So-net無料ブログ作成
Interview(インタビュー) ブログトップ
前の3件 | -

SNSD~Sohu Fashion Interviews Jessica 

みなさん、こんにちは。

これが
SNSD Memoriesでの
最後の翻訳インタビュー記事となります。

あとは
最後の最後に
ジェシカさんの脱退に関する記事を書いて
このブログの更新は終了します。


そして
私はシカペンですから

翻訳インタビュー記事の最後は
当然ながらジェシカさん。

ネタ元はSoshifiedで
2014年12月11日に投稿されたものです。


SNSD脱退後のインタビューとなりますが
残念ながら短いものとなっています。

同様のインタビューとして
以前ご紹介した
「SNSD~「Apple Daily」がジェシカブランドについてインタビュー」
がありますが

やはりそのインタビューも短いものでしたし
どちらも彼女のブランドについての話が主になっています。

正直
私はそっち方面にはまったく関心がありませんので

今後アーティストとして
どんな活動を繰り広げていく予定なのかって部分を知りたいのですが

続ける意向があることは分かるものの
具体的にどうなのかってところはまるっきりです。^^;


一つ前の記事
「SNSD~ジェシカさんがインスタグラムアカウント開設」
でご紹介したとおり

彼女のインスタグラムにも
そんな動向を知らせてくれないものかと期待しているのですが
最初の動画以降に投稿された写真は2点で

Favorite place(お気に入りの場所)
JessicaInstagram20150202.jpg

Can't wait for the spring!It's too cold(春が待ちきれない!寒すぎ)
JessicaInstagram20150204.jpg

ってな感じで
今後の活動を思わせる情報は今のところありません。

フォロワーも
インスタグラムアカウント開設記事を書いていた時点の
30万超から
50万超に増えていますし

彼女のアーティスト活動を望むファンが
ずいぶん多いとは思うのですが・・・


まぁ
彼女のweiboとInstagramは
今後もチェックし続けていこうかなと。


さて
いつものことながら
前置きが長くなってしまいました。

それでは最後の翻訳インタビュー記事
どうぞお楽しみください。


Sohu Fashion Interviews Jessica
Sohu Fashionジェシカインタビュー

jessica-sohu.jpg

Sohu Fashion: Hey, Jessica. First let’s say hello to all of our Sohu Fashion friends.
Sohu Fashion: やぁ、ジェシカ。まずはSohu Fashionの友人たち皆に挨拶しましょう。

Jessica: Hello friends of Sohu Fashion, I’m Jessica.
Jessica: Sohu Fashionの友達のみんな、こんにちは。ジェシカです。

Sohu Fashion: Is this your first time in Shanghai? What do you think of this city?
Sohu Fashion: 上海は初めてですか?この都市をどう思います?

Jessica: I’ve been to Shanghai before, but last time I didn’t have the opportunity to walk and look around. This time, I did have the opportunity to explore, and I love this city - I love the food, the buildings, the historical structures: they’re all so amazing. I’d like to come to Shanghai more often if possible.
Jessica: 以前上海に来たことはありますが、前回は歩いて見て回る機会がありませんでした。今回は散策する機会があって、この都市が大好きになりました。- 食べ物、建物、歴史的建造物が大好き。何もかもが素敵。出来るだけ上海に来たいと思います。

Sohu Fashion: I’ve heard that you’ve always been supporting children’s charities. Could you talk to us more about it?
Sohu Fashion: あなたは常に子供たちの慈善団体を支援していると聞きました。それについて詳しく話していただけますか?

Jessica: Supporting children’s charities has always had an important place in my heart; I love to give back. I’ve invested a lot of energy toward BLANC & ECLARE and UNICEF. I just hope that we can do something useful in this life.
Jessica: 子供たちの慈善団体を支援することは、常に私の心の重要な位置を占めています。恩返しが大好きなんです。私は、BLANC & ECLAREとUNICEFに向けて、たくさんのエネルギーを費やしてきました。この人生で何かしら役に立つことが出来ればと望んでいます。

Sohu Fashion: Let’s talk about your brand, BLANC & ECLARE. How did you decide to transition from being a singer to a fashion designer?
Sohu Fashion: あなたのブランドについて話しましょう。歌手からファッションデザイナーへの転身をどのように決めたのですか?

Jessica: I think being a fashion designer has always been my dream. I always find myself enjoying reworking my own clothes during the weekends, and I’ve always dreamed of one day making my own designs. That being said, I haven’t given up being a singer. Singing is still very interesting to me.
Jessica: ファッションデザイナーになることが、変わらぬ私の夢だったと思います。週末に自分の服の手直しを楽しんでいることを、いつも私の中に見出して、いつの日にか私自身のデザインをつくり上げることをずっと夢見てました。とは言っても、歌手であることを諦めたりはしていません。歌うことは私にとって、今でもとても面白いんです。

Sohu Fashion: What’s the story behind this brand name?
Sohu Fashion: ブランド名の裏話は何でしょうか?

Jessica: Coming up with this brand name and logo took a long time. We looked up various languages, roots, and definitions to come up with ‘BLANC & ECLARE’.
Jessica: このブランド名とロゴを思いつくまで、長い時間がかかりました。「BLANC & ECLARE」を考えつくまで、様々な言語や、ルーツ、定義を調べたんです。

Sohu Fashion: What’s this brand’s position (translator’s note: i.e. future direction) and style like?
Sohu Fashion: このブランドはどんな位置づけ(翻訳者注: すなわち今後の方向性)でどんなスタイルですか?

Jessica: We want BLANC & ECLARE to be eternal, because our style is classic, yet detailed, and simple yet elegant fashion.
Jessica: 私達のスタイルは、古風で、緻密で、簡素でありながら上品なファッションですから、BLANC & ECLARは永遠であって欲しいです。

Sohu Fashion: As a budding fashion designer, what kind of style do you usually dress in?
Sohu Fashion: 新進のデザイナーとして、普段はどんな装いをしていますか?

Jessica: I don’t think I drastically changed my style of dress. I like to dress to match the occasion. Just because I’m a fashion designer doesn’t mean that I would wear my own designs.
Jessica: 私の装いが劇的に変わったとは思っていません。時と場所に合わせて装うのが私好みなんです。私はファッションデザイナーであるだけで、自分のデザインを着るということではありません。

Sohu Fashion: Could you recommend to everyone some of this year’s most popular sunglasses?
Sohu Fashion: みんなに今年一番人気のサングラスを薦めていただけますか?

Jessica: We designed sunglasses for different tastes and styles. I think we’re about to launch, in the next few quarters, refreshing new colors and designs. My heart is exuberant. What I’m really proud of is that our first classic designs had a good response?you know, both men and women can wear these three designs. They sold especially well in Seoul, New York, and Hong Kong.
Jessica: 私達は趣とスタイルの異なるサングラスをデザインしました。これからの季節ごとに、すがすがしい新しいカラーとデザインを打ち出すつもりです。私の心は喜びでいっぱいなんです。ご存知の通り、男性にも女性も向いている3種類のデザイン、最初のクラッシックデザインの反応がよくて、ほんとうに嬉しいんです。ソウル、ニューヨーク、香港で特によく売れました。

Sohu Fashion: Do you have a designer you admire greatly?
Sohu Fashion: あなたがとても賞賛しているデザイナーはいますか?

