So-net無料ブログ作成

SNSD~‘NYLON’ Magazine Features Tiffany 

みなさん、こんにちは。

昨日のジェシカさんに引き続き
今回はティファニーさんのインタビュー記事です。

ネタ元はいつものごとくSoshifiedで
2013年9月18日に投稿されたものです。

この時の写真撮影のコンセプトは
「笑顔少なめ」だったみたいで

彼女の魅力の一つを封じた上で
果たしてどんな写真が撮れるものかと思いましたが

やっぱりそこはティファニーさんで
どうしてもあの素敵な笑顔が見え隠れしてしまいますね。

一点、暴露的な話もしていまして
(過去記事ですからすでにご存知の方も多いでしょうが)

普段テレビをあんまり見ず
見るとしても音楽番組だけって彼女が
あるドラマだけは欠かさず見ていたという話。

しかもそれに登場する、とある男優のためだけに。(笑)

メンバーをどかせてリモコンを握りしめていたって話してますが
そのシーンがまざまざと目に浮かぶようで
思わず微笑んでしまいますね。


それとは別に
ずいぶんとハマり込んでしまった映画についても言及しています。

こういう普段なら話さないようなことを引き出してくれるインタビュー記事だと
ほんとインタビューアーに感謝感謝ですね。

では、「NYLON」誌10月号のティファニーさんインタビュー
どうぞお楽しみください。

‘NYLON’ Magazine’s October Issue Features Tiffany for an Interview and Photoshoot
「NYLON」誌10月号ティファニーインタビュー&写真撮影特集

NYLON10_1.jpg

NYLON: Korea’s now getting chilly, but Bali’s as hot as ever.
NYLON: 韓国は寒くなってきましたが、バリはまだ暑いですね。

Tiffany: This is my first time coming here, but it’s nice because it’s a leisure schedule. This is almost my last individual photoshoot schedule right before promotions start, and I probably shouldn’t say this, but today feels most like a ‘vacation’.
Tiffany: ここへへ来るのは初めてですが、レジャースケジュールなので良かったです。活動開始直前の、これがほぼ最後の個人的写真撮影スケジュールで、大きな声では言えませんけど、今日が一番「バカンス」みたいって感じます。

NYLON: You do well in photoshoots and have done a lot too. Today’s shoot was unlike usual ones, smiling less with a haughty concept. How was it?
NYLON: 写真撮影を上手にこなして、たくさん撮りました。今日の撮影はいつもとは違い、笑顔少なめで、お高くというコンセプトでした。どうでしたか?

Tiffany: I didn’t think I’d be doing the shoot with a bobbed hairstyle, but it was fresh and fun. Because it’s the first time having that hair in a while, I think my fans will like it. It’s fun viewing the wig collection that was prepared as well.
Tiffany: おかっぱ頭で撮影することになんて思っても見ませんでしたが、新鮮で楽しかったです。しばらくぶりのおかっぱなので、ファンのみんなも気に入ると思います。準備してくれたかつらコレクションを眺めてるのも楽しかったですよ。

NYLON10_2.jpg

NYLON: You give a lot of your opinions during photoshoots, right?
NYLON: 撮影中、自分の意見をたくさん発言するほうでは?

Tiffany: I’ve always taken part in the planning for photoshoots I’ve done thus far. I’ve also taken part in it for shoots in a different medium, and I really like these processes. When working on photoshoots, giving an opinion through another person is different from me, personally, adding on my senses to express things, right? I actually have thoughts of wanting to do styling, myself, in the future. While I did do some styling when doing unit activities, I think it would be nice to show it through photoshoots too.
Tiffany: これまでしてきた写真撮影のプラニングにはいつも参加してきました。別のメディアで撮影するときも参加してきましたが、この過程がほんとに好きなんです。写真撮影の作業中、人を通して意見を言うのと、個人的に、私の感性を加えた表現を伝えるのとは違いませんか?実際、今後はスタイリングも自分でしたい考えもあります。ユニット活動の間スタイリングしましたが、写真撮影でもうまく表現出来ると思います。

NYLON: What kind of style are you wanting to show through a photoshoot?
NYLON: 写真撮影を通じてどんなスタイルを表現したいですか?

