名称が決定してから作成・発送?
だとするとまだしばらくかかりそうです。^^;

Source: Coridel Entertainment
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「素敵な女性ジェシカとして思い起こしたい」Sports Dongaのインタビューで語る。 

Jessica Intervies Sports Donga.jpg

ジェシカさんがSports Dongaインタビューを受けました。
ソロデビューした理由とか彼女のニックネームについてとか語っていますが
記事タイトルにも書いた結びの言葉が最高です。

「素敵な女性ジェシカとして思い起こしたい」


そしてそれ以外にも、いろいろなことに答えていますので
抜粋しながらご紹介したいと思います。

なお、元ソースであるSports Dongaはハングルで私には意味不明なので
実際にご紹介するのは上記記事を翻訳紹介している英語サイトからになります。
ご了承下さい。m(..)m


まずはSBSの記事から。

Jessica Jung thought she would never sing again.jpg

この記事タイトルは
Jessica Jung thought she would never sing again
となっていますので、最初はその箇所を抜粋します。

"I had no idea that I'd be a singer again. If it weren't for my fans' support, there wouldn't be a day like today. I regained my courage because of the fans who showed their support, asking me to keep singing. I think I began the work with mulling over what the fans wanted from me and what they wanted to hear. In the end, I decided that I had to do songs that the fans wanted to hear and prepared for my album."
「また歌手になるなんて思っても見ませんでした。ファンの支えがなかったら、今の私はありません。歌い続けて欲しいというファンの願いと支持のおかげで、私は勇気を取り戻しました。ファンが私に何を望んで何を聞きたいのか、深く考えるところから始めたんです。結局、ファンが聞きたい歌を歌うべきって決めて、アルバムを準備しました。」

ファンの支持があればこそ
ジェシカさんがソロデビューを決意してくれたんですね。
その決意に感謝です。

実際
「With Love, J」を聞いていると
そんな彼女の思いがしっかりと伝わってきます。^^v

そしてそのアルバムリリース時期がティファニーさんと重なったことについて
ジョークを交えながら心境を話しています。
"When I heard the news, I thought, 'Why? Of all people?"I thought that it might actually be a good thing. I was curious about what Tiffany would do, and she was really cool. I thought it'd be fun for people who are watching because her music and visuals are different from mine. Leaving behind the grades for our music, I wish that we would each promote coolly."
「その知らせを聞いた時、『なんで?よりによってこんな時なの?』って思いました。でも、実はいいことかもしれないって考えたんです。彼女がどんな風にするか興味がありましたし、とてもカッコ良かったですよ。彼女の音楽とビジュアルは私とは異なりますから、見てる人達は楽しいと思います。私達の音楽の実績を残しながら、お互い素敵に活動していきたいです。」

ジェシカさんが言っている通り
彼女とティファニーさんの音楽もビジュアルも全く異なるものだと思います。

だからこそ
よきライバルになれるのでしょうか。

いずれにしろ
どちらも同じカリフォルニア生まれですから
お互いに刺激しあって活動を続けてくれると嬉しいですよね。


さて
次はkpopmusicの記事から抜粋します。

jessica-jung-talks-about-her-ice-princess-nickname-and-her-solo-debut.jpg

この記事のタイトルは
JESSICA JUNG TALKS ABOUT HER ‘ICE PRINCESS’ NICKNAME AND HER SOLO DEBUT
ですね。

なのでまずはニックネームの話から。
“I think that it comes from how I look.Anyway, even an ‘Ice Princess’ is a princess.To be honest, it ended up being a nickname which did not stick easily to other people. Compared to the past, I think people have become open-minded now. After activating SNS accounts, it appears that now is the time to show my natural self.”
「私の印象から来てると思います。でも「氷姫」だとしたって「お姫様」でしょう。正直に言ってしまうと、結局は私が他の人に簡単に心を開かないところから来ているニックネームです。以前と比べると、オープンマインドになったと思います。SNSのアカウントを開設してから、自然な私を見せる時になったみたいです。」

ジェシカさんのInstagramアカウント開設はとても嬉しかったですね。
過去記事「SNSD~ジェシカさんがインスタグラムアカウント開設」でも紹介しましたが

私と同様にこの知らせを待ち望んでいたシカペンが多かったようで
この記事のアクセス数は飛び抜けて高いものでした。

そしてファンの期待以上の普段なジェシカさんを
新たに開設したアカウント
Instagramで見せ続けててくれています。^^
(SNSといえばweiboもありますが、Instagramがより身近な感じがします)


