So-net無料ブログ作成

SNSD~2014年9月30日午前5時 - ジェシカさん脱退・・・ 

みなさん、こんにちは。

今回はジェシカさんの脱退について取り上げ

そして
「SNSD Memories」更新はこれが最後となります。

<2015.08.20追記>
そろそろジェシカさん脱退から1年ですね。
この1年を振り返って、数記事更新するつもりです。
よろしければご覧ください。

今まではSONE&シカペンとして
彼女たちのイメージを崩す事のないように
そのイメージに乗っかった形でブログを書いてきましたが

この記事だけはそんな立場を離れて
一般人としての目から書かせてもらおうかなと。

それほど過激な表現をするつもりはありませんが
SNSDやジェシカさんのイメージ云々よりも
本音を優先しますから

ソシペンやシカペンとして
彼女たちの理想的なイメージだけ思い描いていたい方は
これ以降は読まずにすぐに移動するのが吉かもしれません。


……
………
……………
………………



さて
まずは
彼女の脱退が明らかになった

2014年9月30日にWeibo.Sy__Jessicaに投稿された
ジェシカさんのメッセージからです。

I was excited about our upcoming fan events only to shockingly be informed by my company and 8 others that as of today, I'm no longer a member. I'm devastated - my priority and love is to serve as a member of GG, but for no justifiable reason, I am being forced out.
来るファンイベントを楽しみにしていましたが、残念なことに会社と8人から、今日を以って私はもはやメンバーではないと衝撃的な通告を受けました。私の優先順位と愛は少女時代のメンバーとして尽くすことですが、正当ではない理由で追い出されました。 - 打ちひしがれています。


このメッセージに応える形で
同日午後、SMエンターテイメントからも表明がありましたし
「少女時代 ジェシカの脱退説にSMが公式発表「8人体制で活動する」(全文)」

翌10月1日
ジェシカさんはプレス・リリースを通じて
そこに至ったいきさつや自身の思いを詳細に明らかにしています。
「Jessica Jung Releases Official Statement on SNSD Issue」
(本来なら翻訳紹介するべきなのでしょうが、とてもそんな気持ちにはなれません)

この場で
どちらの言い分が正しい云々を語るつもりはありませんが

シカペンとしての立場ならば
当然ジェシカさん側に立ちます。

ただし
他メンバー8人からの表明はありませんし
ジェシカさんの発言からだけでは判断のしようがありません。


ただ明らかに言えるのは
ジェシカさんと他のメンバー、そしてsmとの関係において
泥沼の言い合いにならなかったことは
素直に感謝するべきだなと思っています。

もしそうなっていたなら
ソシペンやシカペン、他メンバーのファンまでをも巻き込んだ
結論の出ない不毛な言い争いにまで発展したでしょうから。


とは言えこのやりとりで
SNSDがこれまで前面に打ち出していたメンバー間の絆の強さ
それが完璧に打ち砕かれたのは明らかで

それは
9人での最後となったアルバム
「THE BEST New Edition」
THE BEST~New Edition~.jpg

に収録された下記2曲
・Indestructible
・DIVINE
からもうかがい知ることが出来ます。

それぞれの曲に対する
SONEとしての私の想いについては

「SNSD~Indestructible...破壊と分断と」
「SNSD~「DIVINE」の涙」
「SNSD~「DIVINE」の意味」

をご覧頂ければと思いますが

ファンを離れた一般人としての目から見た場合
皮肉にも
下記順で歌われた歌詞の内容
・Indestructible:消して壊れない絆
・DIVINE:あまりにも脆いのね気持ちはたやすく揺れて
という表現によって

まさに彼女たち自身が
その持ち歌で

意図的であったにしろそうでなかったにしろ
絆のもろさを歌い上げていたことが
明らかになったわけです。


ただし
DIVINEについては

出だしこそ
「あまりにも脆いのね気持ちはたやすく揺れて」
という
それこそあまりにも衝撃的なジェシカさんパートで始まるものの
DIVINE_All1.jpg
(脆い絆ゆえなのか1人ポツンとしたジェシカさん)

最後の歌詞が
やはりジェシカさんパートの

We can be DIVINE...