Tiffany: I’ve totally been into the movie, ‘The Great Gatsby’, lately. I liked it so much when I first watched it, I watched it six times from start to finish. The styling in the movie is really like art! So I wondered how it would be to do a photoshoot with the 1920s as the background. It would be better if the theme was ‘The Great Gatsby’.
Tiffany: 最近、映画の「グレート・ギャツビー」に完璧にハマっちゃいました。一度見た時からとっても好きになって、最初から最後まで6回見ました。映画のスタイリングがほんとに芸術みたいで!それで、1920年代を背景に写真撮影したらどうだろうって考えました。テーマが「グレート・ギャツビー」なら言うことなしです。

NYLON10_3.jpg

NYLON: When watching the news, one day you’re in Korea, another in the U.S., and another day in Hong Kong. Just how often do you go overseas?
NYLON: ニュースを見ていると、ある日は韓国に居て、別の日はアメリカに居て、また別の日は香港に居ます。海外へはどのくらいの頻度で行ってるんですか?

Tiffany: In a week, I’m overseas for about 5 days, and in Korea for 2. I didn’t count how many times I’ve been on a plane because it was troublesome, but when my parents saw the passports and ticket stubs I’ve saved, they get surprised and ask, “How many are there?” I had over 40. But, what’s really funny is that those were only the ones that I saved from February to May. Haha.
Tiffany: 一週間で、5日間はは海外で、2日間は韓国です。面倒なのでどれくらい飛行機に乗ったかなんて数えませんでしたが、両親がパスポートと取っておいたチケットの半券を見たとき、驚いて聞かれました。「どれだけあるの?」40枚を超えてました。でも本当に笑えるのは、それが2月から5月の間に取っておいたものに過ぎないってことです。ハハ。

NYLON: You go around the entire world. Where’s your favorite place?
NYLON: 世界中を巡っていますね。お気に入りの場所はどこですか?

Tiffany: I think it can only be LA. Because before I came to Korea, that was my home and all my family members are there. When I go home to LA, all of my family gets together, and my room is still there. To be honest, I’ve been working close to 10 years and when I’m alone in Korea, it doesn’t feel like I’m at home. Of course, when I’m with my members at the dorm, it does feel like home.
Tiffany: LAにするしかありませんね。韓国に来る前は、そこが私の家で家族全員がいました。LAの家へ行くと家族全員が集うし、私の部屋もまだあります。正直に言うと、10年近く働いてきて、その間私は韓国で一人っきりで、そこが我が家だとは思えないんです。もちろん、寮でメンバーと一緒にいるときには、我が家って感じですよ。

NYLON10_4.jpg

NYLON: When we don’t see you in Korea, during that time, you often had concerts overseas. Aren’t you exhausted, physically?
NYLON: あなたを韓国で見かけないと、そんな時には、しょっちゅう海外でコンサートをしていました。肉体的な疲れはありませんか?

Tiffany: I think I really have the physique of a performer. The others are amazing as well. To be honest, it’s not easy moving in the morning when doing a tour and preparing for a concert, but I’m always in a good condition. It’s to the point where my members occasionally say, “How is she in that physical state in the morning?” Even during rehearsals, while I could warm up slowly, I adamantly say to do one more song, surprising my members.
Tiffany: 私は本当に公演体質だなって思います。他のみんなもずいぶん驚いてます。実際、朝移動してツアーしながらコンサート準備をするのは容易じゃありませんが、私はいつも体調がいいんです。時折、メンバーが「なんで朝からそんな元気なの?」って言うくらいです。リハーサルの時も、ゆっくりとウォームアップも出来ますけど、きっぱりともう一曲やりましょうと言うので、メンバーが驚くんです。

NYLON: Do you normally have good physical health?
NYLON: もともと体力はあるほうですか?

Tiffany: I’m a corpse when I’m not doing a concert. (laughs) When I’m all tired and exhausted, if there’s a concert or practice, I’m the type to drink coffee or an energy drink and say, “Go!” So, in a few words, I have the physique of a performer?
Tiffany: 公演してないときは死んでます。(笑)疲れきってへとへとなとき、公演や練習があるなら、コヒーや栄養ドリンクを飲むんで「やるぞ!」って言うタイプです。なので簡単に言うと、私は公演体質?

