So-net無料ブログ作成
検索選択

SNSD~「DIVINE」の意味 

みなさん、こんにちは。

今日は
以前投稿した記事
SNSD~「DIVINE」の涙
の続編みたいな感じで

「DIVINE」の意味
について触れてみようかと。

やっぱり大晦日ですし
今年一番のSNSDのトッピクスならば
ジェシカさんの脱退以外にあり得ません。

そして彼女の脱退に関して触れるとするならば
2014年9月30日付で
微博(weibo)に投稿された彼女のメッセージ

それをこそ取り上げるべきなのかもしれませんが
現時点ではまだ冷静に触れることが出来そうにありませんので
別の機会を待ちたいと思います。


と言うことで
彼女がメンバーだった最後のアルバム
「THE BEST~New Edition~」と
そのMV内で見せた彼女の涙。
DIVINE_Tears.jpg
そしてその涙を別にしても
歌詞があまりにも意味深で

「DIVINE」は
ジェシカさんの脱退と合わせて
ずいぶんと物議を醸しました。

「DIVINE」はベースが日本語の歌詞なので
まんま理解できる部分がほとんどなのですが

じゃぁ
曲タイトルである
「DIVINE」
ってどんな意味なのでしょう。

それを考える前に
まずは全体の歌詞を見てみましょう。
THE BEST~New Edition~.jpg
---------------------------------------
あまりにも脆いのね
キモチはたやすく揺れて
夜が明けると消える答え探してる

ただ立ちはだかるこのcrossroad
道しるべになるstarlight
ねぇ教えて欲しいの 行くべき場所を

どんなに遠くてくじけそうでも
天命を待ってる これがdestiny

轟き打つ荒波にまるで無力で小さな私だけど
海さえきっと割れてそこに道をつくる
いつの日か
We can be DIVINE

冷えた土の上をも裸足で歩いてゆく
あなたのぬくもりが支えになる
(you're always by my side)

なぜ一人で生まれたのに
出会うべくして出会う
あなたは誰よりも私を知ってる

立ち向かってゆく 大きなfateに
あなたとならば強くなれる

こわいものなどなかったはずなのに
ねぇ今は あなたを失いたくない
雲の隙間 光照らすその日までは *with Tiffany
さよならは言わないで

それぞれの道 開かれたその時
きっと思い出すのでしょう この願い
共に歩んだ道のりを証にしよう 永遠に
We're always ONE... (we are always one)
Oh~ Oh woah~ *shed a tear

轟くような荒波を前に
私たち何ができるとゆうのだろう
この困難をそっと寄り添い迎えよう
信じてる
We can be DIVINE
想いはひとつ...

We can be DIVINE...
---------------------------------------

ピンク部分がジェシカさんのパートですね。
一部ティファニーさんと一緒に歌ってる箇所もありますが
こうしてみてみると
ジェシカさんパートが意外に少ないことに気づきました。

実際に聞いている時には
ずいぶんジェシカさんのパートが多い印象なのですが
最初と最後を歌い上げているからなのでしょうか。

そしてその最初の歌詞
切な過ぎますね。

彼女が脱退した後に聞くと
なおさらです。

そしてこの日本語歌詞の後は
彼女が歌っているのは英語のみ。
(ほんとのソロパートでは)

自身の気持ちを
そのまま歌詞に乗せたかったのでしょうか?

そこで歌い上げている歌詞は

We're always ONE...

We can be DIVINE...
です。

最初の歌詞は翻訳するまでもなく
「私達はいつだってひとつ」
ですね。
現在形ですから、過去から未来まで含めて
それこそ当たり前のことみたいなニュアンスでしょうか。

無論
その背景には
単純に言葉では語ることの出来ない
これまで培ってきたメンバー間の関係や
積み重ねてきた歴史等々
万感の思いがあるに違いありません。

そして最後の歌詞
We can be DIVINE...

”Divine”って
例えばWeblioで意味を調べてみると
a神の; 神性の (⇔human).
b神にささげた; 神聖な; 宗教的な.
c神のような; 神々(こうごう)しい; 非凡な.
となってます。

じゃあ訳としては
「私達は神になれる(なり得る)」とか
「私達は非凡になれる(なり得る)」とか
「私達は神々しくなれる(なり得る)」とかになるんでしょうか。

意味として通らないことはありませんが
いきなり神なんて言われてもッて感じです・・・

では、英語ネイティブは
"Divine"という単語を
どんなニュアンスで捉えているのでしょう?

What does Divinity mean?