Jessica: Yes, the famed Yves Saint Laurent. His love for design and aesthetics teach me a lot, and concerning other up-and-coming designers, he’s an inspiration to everyone.
Jessica: はい。有名なイブサンローランです。彼のデザインに対する愛と審美眼は、たくさんのことを私に教えてくれますし、他の有望なデザイナー達、あらゆる人のインスピレーションです。

Sohu Fashion: Crossing from singer to designer?what do you think there are the advantages and disadvantages?
Sohu Fashion: 歌手からデザイナーへの転身 - どんな利点と欠点があると思いますか?

Jessica: I haven’t decided to leave music right away. That is to say, I think music and fashion have a lot of similarities. They both require attention to detail, attention to originality, and attention to the audience. I’ve learned a lot of things from music that have helped me with the complex aspects of fashion.
Jessica: 私は今すぐ音楽から離れると決めたわけではありません。言い方を変えるなら、音楽とファッションは似ている部分がたくさんあると思うんです。どちらも、細部まで気を配り、独自性に注意を向け、相手に配慮することを求められます。私は音楽からたくさんのことを学び、それがファッションの複雑な局面で助けになってくれました。

Sohu Fashion: Can we ask, if you were again faced with setbacks or unexpected situations, how would you deal with them?
Sohu Fashion: あなたが再び頓挫や思いもよらぬ状況に直面したなら、どのように対処するか聞いてもいいでしょうか?

Jessica: Difficulties and setbacks are unavoidable; they’re a part of life. Learning and growing from them are what are most important to me - how to turn sadness into happiness, or frustration into motivation.
Jessica: 困難や頓挫は避けられません。それは人生の一部です。それらから学んで成長するのは、私にとって一番大切なことです。 - 悲しみを喜びに、失望を意欲に変える術が。

Source: Sohu Fashion
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~‘The Celebrity’ Magazine Features Taeyeon, Tiffany, and Seohyun 

みなさん、こんにちは。

およそ2週間ぶりとなるでしょうか。

以前ご報告したとおり
インタビュー記事の翻訳紹介で
今回はTTSとなります。

ネタ元はSoshifiedで
2014年9月26日に投稿されたものです。

テティソのインタビュー記事は
SNSD Memoriesでは初めて取り上げることとなりました。

ブログ更新を終了する前に
TseTiSeoのインタビュー記事をご紹介することが出来て
なんとなし一安心って感じですね。

もしよろしければ
過去記事もご覧いただけると
今回のインタビューを一層お楽しみいただけるかもしれません。

「SNSD~「振り付けよりボーカル」TTSテヨンさん語る」
「SNSD~TTSソヒョンさん「頑張った分、愛して欲しい」」
「SNSD~TaeTiSeo、9人から3人で感じている事は。」
「SNSD~TaeTiSeo「Star News」インタビューで語る」
「SNSD~TTSインタビュー。SNSD年末韓国アルバムに言及」
「SNSD~TaeTiSeoが胸の内を語る:Elle Girl誌」
「SNSD~「Elle Girl」インタビュー全文(超長文です)」


さて
今回のインタビュー

個人的感想を最初言わせてもらうなら

ティファニーさんってやっぱりアメリカンで
テヨンさんってやっぱり東洋人だなと。

私は日本人ですから
どうしてもテヨンさんを好ましく感じてしまいます。

わざとぼかした言い方にしてますが
実際にインタビュー記事を読んでもらうと
私と同じように感じる人も多いような気はしますね。


実際のインタビューは
彼女たちが好きな食べ物の話から始まって

テヨンさんとソヒョンさんは
それぞれ贔屓にしている日本のとある食べ物があったりして
一気に親近感を覚えて引きこまれ

そこから
食べ物に関する裏話的な話にまで発展した後

今度は
TTSのアルバムの話に移ります。

ここからは
ティファニーさんの独壇場って感じですね。


最後のほうで
インタビューアーがテヨンさんに話を振ってくれますが

やっぱりテヨンさんって
ステージ以外ではどうしても控えめで
個人インタビューでもない限り
なかなか発言してくれません。^^;

でも
歌の上手さと綺麗さに関する質問があって

それにはしっかりと断言して答えていますから
「あぁ、やっぱりテヨンさんだ!」
って
事歌に関することだと
ステージにいる時みたいに
一気に存在感が出ますね。^^v


私にとっては
もっとテヨンさんの言葉を聞きたかったというのが本音の
今回のインタビュー記事でした。

みなさんはどう受け止められるでしょうか。

それではTTSのインタビュー
どうぞお楽しみください。


‘The Celebrity’ Magazine Features Taeyeon, Tiffany, and Seohyun
「The Celebrity」誌 テヨン、ティファニー、ソヒョン特集

001.jpg

The Celebrity: Recently, your ‘meokbang’ (translator’s note: ‘eating broadcast’ shortened) in your reality program became a topic of interest, right? While promoting globally in New York, Paris, Los Angeles, Tokyo, and other places, are there restaurants you always visit in each city?
The Celebrity: 最近、リアリティ番組でのあななたちの「モクバン」(翻訳者注: 食べてる姿の放送)が興味を引く話題となりましたよね?世界的な活動で、ニューヨーク、パリ、ロスアンゼルス、東京、等、それぞれの都市で必ず立ち寄るレストランはありますか?

Taeyeon: In Ebisu in Tokyo, there’s a ramen restaurant with an izakaya atmosphere I always go to. I like miso ramen and enjoy eating spicy curry ramen as well. And even if I don’t drink it all, I order one glass of beer. If someone orders it, I have at least one sip.
Taeyeon: 東京の恵比寿に、私がいつも行く居酒屋風のラーメン屋があります。私は味噌ラーメンが好きで、スパイシーなカレーラーメンも楽しんで食べます。そして何をおいても、ビールを1杯注文します。誰かが注文したら、一口もらいます。

Tiffany: In Los Angeles, I always go to In-N-Out, and I always eat lobster rolls when we go to New York. Lobster rolls are popular in New York lately. A very well-known restaurant, whose specialty is lobster, fills a hot dog bun with crab meat, and it’s really good.
Tiffany: ロスアンゼルスでは、私はいつもIn-N-Outへ行きますし、ニューヨークへ行った時には、私達はいつもロブスターロールを食べます。最近ニューヨークでは、ロブスターロールが人気なんです。ロブスター専門の、とっても有名なレストランでは、コッペパンにロブスターの身がぎっしりなので、すごくいいんです。

Seohyun: When we go to Japan, I enjoy eating sushi and soba.
Seohyun: 私達が日本へ行った時、私はお寿司とそばを楽しんで食べます。

The Celebrity: Then what do you eat most often in Korea at your dorm or practice room? Delivered food?
The Celebrity: それでは、韓国の寮や練習室で一番食べるのはなんでしょう?デリバリーフードですか?