NYLON10_5.jpg

NYLON: What do you tend to do with leftover time?
NYLON: 残った時間はどんなことをするのでしょう?

Tiffany: Other people watch a lot of TV, but I don’t watch as much TV. If I do, I keep up with music programs. The reasons why I watch music shows are because I need to know what’s popular these days, and because I have an interest in directing, there is a lot to see. Also, I try to make sure to watch dramas or variety shows my members are in. I watch ‘Dancing 9’ with Yuri and Hyoyeon without fail. Oh yeah, I don’t really watch dramas, but one I watched the original broadcast was ‘That Winter, The Wind Blows’.
Tiffany: ほかのみんなはしょっちゅうテレビをみてますけど、私はそんなに見ません。見るなら音楽番組です。音楽番組を見るのは、最近どんなのが人気か知らなくえはいけませんし、演出にも興味がありますからよく見ます。それと、メンバーが出演してるドラマやバラエティーは必ず見るようにしてます。ユリとヒョヨンが出てる「Dancing 9」は見逃しません。そうだっ、ドラマなんてまず見ないんですけど、ひとつだけ「その冬、風が吹く」は見ました。

NYLON: Because of Jo Insung?
NYLON: チョ・インソンのために?

Tiffany: That’s right. Because of him! You don’t know how much I kept up with the broadcast. I would tell all the other members to move and held onto the remote control. I normally never do that.
Tiffany: そうです。彼のために!どれだけ放送を見続けようとしたことか。メンバーみんなにどいてって行って、リモコンを握りしめていました。普通なら絶対にしないんですけど。

NYLON10_7.jpg

NYLON: Now that I think about it, your birthday passed not too long ago. Now that you’re in your mid-20s, are there any worries you’ve been getting, unlike before?
NYLON: そういえばつい先日誕生日でしたね。今20代半ばですが、以前とは違った悩み事はありますか?

Tiffany: I think I worry most about my group. We’ve gotten more individual time and because all of our physical health and conditions differ, I wonder what we can do to pull out our best. Simply, if in the past, everything was good; now, everyone’s health isn’t like how it was in the past, so…
Tiffany: グループについて一番悩みます。個人の時間も増えて、みんなの体力や体調が違いますから、ベストを引き出すにはどうしたらいいだろうって。昔は単純で、すべてが良かったんです。今は、みんなの体力が以前とは違ってしまってるので…

NYLON: Haha, that’s true. Because Girls’ Generation ages too.
NYLON: ハハ、確かに。少女時代だって年を取る。

Tiffany: That’s right. In the past, because we didn’t ride the plane much, we could reserve our strength. But nowadays, that’s not the case, so we have to allot our strength so I worry about those things. Like, ‘What do we have to do for Girls’ Generation to give their best?’
Tiffany: その通りです。昔は、飛行機にもそんなに乗らなくて、体力を蓄えることができました。でもこの頃は、そんなことはなくて、体力配分が必要で、それについて悩むんです。「少女時代がベストを尽くすには何をするべきなのか」みたいな。

NYLON10_8.jpg

NYLON: Getting older, do you feel yourself maturing?
NYLON: 年を取って、自分が成熟したと感じますか。

Tiffany: I do, a lot. Before, when I would do photoshoots with mature concepts with my members, it didn’t seem to really suit us. I guess it came out really young girl-like? But lately, along with our attitudes because everyone has matured, those appearances don’t look awkward.
Tiffany: 感じます、とっても。以前は、メンバーと一緒に大人びたコンセプトで写真撮影すると、私達にぴったりと合ってはいませんでした。実際の若い女の子みたいな部分が出てきてたと思います。でも最近は、態度も成熟してきてますから、そんな姿がぎこちなく見えないんです。

NYLON: You’ll be busy when you start activities in Korea again. Is there anything you want to do before then?
NYLON: 韓国での活動を再開すると忙しくなるでしょう。その前にしたいことはありますか?

