So-net無料ブログ作成
検索選択

SNSD~SM Evrysingインタビュー(後編) 

みなさん、こんにちは。
「SNSD~SM Evrysingインタビュー(後編)」のお届けです。

前編の記事内においては
翌週くらいにお届けするようなことを書いておりましたが
それよりも1週間遅れての記事となります。m(..)m

前編と後編を
ちょうど半分くらいで分割したつもりだったのですが
なにやら後編のほうがすいぶんと長かったような……
(気のせいかもしれません)

いずれにしろ
出来るだけ早くお届けしたいという気持ちは当然あるものの
不定期更新となっている現在
英語と戯れる楽しみを十分に味わいつつの翻訳となっていますので
ご理解いただけますよう。

まぁ
翻訳って
英語と戯れるというよりも
日本語と戯れている時間のほうが多いわけで

英文や単語と親しめるという一面はあるものの
単に英語を学ぶためだけならば
しない方がいい
もっとはっきり言うならば
するべきではないことだと感じています。

語順がまったく違うのはもちろんですが
よく使われるものほど
英語の1単語が日本語のそれと一致するケースはまず少ないわけで
それこそが日本語との戯れといえる部分でもあるわけで

イメージとして
感性としてとらえてはいるけれど
これって日本語でどう表現するの?
って戦いにあけくれるわけです。(笑)

活字中毒なればこそ
それもまた楽しくて
こうして続けていられる気がしています。

さて、
お約束の脱線はこのくらいにしまして
後編インタビューを少しばかり解説。

流し読みするくらいですと
前編と似通っていて
内容的に同じように感じるかもしれません。

確かにそういう部分もありますが
前編では触れられていなかった話題も出ておりますし
それがまたとても趣のある発言を引き出したりもしています。

構成を考えたわけではないでしょうが
この後編の後半部分が
まさに宝石発言といった感が強いかと。

受け止め方は人それぞれでしょうから
みなさんが同様に思われるかどうかは別として
SONEであるならば
一読をお勧め出来る内容だと思っています。



前編・後編に分けてのインタビュー記事のご紹介で
ひと段落となるわけではなく

このインタビューに時間を取られている間に
次々と別のインタビュー記事がアップされています。^^;)

まぁ
今回の年初特集記事のように
特別長いわけではありませんから
それなりのペースでお届けできるのではと。

ただ
個人的に(業務的に?)
来月引越しをひかえておりまして
状況しだいでは若干間があくことになるやもしれません。

とは言え、
前回の引越しに伴い
ネット回線はテザリングに変更していますから
回線工事云々による影響はまったくありませんのでご安心を^^


あはは
今回は2度も脱線してしまいました。

それでは
「SNSD~SM Evrysingインタビュー(後編)」
ごゆっくりとお楽しみください。


Girls’ Generation Interviewed at SM Everysing
少女時代がSM Everysingでインタビュー

group-5.jpg


On their change musically, Taeyeon said, “To put it simply, we’ve had some foreign water to drink. If we were aiming for the popular mass of Korea, we would have gone with a song that’s easy to sing along to. After experiencing stages overseas and after considering the preferences of people in many different countries, I feel there has been a change in music itself.”
彼女たちの音楽的変化についてテヨンが言った。
「言うならば、海外の水を飲んだんです。韓国の大衆受けを目指すのなら、これからも歌いやすい歌で突き進んだでしょう。海外のステージを経験し、多くの異国の人々の思考を考慮した結果、音楽それ自体が変わったのだと思います」

Overseas media has been choosing Girls’ Generation as the next act to follow PSY. Yuri stated, “I’m not sure if it’s because of PSY’s influence, but it seems their view on Koreans has gotten better. It feels like attention for K-Pop has increased, and so I’m anticipating a world tour.”
海外メディアは、少女時代をポストPSYとしている。ユリが語った。
「PSYの影響なのかどうかは分かりませんが、韓国に好意的になってきているように思えます。K-Popへの注目が高まっているみたいですから、ワールドツアーが楽しみなんです。」

group-8.jpg


It has already been six (translator’s note: article says seven) years since Girls’ Generation debuted. The music market in the country has been changing rapidly and competition is fierce. Girls’ Generation has also become one of the handful of veteran girl groups.
少女時代がデビューして既に6年(翻訳者注:記事では7年)。国内の音楽業界は急速に変化しており、競争が激化している。少女時代は、数少ないベテランガールグループの一つとなった。

When asked if they will have an even more mature image for the next song, Jessica and Tiffany replied, “We will just try our best to fit whatever we get assigned.”
彼女たちに、次の曲はさらに大人びたイメージになるのか尋ねると、ジェシカとティファニーが応えた。
「私たちは、何を与えられようとそれにふさわしく最善を尽くすだけです」