ですから

「(9人がその気になるなら)またひとつになれる」
DIVINE_All2.jpg

って示唆してはいるようです。

とは言え
その可能性を十分に感じつつも
あくまで

「その気になったらね」

って含みを感じますし
ジェシカさんの涙と相まって
DIVINE_Tears.jpg

なんとも意味深な歌詞だなと・・・



さて
メンバー内の関係とは別に
アーティストとファンの関係について考えてみると

片や夢や理想を与えて
片や夢や理想を投影して

すなわち
アーティストはファンの夢や理想イメージを創りあげてそれを崩さないように心がけ
ファンはそのイメージに共感してさらに完璧な夢や理想像に育て上げていく

こんな感じだと思うわけです。

言うまでもなく
リアルなアーティストと
ファンの見ている(と思ってる)アーティストは別物で
この在り方を理解していないファンがいたりすると

創りあげられている理想とは異なった
リアルなアーティストの一面を知った瞬間に

「そんな人だと思いませんでした」だの
「イメージが崩れました」だの

そのギャップにいまさらながら気づいた衝撃で
動揺してしまったりするようです。


そしてSNSDメンバーのリアルな一面という意味では
メンバーが脱退するというSNSDにとっての大事件において

8人のメンバーが無言であるという部分に
違和感を感じているSONEも多いのではないでしょうか。

これまで創りあげられてきたイメージでは
9人メンバーの絆は固くて
それこそ姉妹同然のものだったはずなのに

突然のメンバーの解雇においても
何ら気持ちを表明すること無く

ジェシカさんの発言を事実とするならば
8人総出で彼女を追い出したわけですから。



そもそも
私がSONEになったのは
「過去記事から~SONEになったきっかけ」
で触れたとおり

1st Asia Tourでの
ジェシカさんのソロパフォーマンスがきっかけでしたから
Jessica_BarbieGirl.jpg

シカペン→SONEの順だったわけです。

そしてジェシカさんが脱退した今
SNSDの魅力は半減し一気に色あせて
そのイメージを楽しむことが出来なくなり

否応なく
リアルな彼女たちを目の当たりにすることになって

SONEでいる意味を見出すことができず
現時点では単なるシカペンとなっています。


ただ
そのジェシカさんについても
彼女がアーティストであってこそのファンなわけで

まさに【Gift】ともいうべきあの歌声
それが今後提供されないようでは
シカペンである意味もないわけで・・・


おそらくは
シカペンではない人であっても

SNSDの歌の要所要所における
彼女のCuty Voiceが
彼女の澄んだ歌声が

テヨンさんの歌唱力と相まって
華やかさや彩りを添えていることは
ご理解いただけることと思いますが

それこそ私にとっては
あの歌声があってこそのジェシカさんなのです。


実は
正直なところ
デザイナーとしての彼女を応援するつもりはありません。


あくまでも
あの歌声を聞きたくて

その歌声を提供してくれる
ジェシカさんを応援したいんです。


しかも
私の本音を申し上げますと

9人メンバーのSNSD内で
テヨンさんと一緒にボーカルして
その他メンバーの歌声の支えがあればこそ
Jpapn3rd_Flyers.jpg
彼女の歌声がいっそう引き立っていたと思うわけで