Tiffany: I want to vacation in Europe. Not one or two days, but for a little longer. But no matter how much I think about it, because of schedules, I don’t think it’d be easy to do within this year. Even more so with activities coming up. Though I’m sad, satisfying my fans is also something I want to do, so I think it will be okay to postpone my Europe trip a bit.
Tiffany: ヨーロッパで休暇を取りたいです。1日とか2日じゃなくて、ちょっぴり長めに。でも、スケジュールからすると、どんなに考えても、今年中にするのは簡単じゃないなって思います。さらに活動が控えていますから。残念ですが、ファンに満足してもらうためにしたいこともあるので、ヨーロッパ旅行は少しだけ先送りしても大丈夫だと思います。

NYLON10_6.jpg


Sources: “NYLON” Magazine, je-kwon, 801DAYZ
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNSD~‘Harper’s Bazaar’ Magazine 

みなさんこんにちは。
前回記事でお約束した、長文インタビューの翻訳紹介です。

なお、何度も繰り返すようですが
このブログで紹介する記事は
ジェシカさんがメンバーだった時の過去記事だけです。

過去ブログ更新を中断して紹介出来なかった時期の
記事の補完を目的としています。

最近のインタビュー記事ではありませんので
お間違いなきよう。


またまたジェシカさんですが、
妹のクリスタルさんと一緒にインタビューを受けていますね。

ネタ元はSoshifiedで
2013年9月18日に投稿されたものです。


撮影された写真を見ると
なんかとってもとんがったファッションになっていますが
ジェシカさんがインタビュー内で語っているように
実生活ではこんな装いはしないようです。

インタビューそのものは
ジェシカさんよりもクリスタルさんが全面に出ている感じ。

ジェシカさんは姉として
妹のクリスタルさんのフォローに回っていたんでしょうね。

妹が心配でならないみたいなことも言ってましたし。

この2人の仲の良さは有名ですし
それ故なのか
ジェシカさんはユナさんもずいぶん可愛がっていたようです。

クリスタルさんのインタビューを読みながら
f(x) 聞いてみようかなって思ってしまいました。(笑)

実際に行動へ移すには
まだまだ時間が必要だと思いますけど。


さて、前置きがながくなってしまいましたね。

それでは、ジェシカさんとクリスタルさんのインタビュー
どうぞお楽しみください。

‘Harper’s Bazaar’ Magazine Interviews Jessica and f(x)’s Krystal
Harper’s Bazaar誌 ジェシカとf(x)のクリスタルにインタビュー

jungsisharper1.jpg

Jessica and Krystal, who sang and danced to music with different rhythms, focused on one rhythm. With just their eyes, the two of them would read each other and drew one another in. Complete as one like that, they seemed relentless and unafraid and were distinctly beautiful.
異なるリズムで歌り踊っていたジェシカとクリスタルが、ひとつのリズムに焦点を当てた。目を合わせるだけで、お互いの世界を読み取り、己の中に相手を引き込んだ。一つに完成されたそれは、不動で毅然としており、まさに美しかった。

Jessica: The two of us haven’t done a rugged image photoshoot together before. My younger sister and I like this type of feeling, but Girls’ Generation has a pretty image, and because my sister is too young to take on this appearance, we couldn’t do it. Also, even though I appear edgy and sharp, please make sure to let people know that I’m not like that in real life. My fans probably know already, but I’m a ‘heodang’. Heodang. (translator’s note: a “heodang” is someone who is odd in their own way.)
Jessica: 私達はこれまでラフな感じでの写真撮影を一緒にしたことがありませんでした。妹と私はこんな感じが好きですけど、少女時代には綺麗なイメージがあるし、妹は若すぎたのでこんな装いをすることが出来ませんでした。それと、エッジのきいたシャープな感じに見えるでしょうが、実生活では好みじゃないことをみなさんに知らせるようにしてください。ファンの人達はもう知ってるでしょうけど。でも、私はホダンなんです。ホダン。
(翻訳者注: ホダンとは自己流で風変わりな人)