Taeyeon: Just marinated chicken for me. I really like the sauce. I’ve been into chicken with powdered cheese sprinkled over it. I order half vegetables, half cheese [chicken]. Girls’ Generation is like this too. (laughs)
Taeyeon: 断然マリネードチキンです。マリネが本当に好き。粉チーズをまぶしたチキンにも夢中です。野菜とチーズ[チキン]半々で注文します。少女時代もこんな感じです。(笑)

Tiffany: A few days ago, I got really hungry after midnight, so I ordered pizza from a place I’ve never seen before using a food delivery app, and it was a huge success. I didn’t even ask Taeyeon before ordering it, and it must have been because both of us were hungry, but we almost at the entire thing.
Tiffany: 数日前、0時過ぎに本当にお腹が空いたので、デリバリーアプリで、以前一度も利用したことがない知らないところにピザを注文したら、それが大成功でした。テヨンには聞きもしないで注文しましたが、ふたりともお腹が空いていたからでしょうけど、私達だけでほとんど1枚食べました。

Seohyun: I don’t really eat much late at night. Instead, when we go overseas, I eat the local foods to my heart’s content. I don’t look for Korean food on purpose when I’m overseas. Korean food is the tastiest in Korea, but I’ve been into ‘ssambap’ (translator’s note: rice wrapped in greens or leaves) recently. Every morning, I’ve been eating tofu, lettuce, and grilled salmon.
Seohyun: 私は夜遅くにはあまり食べません。その代わりに、海外へ行った時、地元の食べ物を思う存分食べます。海外では、わざわざ韓国の料理を探したりはしませんが、最近は「サムパプ」(翻訳者注: 野菜や葉っぱでご飯を包む)に夢中で、毎朝、豆腐、レタス、焼き鮭で食べてます。

002.jpg

The Celebrity: When they’re stressed, women tend to look for spicy foods, sweet foods, and alcohol. What does TTS choose?
The Celebrity: ストレスを感じると、女性は辛いものや甘いモノやアルコールを求める傾向があります。TTSは何を選びますか。

Tiffany: Salty things, natrium (translator’s note: sodium)!
Tiffany: 塩辛いもの、ナトリウム(翻訳者注: ソディウム)

Seohyun: If I’m angry or tired and exhausted, there’s something I always say. “One cup of iced chocolate, please!” I have to recharge my sugar levels.
Seohyun: 怒ったりへとへとになったら、私はいつも言うんです。「アイスチョコレート1つください!」って。糖分を補給しなくちゃいけませんから。

The Celebrity: Natrium and sugar, you really can’t forget them. Don’t you worry about swelling the next day?
The Celebrity: ナトリウムと砂糖、本当に欠かせません。でも翌日のむくみが心配ではありませんか?

Taeyeon: Our bodies have gotten used to late-night meals, that we don’t swell up to a serious degree.
Taeyeon: 私達の体が夜食に慣れてしまったのか、それほどじゃありません。

Tiffany: Eating late has become a habit as well because of our schedules. I don’t know if it’s because we consume a lot of energy, but we don’t gain weight. We were going to manage our images better by cutting back on ‘meokbang’ on shows, but we failed. (laughs)
Tiffany: 私達のスケジュールのおかげで、遅く食べるのが習慣になりました。エネルギーをたくさん消費するからなのか、私達は太らないんです。イメージをしっかりと保つために、番組では「モクバン」を減らすつもりでしたが、失敗しました(笑)。

The Celebrity: Of the following, where do you sit: light eater, glutton, connoisseur, or a heavy eater?
The Celebrity: あなたたちはどのタイプでしょう。少食、食いしん坊、グルメ、大食い?

Taeyeon: Tiffany’s a glutton and connoisseur. (laughs) I don’t eat that much. If someone next to me is eating, I get curious and try it, but unless I’m really hungry, I just eat a little and leave it.
Taeyeon: ティファニーは食いしん坊です(笑)。私はそんなに食べません。隣の人が食べてると、気になって試してみますが、本当にお腹が空いていないと、少し食べて残してしまいます。

Tiffany: She’s right. I eat a lot of what I like, and if I don’t crave it, I don’t eat. Food is really important to me because food can change your mood, and your daily routine depends on it.
Tiffany: そうなんです。私は好きなものをたくさん食べて、欲しくなければ食べません。食べ物は気分転換できますし、日々の仕事にもかかってますからとても大切なんです。

003.jpg

The Celebrity: I looked into it, and I heard you know what’s good on franchise coffee shop menus, and that there’s something you always order.
The Celebrity: 調べてみたところ、フランチャイズコーヒーショップのメニューを良く知っていて、いつもオーダーするものがあるのだとか。

Tiffany: I’m what you call a ‘coffee shop menu’. I’m always first in asking, “What should I order?” and go and order it. I know all the members’ preferences. Taeyeon usually picks within two or three kinds, like caramel cappuccinos or java chip frappuccinos.
Tiffany: またの名を「コーヒーショップメニュー」と言います。いつも最初に「何を注文したらいいの?」って聞いて、注文しに行きます。メンバー全員の好みを知ってます。テヨンは、キャラメルカプチーノか ジャバチップフラペチーノみたいに、2~3種類から選びます。

Seohyun: As expected, she knows us well. I like lattes made with [multi]grains. Even if the menus are similar, they taste different at each coffee shop. Ones with lots of grains, thick, and not very sweet fit my taste.
Seohyun: やっぱり、私たちのことをよく知ってますよね。私は[多種類]穀物ラテが好きなんです。メニューが同じでも、コーヒーショップ毎に違った味わいです。穀物がいっぱいで、濃くって、それほど甘くないのが私の好みです。

Taeyeon: Everyone’s a connoisseur except for me.
Taeyeon: 私以外はみんなグルメなんです。

The Celebrity: Is there an especially memorable time where you had a get-together or went to a restaurant with Girls’ Generation?
The Celebrity: 少女時代で懇親会を開いたりレストランに行ったりして、とりわけ思い出深いことはありますか?

Seohyun: For me, definitely Nagoya’s specialty: hitsumabushi, rice with grilled eel! It’s expensive and could taste greasy if you eat too much of it, but I ate it for all three meals every day. It’s rice and grilled eel that comes in a unique wooden bowl. Talking about it is really making me want to eat it again now!
Seohyun: 私にとって、名古屋は絶対に特別です。ごはんと蒲焼きの、ひつまぶし!高価ですし、食べ過ぎると脂ぎった感じですが、毎日3食それだけ食べてました。独特なお椀に入ったごはんと蒲焼きです。こうして話しているだけで、とっても食べたくなってしまいます!