このヤフーの回答から
一つの答えを導くことが出来る気がします。
The oneness. We are all one. We are all part of divinity. The divine broke itself off to two entities. it was positive energy (+) and negative energy (-). We can know this is a part of the law of polarity, and so we are all part of the divine plan (the oneness) and the devil and the loving god (whom both are just as important in divinity) are part of the journey amongst the cosmos that are part of the all one. So it is the all oneness that Divinity is :)

一体性・同一性
言い換えるならば
ひとつであること

これに尽きる気がしますね。

無論
日本人には宗教的な背景まで理解することは困難ですが
単なる一体性ではなく
それこそ
神の一部であることを感じられるような
神と一つであることを実感できるような
そんな
それ以上は望めないくらいの最高の一体感なのでしょう。

なので日本語に訳すとしたなら
「私達はひとつになれる(なり得る)」
って感じかなと。

なんかあっさりしすぎてますが
ここはやっぱり日本語に翻訳して受け取るんじゃなくて

まんま英文で感じるのがベストなのかなと。

じゃぁ
タイトルはどうなのって話なんですが

「一体性」
とか
「ひとつ」
とか?

_| ̄|○il||li

あはは。
あんまりですね。
これもやっぱり
「DIVINE」
のまんま受け取るのがベストなのでしょう。


はい。
なんかSNSDの話題から
英語の勉強みたいな話になってしまって恐縮です。

今年最後の記事。
少しでもお楽しみいただけたなら幸いです。


それではみなさん
良いお年をお迎えください。
(o≧∀≦o)ノ ゜+。:.゜[良いお年を☆]゜.:。+゜

そしてもしよろしければ
また別の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~23位、35位、64位、76位 

みなさん、こんにちは。

タイトルを見ただけでピンと来た方も多いでしょう。

今年の
「TC Candler’s “The 100 Most Beautiful Faces of 2014″」

におけるSNSDメンバーの順位です。

上位からそれぞれ

・テヨンさん:(7'17"あたり)
Most Beautiful Faces of 2014 Taeyeon.jpg

・ジェシカさん:(6'15"あたり)
Most Beautiful Faces of 2014 Jessica.jpg

・スヨンさん:(3'45"あたり)
Most Beautiful Faces of 2014 Sooyoung.jpg

・ユナさん:(2'42"あたり)
Most Beautiful Faces of 2014 Yoona.jpg

となります。

なお
括弧内の参考時間が紹介順位と逆転してるのは
動画は100位から順に紹介しているためです。


もう少し詳細にご紹介すると

テヨンさん3度目で、過去最高順位9位
ジェシカさん4度目で、過去最高順位5位
スヨンさん2度目で、過去最高順位64位
ユナさん3度目で、過去最高順位50位

ですね。


SONEとしては
他の5人が含まれていないことや

あるいはエントリーしているメンバーの順位に
納得の行かない方もいらっしゃるかもしれませんが

まぁ
年に一度のお祭りだと割りきって
4人が選ばれたことを喜びましょう。
わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪



これで終わってしまうと
ブログタイトル「SNSD Memories」
の趣旨に沿いませんから
過去の映像と画像も
合わせてご紹介させていただきます。

2013年から2011年へと遡って行きますね。

最初は2013年です。
「TC Candler’s “The 100 Most Beautiful Faces of 2013″」


この時の順位は
テヨンさん9位
ジェシカさん20位
スヨンさん66位
ユナさん71位
となっていまして

テヨンさんが、現2014年発表時点における過去最高順位9位に踊り出るとともに
スヨンさんが初エントリー66位にはいっています。

・テヨンさん:(10'49"あたり)
Most Beautiful Faces of 2013 Taeyeon.jpg

・ジェシカさん:(9'39"あたり)
Most Beautiful Faces of 2013 Jessica.jpg

・スヨンさん:(4'57"あたり)
Most Beautiful Faces of 2013 Sooyoung.jpg

・ユナさん:(4'27"あたり)
Most Beautiful Faces of 2013 Yoona.jpg


そして2012年ですが
「TC Candler’s “The 100 Most Beautiful Faces of 2012″」


この年はSNSDメンバーからは3人のエントリーで
順位は
ジェシカさん5位
テヨンさん42位
ユナさん50位
となっていまして

ジェシカさんが、現2014年発表時点における過去最高順位5位を獲得しています。

・ジェシカさん:(8'17"あたり)
Most Beautiful Faces of 2012 Jessica.jpg

・テヨンさん:(4'57"あたり)
Most Beautiful Faces of 2012 Taeyeon.jpg

・ユナさん:(4'19"あたり)
Most Beautiful Faces of 2012 Yoona.jpg


そして、最後に2011年です。
「TC Candler’s “The 100 Most Beautiful Faces of 2011″」


この年は
SNSDからのエントリーは
ジェシカさん1人だけ。

初エントリーで、45位を獲得しています。

・ジェシカさん:(3'23"あたり)
Most Beautiful Faces of 2011 Jessica.jpg


こうして振り返ってみると

シカペンとしては
ジェシカさんがSNSD時代に
メンバー内で一番最初に初エントリーしたことや

同様に過去最高順位も
エントリーメンバー内で一番であることなんか
やっぱり誇らしいですね。


何故って

ぶっちゃけて言っちゃうと
見た目のランク付けなんですが

それでも
単純な見た目の美しさなんてそれほどの差はなくて

やっぱり内面からにじみ出る魅力が
今回みたいな投票結果にも反映していると思うからです。


まぁ
あくまでも個人的解釈でしかありませんので
こんな考え方もあるのかくらいで流していただいて
みなさんなりにこの結果を楽しんでいただければと思います。

年末ということもあって
若干まとめ記事みたいな感じになってしまいましたね。

明日はどんな記事になることやら。

では
もしよろしければ
また別の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~SBS歌謡大祭典 

みなさん、こんにちは。

昨日は
KBS歌謡祭でしたので
今日は
SBS歌謡大祭典を取り上げてみようかと。


さて
明日はもう30日ですから
今日が仕事納めだった方も多いのではないでしょうか。

それとももしかしたら
先週の金曜日が仕事納めで
今はすでに里帰りしてゆっくり過ごしている方の方が多いかもしれませんね。

いずれにしろ
今年も残すところあとわずかですから
やり残す事のないように
そして
来年に向けての豊富なんかも決めておきたいものです。


それでは今日の本題。
SBS歌謡大祭典ですね。

この記事を書いている時点で
soshifiedに新たな記事の投稿はありませんから
今日はいきなり昨年の話から始まってしまいます。^^;
(お間違いの無きように。今年ではなく昨年の話です)


昨年のsoshifiedの記事がこちらで
↓↓↓
「Girls’ Generation Performs in ’2013 SBS Gayo Daejun’」
sbsgayo.jpg
まさに昨年の今日
SBS歌謡大祭典が行われていたんですね。

そしてそこで披露された曲は
KBS歌謡祭と同様の
「I Got A Boy」なんですが

その前にあと一曲
「Express 999」
も披露してくれています。


実はですね
その映像を見ていて何に驚くかって
そのステージなんです。

内容じゃなくてステージそのもの
これとか
kbsgayo02.jpg
これとか
kbsgayo03.jpg
「いやいや、高すぎでしょ!」
「万が一があったらどうすんの?」
って突っ込んでしまいましたよ。

無論
安全ネットがあったりとか
その他しっかりと対策はされていると思いますけど

ステージ上には当然ながら
落下防止柵なんかはないわけで

よくぞまぁあんなところでパフォーマンスが出来るものだなと
変なところで
またさらにSNSDを尊敬してしまいました。^^v


で、実際の祭典での
SNSD出演がどんな感じだったかと言うと
以下、soshified記事からの引用となりますが

まず
オープニングには参加しなかったみたいですね。

オープニングは様々なアーティストによる
「Sleigh Ride」の歌から始まったとありますが
SNSDはその中には含まれず。
ウエイティングエリアに
ヒョヨンさんとソヒョンさんが見受けられたとしています。

動画を見ても確かにその通りですし
この絵から想像するに
やっぱり後輩のために譲ったというのが正解ではなかろうかと。


そして次は
SNSDならぬTTSの登場です。

彼女たちの持ち歌ではなく
ビヨンセさんのヒット曲「Crazy in Love」を歌っています。

EXOが後ろで演奏してたとありますから
このへんはやっぱりお祭りって感じですね。

そして本命のSNSDです。
先ほどご紹介したとおり
「Express 999」と
「I Got A Boy」ですね。


冒頭で触れたとおり
ステージの作りが気になってしまって
彼女たちを心配する気持ちが先に立ってしまって
ゆっくりと鑑賞出来ませんね。

心なし
彼女たちの動きも
いつもより控えめな気もしますし。(笑)


そしてエンディングは
「You Are A Miracle」で
サニーさん、ティファニーさん、ユリさん、ソヒョンさんが見受けられたようですが
この動画は削除されてしまったようで
残念ながらご紹介できません。


ということで
昨年の今日行われていた
SBS歌謡大祭典のご紹介でした。

なんか本当に紹介だけになってしまいましたが
「 I Got A Boy」については
昨日の記事
「SNSD~KBS歌謡祭」
にていろいろと語らせてもらいましたので
ご覧いただければ幸いです。

そしてもしよろしければ
また別の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