I wondered if I should believe these words as is. This is because I couldn’t find a gap in Jessica, skillfully leading the photoshoot. Having debuted 7 years ago, like on stage, she overwhelmed the attention on set with her professional appearance.
その言葉をあるがままに信じるべきなのだろうか。写真撮影を巧みにリードするジェシカに隙を見出すことなど出来なかったからだ。デビューして7年、あたかもステージ上であるかのように、彼女はプロの姿で現場の注目を一身に集めた。

jungsisharper2.jpg

Jessica: I was afraid of photoshoots at first. Because I’m shy and not a model, poses were difficult. Now, the attention of the camera feels comfortable. I’ve learned what appearances look pretty and which don’t. I didn’t have many talents and had a bashful personality, but I tried to become more enthusiastic through this work. Doing that, the way I treat people changed, and I’ve gained the ability that’s not much of an ability, to talk like this to people I meet for the first time. (laughs)
Jessica: 最初は写真撮影が怖かったんです。恥ずかしがり屋だったし、モデルじゃないのでポーズも難しかった。今はカメラの注視が心地いいんです。どんな姿が美しくてどんな姿がそうではないのかを学びました。才能なんかそんなになくて内気な性格ですが、仕事を通じてもっと意欲的になろうと努力しました。そうすることで、人との接し方が変わり、ここのように始めて会った人と話す、才能とは言うにはおこがましい能力を身につけたんです。(笑)

Krystal, who called the completed photoshoot partnered with her sister the ‘Jung sisters’ deviation’, worried about their mother’s response. Honestly, looking at her excited facial expression, it looked like she was kind of looking forward to it, more than worrying.
クリスタル、姉とのパートナー撮影をやり遂げて「チョン姉妹の逸脱」と命名した彼女は、母親の反応を心配していた。実際には、彼女のワクワクした表情を見ていると、心配しているというよりも、楽しみにしているように見えた。

Krystal: I think my mom will say, ‘Isn’t that a bit strong, do a gentler (translator’s note: photoshoot) next time.’ While she does like a cool appearance on stage or screen, she likes seeing my sister or I eating something tastily or playing without worrying about work more. My mom also occasionally says that she didn’t think that we would become singers and act.
Krystal: 母はきっとこう言うと思います。「ちょっとばかり強烈ね、次はもっと穏やかにね(翻訳者注: 写真撮影を)」母は舞台や画面でのかっこいい姿も好きですが、私達姉妹が美味しいものを食べたり、仕事なんか気にせずに遊んでる姿を見る方が好きなんです。そして時折、あなたたちが歌手になって演技するようになるなんて思っても見なかったって言うんです。

As the years went by, the sisters who shyly danced to S.E.S. songs in front of a home video camera when they were younger have become singers and have also gone through initiations for acting. Now, various modifiers support their existence. Early this year, Jessica ended the musical, ‘Legally Blonde’, and Krystal is filming the drama ‘Heirs’, which is about the love and friendships of upperclass, high school students.
歳月が過ぎ去り、幼いころビデオカメラの前で、恥ずかしがってS.E.S.の歌を歌っていた姉妹は歌手になり、演技への入り口も通過した。今、様々な修飾子が彼女たちの存在感を裏付ける。今年初め、ジェシカはミュージカル‘Legally Blonde’を終え、クリスタルは、裕福な高校生の愛と友情を描いたドラマ‘Heirs’を撮影している。

jungsisharper3.jpg

Krystal: Through this drama, I don’t think I’ll be showing a new me or a big transformation. My character is an unruly girl, like average high schoolers, is really warm-hearted, and gets jealous. But that doesn’t mean I’m disappointed. Because I’m 20, I think that I have a lot of opportunities to do new things, even if they don’t happen now.
Krystal: このドラマを通じて、新たな私や大きな変身を見せることはありません。私の役は、本当に温かい心を持ってて嫉妬もする、平均的高校生のような気ままな女の子です。でも、がっかりしたってことではありません。たとえ今は無いとしても、私は20歳ですから、新しいことをする機会はたくさんあると思います。