Tiffany: Since you mentioned a get-together, I thought of drinking parties? (laughs) Whenever we go to Singapore, we always eat pepper crab and chili crab that my members like. At the concert venue, there are like ten containers, and we scraped it all off and ate it all until right before the concert was about to start. Oh, we can’t forget about Taeyeon’s birthday party last year either.
Tiffany: 懇親会って言ったら、思い浮かべるのは飲み会?(笑)シンガポールに行くといつも、メンバーが好きなペッパークラブとチリクラブを食べます。コンサート会場に、10箱くらいありましたが、コンサートが始まる寸前まで、全部剥いて全部食べてました。そうそう、去年のテヨンの誕生日パーティも忘れられません。
Taeyeon: When we were doing our second arena tour, just the members got together in Hiroshima and we celebrated my birthday. We spent a night that was so fun that it’s legendary, talking about work, playing around, and just chatting.
Taeyeon: 2回目のアリーナツアーをしてたとき、広島でメンバーだけが集まって私の誕生日のお祝いをしたんです。仕事のことを話して、遊んで、ただおしゃべりして、伝説に残るほどとても楽しい夜を過ごしました。

The Celebrity: You started TTS unit activities for the first time in 2 years. What’s the biggest difference between this and stages with Girls’ Generation?
The Celebrity: 2年ぶりにTTSユニットの活動を始めましたね。少女時代のステージとの一番の違いは何でしょうか?

Taeyeon: What’s possible and impossible is clearly separated because of the nine members of Girls’ Generation. For instance, there are lots of difficulties starting with the outfits. There are a lot of things we want to show, but it’s not easy assembling nine of them. We broke the limits Girls’ Generation had for TTS’s second album, and attempted all the things we couldn’t do as nine, but can do well as three. Like each member’s styling and makeup, we paid lots of attention to visuals, so you should be able to see a variety of appearances while we promote.
Taeyeon: 少女時代は9人メンバーですから、出来る事と出来ないことがはっきりと分かれました。例えば、衣装を始めとしてたくさんの苦労があります。見せたいことはいっぱいありますけど、9人分つくり上げるのが容易じゃありません。私達はTTSのセカンドアルバムで少女時代の限界を打ち破り、9人では出来なくても、3人ならうまく出来るあらゆることを試みました。メンバーそれぞれがスタイリングやメイクのような、私達のビジュアルにすごく気を使いましたから、活動中に様々な姿を見ることが出来ますよ。

004.jpg

The Celebrity: TTS’s own personality came about in even more detail. Could you notice the different feeling?
The Celebrity: TTSそのものの個性が、つぶさに露わになりました。違った感覚を実感出来ましたか?

Seohyun: Girls’ Generation wears the same outfit and shows an energetic and showy performance on stage as one. TTS looks to create a balance by showing each member’s colors more clearly. Also, while singing on stage, the parts we have have gotten longer, so we have the advantage of getting to express our vocal color and sensibility more freely.
Seohyun: 少女時代は一緒の衣装でステージで一つになって、エネルギッシュで華やかなパフォーマンスを披露します。TTSは、メンバー各自のカラーをより明確に表現しながら調和する事を目指しています。そして、ステージで歌うとき、担当パートも長くなってますから、声の色や感性をより自由に表現できる強みもあります。

The Celebrity: Being TTS could be enjoyable, but isn’t it burdensome having Girls’ Generation’s name too?
The Celebrity: TTSであることは楽しいでしょうが、少女時代の名も背負っていることが重荷ではありませんか?

Seohyun: Rather than it feeling burdensome, we were more free. When we’re nine, since our individual parts are so brief, we get more nervous trying not to mess up. If we were to make a momentary mistake as TTS, we have enough individual time to recover from it. We can also find our own flow in our own parts, and express ourselves for a longer time.
Seohyun: 重荷というより、さらに開放されました。9人の時は、個人のパートがとても短いですから、ミスしないようにより緊張します。TTSならちょっとだけミスしたとしても、挽回する時間がひとりひとりにたっぷりあります。それに、自分のパートの流れを知って、もっと長く自分を表現出来るんです。

Taeyeon: I also think we can sing and express ourselves more comfortably as TTS than Girls’ Generation.
Taeyeon: 私も、少女時代よりTTSの方が、もっと気軽に歌って表現できると思います。

The Celebrity: What kind of song is your title song, ‘Holler’? Does it carry on the musical-like feel that ‘Twinkle’ had?
The Celebrity: タイトル曲の「Holler」は、どんな歌ですか?「Twinkle」が持ってた、ミュージカルみたいな雰囲気で進むのでしょうか?

Tiffany: ‘Holler’ is a rhythmical song that has a big brass sound that stands out with a funky groove, soul, and is overflowing with energy. It is an extension of TTS’s first album, but is also a more mature and powerful album. While taking part as a visual director, I gathered the members’ opinions and decided on the theme. It has all of the members’ individual feelings within it. Along with styling, I also tried song arrangements, writing, recording, and I worked hard so that the best results would be carried out.
Tiffany: 「Holler」は、独特な高揚感が際立つビッグブラスサウンド、ソウル、エネルギーに満ちたリズミカルな曲です。TTSのファーストアルバムの延長線上にありながら、さらに成熟した力強いアルバムです。ビジュアルディレクターとして携わりながら、メンバーの意見を集ってテーマを決めました。その中に、メンバー各自の想いの全てがあります。スタイリングに加えて、曲のアレンジ、作詞、レコーディングも試みて、最良の結果を導き出せるように努力しました。

005.jpg

The Celebrity: Listening to the ‘Twinkle’ album, I could think of why girls liked TTS more. ‘Twinkle’ was sung a lot at the karaoke when there was stress to be relieved.
The Celebrity: 「Twinkle」のアルバムを聞きながら、女の子たちがどうしてTTSがこんなにも好きなのか考えました。ストレス解消で、「Twinkle」はカラオケで歌いまくられましたね。

Tiffany: We’re really proud of that! I think our members’ personalities showed. TTS has the feel of friends who have seen each other for a long time, chatting and sharing everything. I think that appealed for other girls our age. I want to continue to show music and fashion that many other women can agree with.
Tiffany: とってもうれしいです!メンバーの個性が際立ったと思います。TTSは、おしゃべりしたりすべてを分かち合ったり、長い間付き合った友達みたいな感じがあります。それが同年代の女性達に受け入れられたんじゃないでしょうか。多くの女性が共感出来る音楽とファッションを披露し続けたいです。

Seohyun: The lyrics that talked about getting made up prettily also gained lots of agreement. I’m really proud.
Seohyun: 綺麗に装う内容の歌詞も、たくさんの共感を得ることが出来ました。本当にうれしいです。

Tiffany: Girls dress up so they can look prettier amongst other girls. I wanted to show TTS as an image that even other women looking at us would like.
Tiffany: 女性は、他の女性の中でひときわ美しく見えるように着飾ります。他の女性たちが見ても好ましいイメージのTTSを見せたかったんです。

The Celebrity: The ‘Twinkle’ music video had EXO-K, and, unintentionally, Jung Joonyoung make cameos, creating a fun aspect. Could we anticipate another surprising cameo in this music video?
The Celebrity: 「Twinkle」のミュージックビデオには、EXO-Kが、そしてさりげなく、チョン・ジュニョンが特別出演し、楽しい局面を作り上げました。今回のミュージックビデオも、サプライズ出演を期待できますか?