今後ソロ活動するとしても
SNSD時代と同等かそれ以上の感動がないとするなら
シカペンであることも止めざるを得ないでしょう。

冷たいでしょうか。
シカペンならばデザイナーのジェシカさんも応援するべきでしょうか。
歌わなくても「私はずっとあなたの味方です!」って言うべきでしょうか。

私はそうは思いません。
それは逆に
アーティストとしてのジェシカさんに対して
とても失礼で不遜な態度だと思います。



そしてまた
ジェシカさんの欠けたSNSDについては

ジェシカさんパートをどのメンバーが代わりに歌おうと
彼女の歌声の代わりになるメンバーはいませんし

その一事を持って
9人メンバー時代に歌われていた
9人前提の歌が

今後8人で歌われるとするならば
その魅力は半減してしまいました。


結局
ある意味完成されていて
今後のさらなる飛躍も期待できていた
9人メンバーだったSNSDが
やっぱり一番好きなわけで

当時のSNSDについて語るならば
私は未だにSONEですし
それ以上にシカペンであることは確かです。

その思いを綴ったのが
まさにこの「SNSD Memories」
prof.png
なんですね。


現時点の私は

過去のSNSDを愛し
過去のジェシカさんの歌声を愛し

未来のジェシカさんの
アーティストとしての活躍を祈っています。

そして
その時の到来を信じて
シカペンでありSONEであった時代の
彼女たちへの思いを綴った
この「SNSD Memories」

この彼女たちのメッセージに応えるかたちで
AllIndestructible.png
ジェシカさんと
9人メンバーだったSNSDに捧げます。


そしてまた
なにかのきっかけで
過去の9人メンバーのSNSDに思いを寄せた方が

何らかのえにしでこのブログを訪れ

いずれかの記事を目にして

その当時のSNSDの魅力を
多少なりとも実感していただければと思います。



願わくば
近い将来に
ジェシカさんの新たな歌声を耳にすることがあらんことを。

一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~Sohu Fashion Interviews Jessica 

みなさん、こんにちは。

これが
SNSD Memoriesでの
最後の翻訳インタビュー記事となります。

あとは
最後の最後に
ジェシカさんの脱退に関する記事を書いて
このブログの更新は終了します。


そして
私はシカペンですから

翻訳インタビュー記事の最後は
当然ながらジェシカさん。

ネタ元はSoshifiedで
2014年12月11日に投稿されたものです。


SNSD脱退後のインタビューとなりますが
残念ながら短いものとなっています。

同様のインタビューとして
以前ご紹介した
「SNSD~「Apple Daily」がジェシカブランドについてインタビュー」
がありますが

やはりそのインタビューも短いものでしたし
どちらも彼女のブランドについての話が主になっています。

正直
私はそっち方面にはまったく関心がありませんので

今後アーティストとして
どんな活動を繰り広げていく予定なのかって部分を知りたいのですが

続ける意向があることは分かるものの
具体的にどうなのかってところはまるっきりです。^^;


一つ前の記事
「SNSD~ジェシカさんがインスタグラムアカウント開設」
でご紹介したとおり

彼女のインスタグラムにも
そんな動向を知らせてくれないものかと期待しているのですが
最初の動画以降に投稿された写真は2点で

Favorite place(お気に入りの場所)
JessicaInstagram20150202.jpg

Can't wait for the spring!It's too cold(春が待ちきれない!寒すぎ)
JessicaInstagram20150204.jpg

ってな感じで
今後の活動を思わせる情報は今のところありません。

フォロワーも
インスタグラムアカウント開設記事を書いていた時点の
30万超から
50万超に増えていますし

彼女のアーティスト活動を望むファンが
ずいぶん多いとは思うのですが・・・


まぁ
彼女のweiboとInstagramは
今後もチェックし続けていこうかなと。


さて
いつものことながら
前置きが長くなってしまいました。

それでは最後の翻訳インタビュー記事
どうぞお楽しみください。


Sohu Fashion Interviews Jessica
Sohu Fashionジェシカインタビュー

jessica-sohu.jpg

Sohu Fashion: Hey, Jessica. First let’s say hello to all of our Sohu Fashion friends.
Sohu Fashion: やぁ、ジェシカ。まずはSohu Fashionの友人たち皆に挨拶しましょう。

Jessica: Hello friends of Sohu Fashion, I’m Jessica.
Jessica: Sohu Fashionの友達のみんな、こんにちは。ジェシカです。

Sohu Fashion: Is this your first time in Shanghai? What do you think of this city?
Sohu Fashion: 上海は初めてですか?この都市をどう思います?