The entertainment industry is currently overflowing with versatile idol singers. Of them, Jessica and Krystal are like special beings. Though the two, who have showed their skills of being able to melt into any stage, haven’t promoted together, the combination sufficiently makes you anticipate it. You can tell by just looking at today’s photoshoot. The synergy effect the two create with their harmonies is quite something, as they can also draw out delight from the public on their own. During the shoot, while sitting with her back leaning against her, Krystal looked blankly at her older sister, Jessica. There won’t be a reliable wall, or a large door, that guides her in the world like her older sister.
芸能界は現在、多才なアイドル歌手が溢れかえっている。そんな中、ジェシカとクリスタルは特別な存在に近い。2人が一緒に活動したことはないものの、どんなステージにも溶けこむことができる技量を見せつけ、その組み合わせは十二分に期待させてくれる。この日の写真撮影だけ見た限りでもそう言える。一人であっても己だけで大衆から歓喜を引き出すような、そんな二人のハーモニーが作り出す相乗効果はまさにかなりのものだ。撮影の間、背中を姉にもたれて座っていたクリスタルが、姉のジェシカをぼんやりと見つめた。この世には、姉のように頼もしい壁、あるいは導いてくれる大きな門は存在しないのだろう。

Krystal: When I’m with my sister, there’s nothing in the world that I’m afraid of. When I was a trainee, or when I attended school, I really felt reassured because my sister was there. I didn’t know my sister would have this much aegyo (cuteness). I first found out when I saw her active in Girls’ Generation. (laughs)
Krystal: 姉さんと一緒だと、怖いものなんてありません。練習生の時や学校へ通っていた時、姉さんいてくれたので安心でした。私の姉さんがこんなにアエゴ(かわいらしい)なんて知らなかった。少女時代の活動を見て、初めて知ったんです。(笑)

jungsisharper4.jpg

Jessica doesn’t want to become a wall that traps her sister, who is 5 years younger than her, but rather a tree that she can lean on.
ジェシカは、5歳年下の妹を捕える壁になりたいのではなく、彼女がもたれることの出来る木になりたい。

Jessica: I always just thought she was a young child, but she has a really nice body and a tough charm. I never even imagined that she would have that side to her. Even so, I always worry. Like if she would do well in this line of work. At shoots like today, Girls’ Generation members may do things well on their own, but I tend to show concern for my younger sister. While working, there can’t always only be good things, so there are times when I get upset. I want to interfere and clarify things myself. Because we’re in the same line of work, there are some things that I lean on my sister for, so I’m thankful. I can share things that I can’t tell just anyone, and I think she’s my best friend right now.
Jessica: いつだってちっちゃな子供って思っていましたけど、本当にスタイルがよくってしっかりとした魅力もあります。妹にそんな一面があるなんて思ってもみませんでした。でもそうだとしても、いつだって心配です。仕事を上手くこなしてるかなとか。今日みたいな撮影だと、少女時代のメンバーだったら自分で上手くやるでしょうけど、妹に関しては心配する傾向にあります。仕事をしてると、常にいいことばかりではありませんから、イライラするときもあります。自分が乗り出して自分で解決したい。私達は同じ仕事ですから、妹に頼ることもあって感謝してます。誰にも話せないようなことでも妹になら話せて、今は親友だなって思います。

Krystal, who debuted when she was 16 years old, has turned 20 this year. While she has become the age to help her older sister with her troubles, rather than being happy about becoming an adult, she sighs.
クリスタルは16歳でデビューして、今年で20歳になった。姉の問題を手助けできる年齢になったが、大人になった喜びではなく、彼女はため息をついた。

Krystal: Ah, I’m already 20. I don’t like how time is going by so fast either. If you look at it one way, it seems like I spent my years before turning 20 specially, but when I think about it, that’s not necessarily the case. If I wasn’t doing what I do now, I might have wanted to hurry and become an adult, but right now, it feels like I’ve learned too many things.
Krystal: あぁ、私はもう20歳。時の過ぎ去るのが速すぎて好きじゃありません。ある見方では、20歳になる前を特別に過ごしたように見えますけど、それについて考えてみると、必ずしもそうじゃありません。もし今の仕事をしていなかったら、早く大人になりたいって望んだでしょうけど、今は、あまりにも多くを知り過ぎたって感じます。

jungsisharper5.jpg

Though Krystal is a 20 year old girl who wouldn’t be awkward whining, she’s also an idol who debuted 4 years ago. She spent almost half of her teen years as a f(x) member, and, regardless of age amidst that, she dreamed and gained a resolute attitude and confidence as to what she wants to do.
クリスタルは、不平を言ってもおかしくない20歳の女の子だが、デビューして4年目のアイドルでもある。10代のおよそ半分を f(x) メンバーとして過ごし、そして年齢に関わりなく、何をしたいのかについて夢を描き、毅然とした態度と自信を得た。