Seohyun: With the fake space called ‘Holler Hotel’, different fantasies open up on each floor, from the lobby, swimming pool, and dining room. It’s a magical world. The perspective moves along with the focus of the camera, making the viewer feel like the music video’s main character, so it should be even more fun.
Seohyun: 「Holler Hotel」という仮想空間で、ロビーから、プール、ダイニングルーム等、各フロアごとに様々な幻想が繰り広げられます。不思議な世界です。カメラフォーカスに沿って視点も動きますから、ミュージックビデオの主人公になったみたいに感じて、よりいっそう楽しめるでしょう。

Tiffany: We focused a lot on TTS’s vocal performance, so the music video focused more on the music. We paid a lot of attention to the look and editing so that even if you forget the story, your ears would enjoy it.
Tiffany: 私達は、TTSのボーカルパフォーマンスをとても意識しましたから、ミュージックビデオも音楽に焦点を当てています。仮にストーリーを忘れたとしても、耳が楽しめるように、見た目と編集にとても気を使いました。

006.jpg

The Celebrity: Not too long ago, Tiffany said Girls’ Generation’s pride is Seohyun. As soon as I heard that, without any explanations, I could understand Seohyun’s character.
The Celebrity: 先日、ティファニーが、少女時代の自尊心はソヒョンだと言っていました。それを聞いただけで、ソヒョンの人柄を察することが出来ます。

Seohyun: They were words I was really grateful for, but there was a big burden that I should do better. If there’s a big anticipation, the disappointment would be just as big. Because I’m a person too, there could be times where I mess up, so I also wondered what I would do then. So I’m going to keep on making small mistakes, and show more cracks. (laughs)
Seohyun: とてもありがたい言葉ですが、もっとしっかりしなきゃって負担も大きかったです。期待が大きいほど、失望もまた大きいでしょう。それに、私も人間ですから、失敗だってするでしょうし、そんな時どうしようって思います。なので、これからはささいな失敗を繰り返して、隙を見せるつもりなんです(笑)。

Tiffany: Understanding what I meant, means that Seohyun has been showing the same image to everyone. Whether she makes mistakes or not, Seohyun’s innocence in itself is what I like.
Tiffany: 私の意図を理解したということは、ソヒョンは誰にでも同じイメージを見せていたってことです。彼女が失敗しようとそうでなかろうと、ソヒョン本来の純真さが好きなんです。

The Celebrity: Before seeing TTS’s performance, I didn’t think I would be recalling the word ‘talent’ from the timid maknae (youngest), Seohyun. You can see that you’re trying to express more things.
The Celebrity: TTSのパフォーマンスを見るまでは、内気なマンネ(最年少)ソヒョンから「才能」という言葉を思い浮かべるとは思ってもみませんでした。より多くのことを表現しようとしているのがわかります。

Seohyun: At first, it was burdensome, but I wanted to show a bit of a more natural appearance after watching my unnies (what a younger girl would call an older girl). In the past, the concept of having to show the best performance as Girls’ Generation made me calculate things like, ‘I’m going to do this facial expression here, and this pose here’. But after TTS activities, rather than having things set, I started thinking I should enjoy the atmosphere and do it comfortably.
Seohyun: 初めは、それが負担でしたが、オンニ(年少の女性が呼ぶ年上の女性)を見て、私ももう少し自然な姿を見せたくなったんです。以前は、少女時代として最高のパフォーマンスを披露しなくてはいけないという思いから、「ここではこんな表情をして、ここではこんなポーズをとって」なんて計算をしました。でもTTSの活動後は、物事を決めておくよりも、雰囲気を楽しんで気楽にやればいいって思い始めたんです。

Tiffany: I think people started feeling Seohyun’s real charms after she started expressing feelings from experience naturally and sincerely, instead of pre-planned gestures and angles.
Tiffany: あらかじめ決めておいたジェスチャーやアングルじゃなく、彼女が自然に心から経験を通じた感情を表現し始めてから、みんながソヒョンの本当の魅力を感じ始めたと思います。

The Celebrity: What’s your secret to maintaining a loveable appearance after your debut, Tiffany? Is Elle Woods from ‘Legally Blonde’ still your role model?
The Celebrity: ティファニー、デビューしてから愛らしい姿を維持し続けている秘訣は何でしょう?「キューティ・ブロンド」のエル・ウッズが相変わらずロールモデルですか?

Tiffany: Elle Woods is an optimistic icon that has the energy to go towards a brighter place even in the worst situations. She’s my unchanging role model.
Tiffany: エル・ウッズは、最悪の状況であっても明るいところへ向かうことの出来るエネルギーを持った、楽観主義の象徴です。彼女は私の変わらぬロールモデルです。

The Celebrity: You seem like you have the feelings of a girl, liking pretty and lovely things.
The Celebrity: あなたは美しくて可愛らしいものが好きな、少女の感性を持っているように見受けられます。

Tiffany: Since I was little, I went to Disney World once every week and wore all the outfits the main characters did in animations, and naturally just grew up in a fairy tale-like environment. I think my character of being bright, hopeful, and believing dreams can come true was completed through the influence of Disney animations that always had happy endings. But when I watched TTS’s reality program, I was the toughest amongst the members. (laughs)
Tiffany: 幼い頃から、毎週1回ディズニーワールドへ行って、アニメの主人公の衣装も全部着て、まさにおとぎ話みたいな環境で自然に育ちました。ディズニーアニメの必ずハッピーエンドの影響を受けて、明るくて、希望に満ちて、夢は実現できるって信じる性格が作りあげられたんだと思います。でも、TTSのリアリティ番組を見てみたら、私が一番タフでした(笑)。

007.jpg

The Celebrity: So if you were to picture the right person person for a Walt Disney animation, it would be Tiffany. You being happy about becoming TTS’s visual director left an impression.
The Celebrity: ならば、ウォルト・ディズニーアニメにうってつけな人を思い描くとしたら、ティファニーですね。TTSのビジュアル・ディレクターになって嬉しそうだったのが印象的でした。

Tiffany: I learned there are a lot of stages you have to go through to get to the position of a director in a company while becoming a visual director. The more you work, the more difficult things there are to think about. For TTS’s visuals this time, if only I wanted to look pretty, the other members wouldn’t have allowed it either. Everyone accepted it because I thought about the best visual for all three of us. On stage, as both a performer and person who draws out the visuals, I know how to make each of the members look appealing. We chose this song together, and the outfit, promotions, and stage designs were personally done. Putting the three of our honest sides in the music and knowing that the general public identifies with it makes it really enjoyable.
Tiffany: ビジュアル・ディレクターになって、会社のディレクターの地位に着くためには、たくさんの段階があることを学びました。仕事をすればするほど、考えなくてはならない困難な事が出てきます。今回のTTSのビジュアルも、私が綺麗に見えたいだけなら、他のメンバーは承知しなかったでしょう。3人にとって最高のビジュアルを考えたから、みんなが受け入れたんです。ステージでは、パフォーマーであると同時にビジュアルを引き出す者として、メンバーそれぞれが一番魅力的に見えるにはどうしたらいいかを知っています。今回は曲を一緒に選んで、衣装、プロモーション、舞台デザインまで直接しました。3人の率直な一面を音楽に込めて、みんながそれに共感してるのを知ると、本当に楽しいんです。