Jessica: I’ve been to Shanghai before, but last time I didn’t have the opportunity to walk and look around. This time, I did have the opportunity to explore, and I love this city - I love the food, the buildings, the historical structures: they’re all so amazing. I’d like to come to Shanghai more often if possible.
Jessica: 以前上海に来たことはありますが、前回は歩いて見て回る機会がありませんでした。今回は散策する機会があって、この都市が大好きになりました。- 食べ物、建物、歴史的建造物が大好き。何もかもが素敵。出来るだけ上海に来たいと思います。

Sohu Fashion: I’ve heard that you’ve always been supporting children’s charities. Could you talk to us more about it?
Sohu Fashion: あなたは常に子供たちの慈善団体を支援していると聞きました。それについて詳しく話していただけますか?

Jessica: Supporting children’s charities has always had an important place in my heart; I love to give back. I’ve invested a lot of energy toward BLANC & ECLARE and UNICEF. I just hope that we can do something useful in this life.
Jessica: 子供たちの慈善団体を支援することは、常に私の心の重要な位置を占めています。恩返しが大好きなんです。私は、BLANC & ECLAREとUNICEFに向けて、たくさんのエネルギーを費やしてきました。この人生で何かしら役に立つことが出来ればと望んでいます。

Sohu Fashion: Let’s talk about your brand, BLANC & ECLARE. How did you decide to transition from being a singer to a fashion designer?
Sohu Fashion: あなたのブランドについて話しましょう。歌手からファッションデザイナーへの転身をどのように決めたのですか?

Jessica: I think being a fashion designer has always been my dream. I always find myself enjoying reworking my own clothes during the weekends, and I’ve always dreamed of one day making my own designs. That being said, I haven’t given up being a singer. Singing is still very interesting to me.
Jessica: ファッションデザイナーになることが、変わらぬ私の夢だったと思います。週末に自分の服の手直しを楽しんでいることを、いつも私の中に見出して、いつの日にか私自身のデザインをつくり上げることをずっと夢見てました。とは言っても、歌手であることを諦めたりはしていません。歌うことは私にとって、今でもとても面白いんです。

Sohu Fashion: What’s the story behind this brand name?
Sohu Fashion: ブランド名の裏話は何でしょうか?

Jessica: Coming up with this brand name and logo took a long time. We looked up various languages, roots, and definitions to come up with ‘BLANC & ECLARE’.
Jessica: このブランド名とロゴを思いつくまで、長い時間がかかりました。「BLANC & ECLARE」を考えつくまで、様々な言語や、ルーツ、定義を調べたんです。

Sohu Fashion: What’s this brand’s position (translator’s note: i.e. future direction) and style like?
Sohu Fashion: このブランドはどんな位置づけ(翻訳者注: すなわち今後の方向性)でどんなスタイルですか?

Jessica: We want BLANC & ECLARE to be eternal, because our style is classic, yet detailed, and simple yet elegant fashion.
Jessica: 私達のスタイルは、古風で、緻密で、簡素でありながら上品なファッションですから、BLANC & ECLARは永遠であって欲しいです。

Sohu Fashion: As a budding fashion designer, what kind of style do you usually dress in?
Sohu Fashion: 新進のデザイナーとして、普段はどんな装いをしていますか?

Jessica: I don’t think I drastically changed my style of dress. I like to dress to match the occasion. Just because I’m a fashion designer doesn’t mean that I would wear my own designs.
Jessica: 私の装いが劇的に変わったとは思っていません。時と場所に合わせて装うのが私好みなんです。私はファッションデザイナーであるだけで、自分のデザインを着るということではありません。

Sohu Fashion: Could you recommend to everyone some of this year’s most popular sunglasses?
Sohu Fashion: みんなに今年一番人気のサングラスを薦めていただけますか?