Seohyun revealed, “Rather than the image on the outside, our goal is to seem mature musically. We are trying to progress forward and pursue newer things from previous styles.”
ソヒョンが明かした。
「見た目のイメージよりも、私たちの目標は音楽的に成長することです。前進して以前のスタイルよりも新しいものを追求しています」

group-9.jpg


(translator’s note: on various responses from netizens regarding their song)
(翻訳者注:彼女たちの歌に対するネチズンからのいろいろな反応に関して)
Sooyoung: When it comes to the lyrics, it’s simple. The scene where nine girls are chatting and various themes that keep being incorporated can just be understood as our actual selves talking together. If we sang a song of a similar manner to the past, opinions would have split again like, ‘They’re trying to get a free ride’, so I prefer a not-so-expected song. Taeyeon: The charm the song has is that you don’t get sick of it easily.
スヨン:歌詞に関してならば、単純です。9人の女の子がいろんな事柄についておしゃべりしている場面の導入は、まさに私たちが一緒になって実際に話し込んでいるように受け止めるられるでしょう。私たちが過去に同様の歌を歌ったならば、「便乗するつもりだよ」と、同じように意見が分かれたでしょうから、私はそんなふうに思われない歌を好みます。 テヨン:この歌の魅力は、すぐに飽きたりしない事です。

There was one side that gambled because they have the confidence.
自信あるがゆえに、賭けた側面もありました。

Yoona: We are Girls’ Generation. Yuri: We don’t want to follow a trend, but make it.
ユナ:私たちは少女時代ですよ。 ユリ:私たちはトレンドに倣おうとするのではなく、それを作り上げます。

It’s been ten years since they’ve met as trainees.
みなさんが訓練生として出会ってから10年になります。
Jessica: Through love and hate, we’ve become another family.
ジェシカ:愛や嫌悪を通じて、私たちは家族になりました。

Tiffany: I’m looking forward to us being able to hold a dinner show later on, too. We can change the lyrics for ‘I Got A Boy’ then, rapping, ‘Why didn’t your kid go to school?’
ティファニー:この後、ディナーショーを開催できるので、それもとても楽しなんです。私たちは「I Got A Boy」のラップ部分の歌詞「どうして子どもは学校へ行かなかったの?」を変えることができます。

Sooyoung: As a person who listens to music, I’ve always dreamed of a generation of diversity. Senior Tae Jinah would sing the ending, senior Kim Gunmo would sing, and then an idol group would sing after him. I hope each person’s different music talent receives interest throughout.
スヨン:音楽を聴く立場として、私は常にいろんな世代を思い描いていました。Tae Jinah先輩がエンディングを歌い、Kim Gunmo先輩も歌い、そして、アイドルグループが彼のあとで歌って。各々の異なった音楽的才能が、関心を得て欲しい。

group-6.jpg


Taeyeon: It’s a new album in a year and two months. Many people waited for it, and we also prepared it with a fluttering heart. Yuri: This year is the year of the snake, and six of our members are the snake zodiac sign. I’m foretelling that there will be good things happening all year long. Seohyun: In order to show a new image, it’s something we attempted. It was a homework assignment for us to make it our own color when we first heard it, but I think we were able to get a grasp of how exactly we do that. It was a song we were really possessive about, to the point where we asked for extra practice hours.
テヨン:1年2ヶ月ぶりのアルバムです。たくさんの人たちがそれを待っていて、私たちもまた、わくわくして作り上げました。 ユリ:今年は巳年で、メンバー6人がへび座です。私は、一年中いいことがあるだろうって予言しました。 ソヒョン:新しいイメージをお見せするための、私たちの試みです。初めて聞いた時、私たち自身のカラーを作り上げるための課題でしたが、どうするべきなのかをしっかり掴みとれたと思います。練習時間の追加をお願いするほど、本当に束縛された歌でした。

Tiffany and Yoona: Wearing sneakers we wore in the practice room on stage for the first time since we’ve debuted. Showing how we are in the practice room on stage helps us gain so much confidence that it feels like I could fly.
ティファニーとユナ:デビューして以来初めて、ステージ上での練習でスニーカーを履いていました。ステージでの練習の成果は、私たちが飛べるんだという確信を得る助けになります。

Sooyoung: ‘Baby Maybe’ is a song that Pixie Lott composed, but the original sounds so good that we were done writing the lyrics in three to four days. The members especially sang this song really well, and the recording was done well. I want to try composing next time.
スヨン:「Baby Maybe」はPixie Lott作の曲ですが、オリジナルサウンドがとってもよくって、私たちは歌詞を3~4日で書き終えました。メンバーはこの曲を本当に上手に歌って、レコーディングも上々でした。今度は作曲してみたいです。

All nine members: By trying out a new genre, we learned that we need to work harder. Also, after doing individual activities, we realized the value of our members.
全メンバー:新たなジャンルに挑戦することで、私たちは懸命に取り組むことの必要さを学びました。そしてまた、個人活動の後、私たちはメンバーの価値に気付いたんです。