さて
次は記事タイトルにもしたインタビュー最後の言葉です。
“The first chapter in my life was my school period, the second was my training period. Chapter three was me after a flashy debut and fourth will be my promotions as a solo singer. I would rather hear that this is something expected from Jessica than I did not put in any effort. Even if I get older and look back to the present, I want to remember myself as the cool woman Jessica.”
「私の人生の第一章は学生時代で、第二章は練習生時代です。第三章は華やかなデビュー後の私で、第四章は、ソロシンガーとしての活動になるでしょう。全く尽力しなかったじゃなくて、期待通りのジェシカだったって耳にしたいです。歳を重ねたとしても、今を振り返ったら、素敵な女性ジェシカとして私自身を思い込したいんです。」

結びの言葉がいいですよね~。
その思いはすでに実現できていると思いますが
彼女にとってはまだまだ自分自身を表現しきれていないのでしょう。

過去記事
次のアルバムまでもうすぐです。 'The Star'誌のインタビューでジェシカさん言及。
でご紹介したとおり
次のアルバムにもすでにとりかかっているみたいですし

この言葉をさらに確実にするために
第四章への準備を着々と進めているところでしょうか。

シカペンにとっては
まさに願ったり叶ったりの時が続きそうです。(⌒▽⌒)

Sources: SBS, kpopmusic
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「FLY」MVの韓国版と英語版。一番の違いは八つ当たりシーンでした。 

つい先日、「FLY」の英語版MVがリリースされました。
てっきり映像の違いはなくて、音の差し替えだけだと思っていたのですが
映像にも異なるシーンがあったんですね。

過去記事「SNSD~「FLY」の英語バージョンMV公開。「With Love,J」の英語バージョンリリースに合わせて。」の記事コメントで
happycharmさんが指摘してくださって判明です。ありがとうございます。^^

そしてその異なる箇所は
チーターを蹴るシーンが英語版には無くなっているというものなのですが
Jessica FLY MV Kick.jpg
(韓国版 03:28辺り)

指摘を受けてからじっくりチェックしてみると
そのシーンが無くなっている代わりに
新たに追加されているシーンがありました。

雪だるま(草だるま?)の後頭部をはたいて
転がしてしまうシーンです。
Jessica FLY MV Snowman.jpg
(英語版 03:28辺り)

どちらのシーンも
まさに八つ当たりッて感じですが
そこにジェシカさんの可愛らしさを感じてしまうのは何故なのでしょう?^^

このMVって
見れば見るほど
彼女の魅力に気付かされますよね。


さて
上記以外にも若干の違いがありました。

サルベーション・マウンテンを歩きまわるシーンが
若干異なっています。
シーンの差し替え(順番の入れ替え)って感じですけど
八つ当たりシーンみたいなインパクトはありません。(笑)
Jessica FLY MV Salvation Mountain.jpg

それと
防寒具を届けてくれた配達員さんに手を振るシーンがカットされていますね。
(1秒にも満たないシーンですが)
Jessica FLY MV Wave Hand.jpg

ということで
一応じっくりと見比べたつもりですが
もしかしたらまだ気づいていない違いがあるかもです。

よかったら一緒に探してみませんか?^^
↓上が韓国版で、下が英語版です。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