Seohyun: Tiffany unnie understands the feelings of an artist 100%. I was sad about music being understood differently by people who aren’t the actual artist, but we were able to express our feelings more this time. Instead, I feel sorry because she had to work twice as hard.
Seohyun: ティファニーオンニはアーティストの気持ちを100%理解してます。アーティストじゃない人たちに、音楽を違った形で理解されるのは残念ですが、今回は私達の気持ちをより良く表現することが出来ました。その代わりに、彼女が2倍頑張らないといけなかったのは申し訳なく思います。

The Celebrity: Taeyeon seems like she completes her work professionally, but focuses other times on yourself. Is it a management ability that comes from your career stacking up?
The Celebrity: テヨンは、仕事はプロとしてこなしますが、それ以外のときは自分自身に集中しているように見受けられます。積み上げてきたキャリアから生じる管理能力なのでしょうか?

Taeyeon: Calling it a management ability is a good way to describe it. I’m a bit shy, and more than anything, I think I have a strong personality. When I’m working or hanging out with friends, I tell myself to do my best not to create any damage. So when I’m working, I try my best to fit in, and when there are a lot of people, I’m careful with my words.
Taeyeon: 管理能力って呼ぶのは、上手な表現ですね。私は少し恥ずかしがり屋で、そして何より、個性が強いと思います。仕事してても友達と遊んでても、ダメージが生じないよう、全力を尽くすように自分に言い聞かせます。ですから仕事してる時は、調和に最善を尽くしますし、大勢の人がいるときには、発言に慎重になります。

The Celebrity: But don’t you get stressed if that goes on for a long time?
The Celebrity: でも、それが長時間に渡るとストレスになりませんか?

Taeyeon: It does. I hold back more, get a lot more stuff on my mind, and then I can’t help but talk less.
Taeyeon: そうなんです。さらに気後れして、心がいっぱいになって、言葉少なにならざるを得ないんです。

008.jpg

The Celebrity: You’re a good singer vs. you’re pretty, which is a bigger compliment for you, Taeyeon?
The Celebrity: テヨン、歌が上手 vs. 綺麗、どちらがあなたにとって大きな褒め言葉でしょうか?

Taeyeon: Of course, unconditionally, it’s being told I sing well. That can’t be compared.
Taeyeon: もちろん、無条件に、歌が上手と言われることです。比較になりません。

The Celebrity: During a photoshoot, the staff repeatedly say that you’re pretty. How does it feel hearing that you’re pretty all day, every day, from when you open your eyes until you to sleep?
The Celebrity: 写真撮影の間、スタッフはあなたが綺麗だと繰り返していました。毎日一日中、起きてから寝るまであなたが綺麗だと聞くのはどんな気持ちでしょう?

Taeyeon: I usually think my other members are prettier than me, and there are times when I get jealous.
Taeyeon: 普段から他のメンバーの方がが私よりも綺麗だと思っていて、羨ましさを感じるときもあります。

Tiffany: Since we spend our time with nine members, I feel that there isn’t one standard of beauty, and that many appearances exist. Rather than having pretty eyes, noses, or mouths, it’s more important having a beautiful energy. It’s most important being able to radiate that beautiful energy when it’s needed.
Tiffany: 9人のメンバー達と過ごしていると、美しさの基準が一つなんじゃなくて、たくさんの表し方があるんだって感じます。綺麗な目や鼻や口であることよりも、美しいエネルギーを持ってることがより大切なんです。そして一番大切なのは、その美しいエネルギーを必要に応じて放てることです。

The Celebrity: Isn’t that something you realized as time went by? When you’re younger, you hope that you look pretty to anybody.
The Celebrity: それは時を重ねて気づいたことではありませんか?若い時には、誰もが綺麗に見えることを望んでいます。

Tiffany: There’s a phrase that ‘confidence is the sexiest look’, and I’m realizing what it means as time goes by. The real appearance that comes from the inside of a person is their confidence. There aren’t a lot of role models who let you know that the beautiful energy that comes from within and the beauty on the outside are both important.
Tiffany: 「自信こそが最もセクシー」という言い回しがありますし、時を重ねるにつれてその意味を実感しています。内面から滲み出る本来の姿が自信です。内部から導き出される美しいエネルギーと、外見の美しさが共に大切であることを知らしめてくれるロールモデルは、それほど多くはありません。

The Celebrity: You show us, TTS. A philosophical reply came out from a light question I tossed out.
The Celebrity: TTS、あなたたちは我々に明らかにしてくれます。私が投げかけた軽い質問から、哲学的応えが返ってきました。

TTS: We’re working hard and aiming towards it!
TTS: 私達は努力してそれを目指してるんです。

Sources: “The Celebrity” Magazine, je-kwon
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~Tiffany Appears in ‘Vogue Girl’ Magazine for a Photoshoot and Interview 

みなさん、こんにちは。

今日は土曜ですので
インタビュー記事翻訳紹介の日です。(笑)

今回はティファニーさんで
SNSD Memoriesで始めてからは
これが2回目となります。

ネタ元はSoshifiedで
2014年9月21日に投稿されたものです。


このインタビューを見て最初に思ったのは
「写真が多いな」
ってことでした。

なんか
写真の合間合間に
おまけみたいな感じで
インタビュー記事が乗っかってるみたいな。(笑)

でもそれほど短いインタビューではなく

また
興味のある分野に関する質問に対しては
これでもかってくらいに
熱く語ってくれています。


そしてあくまでも個人的な印象ですが

このインタビューアー
なんとなしパニペンのにおいがしますね。

TTSのニューアルバムを
「ティファニーっぽい」って表現して
「テティソっぽい」ってティファニーさんに訂正されたり

美しく見えるのは誰かという質問をする際に
「いまだにブレイク・ライヴリーですか?」
なんて聞いたりしてますから。


そういえば
テティソが出演したリアリティ番組についても触れていますが

そこで付けられたティファニーさんのあだ名がいいですねぇ~。
宝石がキノコになってしまった頃とは違って
(発音が似てて、宝石といったつもりがキノコに聞こえてしまいあだ名になった)

今回のあだ名は
リアリティ番組の視聴者たちが
まさに彼女にピッタリだと思って付けたものですから
ティファニーさんも嬉しそうです。


後は
ファッション・美容・映画に関しては
留まることを知らないってくらい
深く語りますね。

ラナ・デル・レイの写真が
携帯電話に数百枚あるとか

スタイルの参考に
「ゴシップガール」をシーズン3から見なおしたとか等々。


よっぽど普段から気にかけて
様々な情報を仕入れていないと
とても言えるものじゃないなと思いました。


さて
私があれこれ語るよりも
実際に彼女のインタビューをご覧になって
ご自身で感じてみてください。

そしてもしよろしければ
また別の記事でお会いしましょう。


Tiffany Appears in ‘Vogue Girl’ Magazine for a Photoshoot and Interview
ティファニーが「Vogue Girl」誌に写真撮影とインタビューで登場

tiffanyvoguegirl1.jpg

Vogue Girl: I heard you participated in this TaeTiSeo album like a producer. What would the appropriate title when crediting you in the album?
Vogue Girl: 今回のテティソのアルバムには、プロデューサーみたいに関与したそうですね。アルバムクレジットでタイトルを決めるときどのようにしてましたか?