Krystal: While the road I have to go along from now on is long, and I lack in areas, I do have some greed in wanting f(x) to be acknowledged for our musical color. Our music has a lot of aficionados, but I want to let people who don’t listen [to our music] because it’s convoluted know that there are various kinds of music in the world.
Krystal: 私がこれから進むべき道のりは長くて、不足部分もありますが、 f(x) の音楽カラーを認めて欲しいという欲があります。私達の音楽は、マニア層が多いんですけど、複雑だから[私達の音楽を]聞かない人たちに、世の中にはいろんな音楽があるんだってことを知らせたいんです。

Thanks to her personality of not changing herself or preferences greatly, Krystal wasn’t swayed to the fast changes and flow of the entertainment industry. Trying to find her own rhythm, taking a step away from the center of the entertainment and finding composure, Jessica seems to be just like any other person, yet is different, and has been retaining an inherent color, receiving love from anyone. If their names are called together, rather than individually, that good energy will increase and draw in a greater joy. Before leaving the studio, Krystal added one more thing.
自分自身と好みを全く変えようとしない性格のおかけで、クリスタルは芸能界の急激な変化と流れに影響を受けなかった。彼女自身のリズムを見出そうと、芸能界の中心から一歩引き平安を探し続け、ジェシカは他の人々と同じようでありながら、なお異なり、誰からも愛される独自の色を持っている。彼女たちの名前が一緒に呼ばれたなら、個々に呼ばれるよりも、良きエネルギーが増大し大いなる喜びを引き出す。スタジオを去る前に、クリスタルはもう一言付け加えた。

Krystal: People say my sister and I are really different, but there probably is a similarity as we are sisters. Looking alike yet different, while being similar, is a charm as well.
Krystal: みんなは姉と私がほんとに違ってるっていいますけど、姉妹ですからきっと似てる部分があります。似ているけど、そう見えて違ってる、それもまた魅力でしょう。


Sources: Harper’s Bazaar Magazine, fx2you, je-kwon, dcinside
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

過去記事から~SONEになったきっかけ 

みなさん、こんにちは。

ブロガーの性といいますか
しばらく中断したくなることもあり
いざ再開すると書きたくて書きたくてたまらなくなることもあります。

まぁ
このブログは再開というよりも
ジェシカさんの脱退を受けて
FC2で凍結されていた過去記事に意味を持たせたいとの思いから
手元にあったバックアップをアップロードしたものです。

今後新たに起こす記事も
目を向けるのはあくまでジェシカさんがSNSDメンバーだったときだけで
8人となったSNSDの記事を書くことはありません。

以前も記しましたが
私にとってのSNSDはあくまでも9人メンバーだったときであり

それは
テヨンさんが練習生の頃に
河に向かって「私はやれる~!」って叫んでた
school_03.jpg
あの頃からの9人の歴史がすなわち
SNSDなんだと思うわけです。



あくまでも個人的見解ですが
ライブにしても
拙さや荒削りな部分は見受けられるものの
「1st Asia Tour」こそがある意味最高の出来だと思っていますし

これまでたどってきた過去の道のりの中に
SNSDのいろんな一面を見て知ることが出来て

だからこそ過去記事にもう一度光を当ててみたい
そう思っています。


もし多少なりとも共感していただけるようでしたら
私がSONEになったきっかけ
すなわち
ジェシカさんとの出会いを綴った記事
少女時代、SNSD、Girls’ Generation
Jessica_BarbieGirl.jpg



SNSDデビュー前の
記念すべき出来事を綴った記事
SNSD~第一歩
school_06.jpg

をご覧いただければ幸いです。


そしてもしよろしれければ
今度は新たに翻訳した過去記事紹介でお会いしましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