感涙。FLYの歌詞がジェシカさん過ぎます… 

昨日5月27日にリリースされた「With Love,J」の英語バージョン
その歌詞ジェシカさん過ぎて感涙してます。

記事タイトルも上記文章も
なんか日本語になっていませんが
私の真意は察していただけるのではと。


さて、以前なら
ここで「FLY」の英語バージョンの歌詞と
その和訳をご紹介しているところですが

最近は何かと厳しい時代になりましたから
すみません
今回は歌詞をまんま乗せるのは控えさせてもらいます。

なので
ところどころ気になる歌詞を抜粋しながら
私なりの解説を加えていきたいと思いますが

その前に
まずはFLYのMVの内容について。

これ
過去記事「SNSD~眠れないジェシカさんと1位のFLYと公式MVと
でも少し触れましたが

このMVって
やっぱり「Snow Wonderland」が
テーマだと思うわけです。

fly snow wonderland letter.jpg

そしてその「Snow Wonderland」は
実は自分の夢を表しているんだろうなと。

さらに深読みするなら
彼女のニックネームである氷姫(Ice Princess)にもかけているのかもしれません。^^


以下、ストーリーを簡単に追いかけると

砂漠で暮らしているジェシカさんが
ひょんなことから手にした「Snow Wonderland」の絵葉書を目にして
Jessica FLY Scene 1.jpg

「Snow Wonderland」に夢中になって
Jessica FLY Scene 2.jpg

「Snow Wonderland」へ旅立つ準備をして
Jessica FLY Scene 3.jpg

でも人(動物)任せじゃどうにもならなくて
(このあと豹を蹴りつけます^^;)
Jessica FLY sled.jpg

自分の足で旅立って
Jessica FLY Scene 5.jpg

「Snow Wonderland」を手にするという結末かなと。
Jessica FLY Scene 6.jpg


こんな感じで
私は映像としてのストーリをとらえていましたが
先日リリースされた英語バージョンを聞いてみると

ジェシカさんのSNSDからの突然の脱退や
およそ2年に及ぶブランク期間や
ファンの期待に応えた今回のソロデビューなんかが

まさにその歌詞と重なり合って
なんかもうジェシカさんそのものって感じで
うるうるしてしまうのです。


例えば

Invisible, push through the fog
I have to find my way, yeah
立ちふさがる霧をかき分けて
私の道をさがさなきゃ

って出だしの部分は
まんま脱退直後の彼女の心境を表している気がしますし

それに続く
If you imagine it you'll find
思い描けるなら見い出せるから

なんかは
その後の彼女の生き様そのものって感じがします。

そして
一番感動するのがこの部分
There's no mountain that's hard to move
到達するのに邪魔な山なんかないの

情が深くて涙もろい彼女ですが
そんな中に持っている芯の強さが
この詩に現れていると思います。

実はこの歌詞の前には
Just Spread Your Wings
Reach for your dreams
翼を広げるだけで
夢に届くから
って前振りがあって

たとえどんなに高い山があるとしても
そんなのを物ともしない強い翼があるんだろうなって
ジェシカさんの精神的強さと信念を感じ取ることが出来ます。

そして
実際にその信念に基づいて行動した結果が
まさに今のジェシカさんであり

ファンに対する彼女なりの応えが
今回のソロアルバムのリリースなのでしょうし

そんな大切なファンに伝えたいのがまさに
You Can Fly
って言葉なんだろうなって。


ってことで
英語バージョンを聞いて

韓国語バージョンでは気づかなかった
このFLYという歌の素晴らしさを実感しました。

ジェシカさん、ありがとう。( v^-゚)Thanks♪

このMVはもはや宝物ですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「FLY」の英語バージョンMV公開。「With Love,J」の英語バージョンリリースに合わせて。 

ジェシカさんの初のソロアルバムWith Love,J」の英語バージョンのリリースに合わせて
FLY」の英語バージョンのMVも公開されています。

jessicafly Ending.jpg

過去記事「SNSD~ジェシカさんソロアルバム「With Love, J」の英語バージョン。iTunesでリリース」にも
その動画は貼り付けておきましたが

やっぱりこれは一つの記事として紹介するべき出来事だと思いますので
久々に1日2記事の投稿です。^^


それにしても
なんともまぁ
サービス精神旺盛ですよね。

シカペンとしてはもう
願ったり叶ったりで
思わず涙ぐんでしまいます。
(/_<) ナケルネェ


さて、
「FLY」の韓国語バージョンと英語バージョン

じっくりと見比べたわけではありませんが
動画そのものに変更はないのかなと。

2016.05.29追記
映像にも違う部分がありました。
チーターを蹴るシーンがなくなっています。
happycharmさんのご指摘で判明。感謝です。^^

音の差し替えだけって感じですが
それでも
韓国語なのか英語なのかの違いだけで
受ける印象はずいぶんと違ってきます。

やっぱり
言葉の意味が読み取れるかどうかが
大きな違いになってくるのでしょう。

百聞は一見にしかず。
どうぞ英語バージョンの「FLY」をお楽しみ下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