Tiffany: I’m not sure yet, but I personally did the overall construction of the album, along with visual directing. For instance, deciding which songs would suit the album.
Tiffany: まだはっきりしたことは言えませんけど、視覚的な演出に沿って、アルバムの全体的な構成をしました。たとえば、アルバムに合った曲を決めるとかです。

tiffanyvoguegirl2.jpg

Vogue Girl: The most ‘Tiffany-like’ album has come about then.
Vogue Girl: すると、とても「ティファニーっぽい」アルバムが出来たわけですね。

Tiffany: It’s most ‘TaeTiSeo-like’. Thankfully, Taeyeon and Seohyun fully trusted and supported me. I guess it’s an album that shows off our teamwork? If I were to express this album in one word, it could be ‘personal’. If Girls’ Generation seems to overtake concepts, TaeTiseo’s second album contains all of our real feelings and thoughts. There’s a song that Seohyun wrote too, so you can look forward to it.
Tiffany: とっても「テティソっぽい」です。幸い、テヨンとソヒョンは全面的に信頼して支えてくれました。私達のチームワークが引き立っているアルバムじゃないでしょうか?もし私がこのアルバムを一言で表現するのなら、「私的な」かもしれません。仮に少女時代が、コンセプトを上回っていると見えるとするなら、テティソのセカンドアルバムは、私達の本当の気持ちと思いが全て詰まってるんです。ソヒョンの書いた歌もありますから、楽しみにしていてください。

tiffanyvoguegirl3.jpg

Vogue Girl: I’m curious as to where your inspiration for stage directing, styling, and song interpretation came from.
Vogue Girl: あなたのステージ演出、スタイリング、歌の表現のひらめきがどこから来るのか興味深いです。

Tiffany: I gain inspiration from songs from artists I like, all designers’ collections from New York to Paris, movies, and things I experience around that time. The muse for this album was Jennifer Lopez. I listened to all the songs on her albums from her 1999 debut, all the way to her recently released 8th official album on repeat. The film I thought of was ‘Clueless’, starring Alicia Silverstone. It’s a movie that came out when I was really young, but the characters are vivid even when watching it now. I focused on distinguishing each the members’ characteristics for this album. For fashion, I looked up the Paris pret-a-porter collection, along with all other shows. I looked up the F/W collection in March, and S/S collection in October, as if I was a fashion editor.
Tiffany:ひらめきは、私の好きなアーティストの歌や、ニューヨークからパリまであらゆるデザイナーズコレクション、映画、その時々の経験から得ています。このアルバムの女神は、ジェニファー・ロペスです。私は彼女がデビューした1999年から、最近リリースされた8作目のオフィシャルアルバムまで、全てのアルバムを繰り返し聞きました。映画で思い浮かべたのは、アリシア・シルヴァーストーン主演の「クルーレス」です。私が幼いころに上映された映画ですが、今見てもキャラクターが生き生きとしています。このアルバムでは、メンバーそれぞれのキャラクターを際立たせることに、心を注ぎました。ファッションについては、パリのプレタポルテコレクションに加えて、他のあらゆるショーをリサーチしました。3月には秋冬コレクション、10月には春夏コレクションを、ファッションエディターになったつもりでリサーチしたんです。

tiffanyvoguegirl4.jpg

Vogue Girl: You ought to have a grasp on this F/W collection already then. Is there a look you applied to this album’s styling? Was there an item you especially wanted to have?
Vogue Girl: ではあなたはすでに、秋冬コレクションを把握しているわけですね。今回のアルバムのスタイリングに用いた装いはありますか?どうしても欲しかったアイテムはありましたか?

Tiffany: I chose 10 different looks for the album jacket image and music video filming. Ones that I can think of now are the color yellow, animal print with mixed color patterns, a white look, and cut out details. The white here wasn’t an innocent, simple feel, but a flashy, sexy white. They express it as ‘hot white’ in the west. Something I want this season is a long coat. I never even looked at them in the past, but heavy coats that come down to the middle of your calf look sophisticated. Oh, I still like checkered patterns. It’s to the point where I wear checkered clothes all the time on our currently airing reality program.
Tiffany: アルバムジャケットとミュージックビデオ撮影のために、10種のルックスを選びました。今思い浮かべることの出来るのは、黄色や、色が混ざり合ったアニマルプリントや、ホワイトルックや、カットアウトディテールです。ここで言う白は純白じゃなくて、シンプルなんだけど、華やかでセクシーな白です。西洋では「ホットホワイト」って表現しますね。今シーズンはロングコートが欲しいんです。これまでは目に入りませんでしたが、ふくらはぎの半ばまで届くヘビーコートがお洒落に見えます。そうそう、チェック柄も相変わらず好きですよ。今放送中の私達のリアリティ番組で、ずっとチェックの服だけ着ていたほどです。

tiffanyvoguegirl6.jpg

Vogue Girl: Since you mentioned ‘The TaeTiSeo’, your clothes, makeup, hair, even your Los Angeles home became a hot topic. What did you want to show when the show started?
Vogue Girl: あなたが「テティソ」として名をあげてから、あなたの服や、メークや、髪型や、ロスアンゼルスの家までもがホットな話題となりました。番組が始まった時、何を見せたかったですか?

Tiffany: Showing our true selves outside the stage is what I’ve wanted to do for a long time. I’ve talked with our company about it, too. The timing was right and we went on with it with OnStyle, and it’s almost exactly like what I pictured. Us on the plane, listening to music in the car, and foods we enjoy eating are all our true selves.
Tiffany: ステージ外での本来の私達を見せることを、私はずっと望んでいました。それに関しては、会社とも話していたんです。タイミングも良くて、OnStyleと一緒に進めましたし、ほぼ私が思い描いた通りでした。機上の私達とか、車内で音楽を聞いたりとか、楽しんで食べたりしてるとかは、どれもが本来の私達なんです。

tiffanyvoguegirl5.jpg

Vogue Girl: After the first episode aired, there have been lots of responses from women saying, ‘I want a friend like Tiffany’. Like the show, if you were to invite your friends to Los Angeles, where would you go?
Vogue Girl: 初放送後、「ティファニーみたいな友達が欲しい」と言う女性たちの反応が数多くありました。番組のように、ロスアンゼルスに友人を招待したら、どこへ行きたいですか?