Jessica: We designed sunglasses for different tastes and styles. I think we’re about to launch, in the next few quarters, refreshing new colors and designs. My heart is exuberant. What I’m really proud of is that our first classic designs had a good response?you know, both men and women can wear these three designs. They sold especially well in Seoul, New York, and Hong Kong.
Jessica: 私達は趣とスタイルの異なるサングラスをデザインしました。これからの季節ごとに、すがすがしい新しいカラーとデザインを打ち出すつもりです。私の心は喜びでいっぱいなんです。ご存知の通り、男性にも女性も向いている3種類のデザイン、最初のクラッシックデザインの反応がよくて、ほんとうに嬉しいんです。ソウル、ニューヨーク、香港で特によく売れました。

Sohu Fashion: Do you have a designer you admire greatly?
Sohu Fashion: あなたがとても賞賛しているデザイナーはいますか?

Jessica: Yes, the famed Yves Saint Laurent. His love for design and aesthetics teach me a lot, and concerning other up-and-coming designers, he’s an inspiration to everyone.
Jessica: はい。有名なイブサンローランです。彼のデザインに対する愛と審美眼は、たくさんのことを私に教えてくれますし、他の有望なデザイナー達、あらゆる人のインスピレーションです。

Sohu Fashion: Crossing from singer to designer?what do you think there are the advantages and disadvantages?
Sohu Fashion: 歌手からデザイナーへの転身 - どんな利点と欠点があると思いますか?

Jessica: I haven’t decided to leave music right away. That is to say, I think music and fashion have a lot of similarities. They both require attention to detail, attention to originality, and attention to the audience. I’ve learned a lot of things from music that have helped me with the complex aspects of fashion.
Jessica: 私は今すぐ音楽から離れると決めたわけではありません。言い方を変えるなら、音楽とファッションは似ている部分がたくさんあると思うんです。どちらも、細部まで気を配り、独自性に注意を向け、相手に配慮することを求められます。私は音楽からたくさんのことを学び、それがファッションの複雑な局面で助けになってくれました。

Sohu Fashion: Can we ask, if you were again faced with setbacks or unexpected situations, how would you deal with them?
Sohu Fashion: あなたが再び頓挫や思いもよらぬ状況に直面したなら、どのように対処するか聞いてもいいでしょうか?

Jessica: Difficulties and setbacks are unavoidable; they’re a part of life. Learning and growing from them are what are most important to me - how to turn sadness into happiness, or frustration into motivation.
Jessica: 困難や頓挫は避けられません。それは人生の一部です。それらから学んで成長するのは、私にとって一番大切なことです。 - 悲しみを喜びに、失望を意欲に変える術が。

Source: Sohu Fashion
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~ジェシカさんがインスタグラムアカウント開設 

みなさん、こんにちは。

昨日インタビューの翻訳紹介をしたばかりですし
少し前の
「SNSD~ご報告」
でお伝えしたとおり

あと数記事で
このブログの更新を終了するつもりでしたが

シカペンとしては是非ともご報告しておかなくてはいけない
とても嬉しい出来事がありましたので
号外的な形でお知らせ致します。

すでに
記事タイトルでお分かりとは思いますが

ジェシカさんがインスタグラムアカウントを開設しました。
Jessica_Instagram.jpg

UserNameは
jessica.syj

この記事を書いている時点では
動画1本がアップされているのみですが
Jessica_Instagram_Movie.jpg

その動画の
ジェシカさんのひょうきんさに思わず微笑んでしまいました。^^


昨年の内に
BLANCのインスタグラムアカウント
official_blancgroup
BLINC_Instagram.jpg
は開設していましたが

それとは別に
こうして個人アカウントを開設したところに
なにやら妙な期待感を持ってしまいます。^^v

果たしてどんな形で彼女の動向を披露してくれるものやら。
ワクワクしますね。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

おそらくは
全世界のシカペンが同様な思いを感じていて

その証拠には
フォロワー数が
すでにBLANCを越えて
30万人以上となっています。


そして
おそらくはこの記事をご覧になった
ジェシカさんのインスタグラム開設を知らなかったシカペンは
すぐに彼女のインスタグラムアカウント
jessica.syj
へ移動するとは思いますが

やはりとてもうれしい
シカペンにとってはお祝い事というべき出来事ですから

このブログにも
ジェシカさんが開設したインスタグラムアカウント

その初投稿の動画を貼り付けて
今回のご報告とさせていただきます。


インスタグラムその後


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