Tiffany: My schedules still don’t work, so I can’t been able to go, but I want to take my friends to Coachella. I want to let them feel everything there: the music, fashion, sun, and mood.
Tiffany: まだスケジュール調整がつかなくて、行くことが出来ないんですけど、友達はコーチェラへ連れて行きたいと思います。みんなにあらゆることを感じさせてあげたい。音楽やファッションや日差しや雰囲気を。

tiffanyvoguegirl7.jpg

Vogue Girl: I think you receive support from other women your age because of your honest appearance, wanting to let everyone know about fashion and beauty know-hows. There are people who want to keep that stuff a secret.
Vogue Girl: あなたが同年代の女性に支持されるのは、ファッションや美容についてみんなに知って欲しいという、率直な姿勢によるものだと思います。それを秘密にしておきたい人もいますから。

Tiffany: While doing the reality program, I’ve gained the nickname ‘gong-dap fairy’. They said it means ‘public reply fairy’, because I tell people everything, whatever the question. Haha. I felt really good. I like sharing know-hows if they can help other women become even just a little more prettier. I’ll continue to expose things a lot more. Ask me anything.
Tiffany: リアリティ番組に出演してるうちに、「コンダプ妖精」(一刻注: コンダプはハングル読みで、直訳するなら「公答」だと思われます)っていうニックネームがつきました。どんな質問でもあからさまに話してしまうことから、「公共回答妖精」って意味だと言っていました(笑)。とってもいい感じです。少しでも美しくなるために女性たちが助け合うことが出来るなら、私はノウハウを共有したいんです。もっとたくさんのことを公開していきますね。何だって聞いてください。

tiffanyvoguegirl8.jpg

Vogue Girl: Oh, okay. Then please let us know about any new exercise you’ve been doing lately, or a beauty tip, if you have one.
Vogue Girl: おぉ、分かりました。では、最近し始めたエクササイズとか、美容の秘訣なんかがありましたら教えて下さい。

Tiffany: I’ve started pilates and gyrotonic. When your muscle mass decreases, your body shape changes, and start gaining muscle in places you don’t want. You need to do balancing exercises at times like that. For a beauty tip, I’ve been using neck cream diligently. After applying toner and serum on my neck, you apply a sufficient amount of neck-specific cream. The next morning, your neck should feel smooth. Also, I smooth diligently. I take care of my hair and face with the same mount of standards, and, no matter how tired and exhausted I am that day, I never forget to cleanse my face and use facial masks. Once, I had to go to Los Angeles for K-concert and a ‘Vogue Girl’ shoot. I came home at 5:30 AM, and had to leave at 6:15 am. As soon as I got home, I removed my makeup, applied a facial pack, and packed my things in a trunk. You can get an idea of how I am, right? I’m not the type of person who lays and rolls around in bed.
Tiffany: 私は、ピラティスとジャイロトニックを始めてます。筋肉が衰えると、体型も変わって、ついて欲しくないところに筋肉がつき始めます。そんな時にはバランスエクササイズが必要です。美容の秘訣としては、ネッククリームを欠かさず使っています。首に化粧水と美容液を塗った後で、たっぷりの首専用のクリームを塗るんです。翌朝、首がすべすべなのを感じるでしょう。それと、まめに自宅でケアします。髪も顔も等しくケアして、どんなに疲れてへとへとな日でも、洗顔とパックするのは忘れません。以前、K-コンサートとVogue Girlの撮影で、ロスアンゼルスへ行かなくてはいけませんでした。朝の5時半に家へ戻って、6時15分には出なきゃいけなかったんです。家に着くやいなや、メイクを落として、フェイスパックして、トランクに物を詰め込みました。私がどんなだったかわかりますよね?私はベットで寝転がるタイプじゃ無いんです。

tiffanyvoguegirl9.jpg

Vogue Girl: As of late, who has looked pretty to you? Is it still Blake Lively?
Vogue Girl: 近頃、美しく見えるのは誰でしょう?いまだにブレイク・ライヴリーですか?

Tiffany: Of course! You can’t imitate her fashion or hairstyle. Not too long ago, we had to prepare stylings for a sub-title song, so I was re-watching ‘Gossip Girl’ from the third season. Even watching it again, I think Serena van der Woodsen’s style is the best. When it comes to makeup and hair, I search Lana del Rey’s look a lot. I think I have hundreds of photos of her in my phone. As a new style icon, I think Emma Stone looks the prettiest. When she appears on the radio, she wears a t-shirt and jeans, but dresses glamourously, and fancily for premieres. Also, when she did promotions in China, she dressed in a loveable way. It seems like she knows how to dress at different moments. I heard she appears in 1920’s styles in Woody Allen’s film; I want to hurry and watch it.
Tiffany:もちろん!彼女のファッションやヘアスタイルは真似出来ません。そんなに前じゃありませんけど、サブタイトル曲に向けたスタイルを用意する必要があって、「ゴシップガール」をシーズン3から見直しました。何度見ても、セリーナ・ヴァンダーウッドセンのスタイルは最高だと思います。メイクとヘアなら、ラナ・デル・レイのルックスをたくさん検索します。私の携帯電話に、彼女の写真が数百枚はあると思います。ニュースタイルの象徴なら、エマ・ストーンが一番美しいと思います。ラジオに出演するときには、Tシャツにジーンズですけど、プレミアショーでは、魅惑的で豪華な装いでした。それと、中国のプロモーションの時は、可愛らしく着飾ってました。その時々の装い方を知ってるみたいです。1920年台のスタイルでウディ・アレンの映画に出演すると聞きました。早く観てみたいです。

tiffanyvoguegirl10.jpg

Vogue Girl: This year marks exactly 10 years since you’ve come to Korea. If you were to go back to being 15 years old, and you could choose your own future yourself, what do you think you’d do?
Vogue Girl: あなたが韓国に来て、今年でちょうど10年になりました。15歳に戻って、自分の未来を選ぶことが出来るとしたら、どうすると思いますか?

Tiffany: Hm, if I could go back 10 years with all the knowledge I have now, I want to choose a job that is a little less stressful. I think I’d still be doing something in fashion, film, or music. I guess I could study acting and film in college and become an actress. (Vogue Girl: Then, if you could choose a film or role, what would you want to try?) I think either a delicate character like Daisy in ‘The Great Gatsby’, played by Carey Mulligan, or a character that doesn’t lose her center like Anne Hathaway in ‘The Devil Wears Prada’ would be nice. Oh, if it’s a role like Emily Blunt’s in that, I could cut my hair too. That’s actually possible. I can cut however much of my hair off!
Tiffany: ん~、今の知識を全部伴って10年前に戻れるなら、ストレスの少ない仕事を選びたいです。それでも、ファッションか、映画か、音楽かで何かしてると思いますけど。大学で演技と映画を学んで、女優になってるかもしれません。
(Vogue Girl: では、映画や役を選べるとしたら、何を演じてみたいですか?)
「華麗なるギャツビー」で、キャリー・マリガンが演じたデイジーみたいな繊細な性格か、「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイみたいな、芯のぶれない性格もいいですね。あぁ、それがエミリー・ブラントのような役なら、私も髪を切るでしょう。実際出来ますよ。バッサリと!

tiffanyvoguegirl11.jpg

Sources: “Vogue Girl” Magazine, 801Dayz
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - Interview(インタビュー) ブログトップ