Yoona: My members came to my drama set to cheer me on. But the staff welcomed them so much, saying, ‘Girls’ Generation is here.’ At that moment, I thought, ‘Ah, Girls’ Generation is great.’
ユナ:メンバーは、私を励ましにドラマ現場に来てくれました。それを蓋っふが歓迎して言ったんです。「少女時代がいるよ」その時、「少女時代って最高」って思いました。

Tiffany: If the year before last was informing people about Girls’ Generation’s brand, last year was the year of letting people know of members’ strengths and charms through individual activities.
ティファニー:おととしが、少女時代ブランドをみなさんに伝えた年だとするならば、昨年は、個人活動を通じて、メンバーの能力や魅力を知らしめた年でした。

Hyoyeon: Communication and chatting are our strengths. We chat a lot amongst members. We know all of each others’ feelings, and when we’re exhausted, we listen to one another and console each other.
ヒョヨン:通信とチャットが私たちの支えです。メンバー内でたくさんチャットします。私たちはお互いの気持ちを知りつくし、疲れ切った時、お互いに話を聞いて慰めあいます。

Taeyeon and Jessica: We start our ‘Japan Arena Tour’ in February. Before then, we will have short and to the point promotions in Korea, with much impact. Please look forward to us having fun on stage.
テヨンとジェシカ:私たちは2月に「Japan Arena Tour」を始めます。でもその前に、とても衝撃的な韓国でのプロモーションをする予定です。私達との楽しいステージを心待ちにしていて下さい。

group-7.jpg


When asked if they were trying to show a friendlier image instead of a “perfect” image with the “high fashion” photos, Girls’ Generation replied that they were going for the opposite.
「最新ファッション」の写真で、「完璧さ」よりも親しみやすいイメージを示そうとしていたのかと尋ねられた時、少女時代は正反対ですと応えた。

Taeyeon and Seohyun stated, “On days when we have [news] report shoots, the members play around. Because we’re only trying to take pretty pictures, we become playful.”
テヨンとソヒョンが言った。
「[ニュース]報道の撮影する日、メンバーは戯れます。単に美しい写真を撮ろうとしていますから、お茶目になるんです」

Jessica and Sooyoung stated, “We’re sad, because there are a lot more pictures we want to show you.” They revealed that a second “high fashion pose” photo set exists.
ジェシカとスヨンが言った。
「皆さんにお見せしたい写真がまだまだたくさんあるので、私たちは悲しいんです」
次の「最新ファッションポーズ」の写真が存在することを明らかにした。 

It turns out the members play like this amidst their busy schedules.
彼女たちの忙しいスケジュールのさなか、こんな戯れをしていることが分かった。

According to Tiffany and Hyoyeon’s explanations, even when they are in their own rooms, once night comes, they talk through messengers, and send each other photos they take in their own respective rooms. Of course, the pictures they send to one another are “funny pictures”.
ティファニーとヒョヨンによると、彼女たちは自室にいるとき、夜になるやいなやメッセンジャーで話をし、それぞれの部屋内で撮った彼女たち自身の写真を互いに送りあう。当然ながら、彼女たちが送りあう写真は「面白写真」だ。

When asked who is the funniest, Hyoyeon and Yoona stated, “Everyone’s really competitive. When I send a picture and the other person says, ‘It wasn’t funny,’ I feel sad.” Jessica further explained Girls’ Generation’s gag photoshoots by stating, “If there is a person who is sleeping, we wake her up against her own will and make her participate.”
一番面白いのはだれか尋ねると、ヒョヨンとユナが言った。
「みんなで競い合いです。私が写真を送った時、他のメンバーが『つまんない。お話にならない』って言いました」
ジェシカが、少女時代のギャグ写真撮影についてさらに説明した。
「眠ったりしていたら、意思なんかおかまいなしに起こして参加させます」

group-10.jpg


A new album has been released. How does it feel?
新アルバムがリリースされました。どんな感じでしょうか?

Taeyeon: We’ve returned after a year and two months. It’s been a while since we’ve had group activities. I’m more excited than ever, and we are making an effort to have a fun promotion cycle. As our fans have waited for a long time, we wanted to show a bit of a newer image, so we also prepared a challenging piece for the title song. There are also many other fun songs [on the album].
テヨン:私たちは、1年2ヶ月ぶりに戻ってきました。久しぶりのグループ活動です。私は今まで以上にわくわくしていますし、私たちは定期的に楽しいプロモーションが出来るように努力しています。ファンの方達は長い間待ち焦がれていましたから、少しでも新しいイメージをお見せしたくて、タイトル曲として挑戦的な作品を用意しました。[アルバムには]他にも楽しい歌がいっぱいです。

What’s the biggest change from the last album?
前回のアルバムからの一番大きな変更点は何でしょうか?

Yuri: It’s that we didn’t do obvious music. We wanted to show a new appearance that would overturn predictions like, ‘they’ll probably be like this’. The melodies have been easy until now, so it would enter one’s ears easily. If it was the same again this time around, there would have been fans who would be disappointed. While people are saying there are split opinions on the title song, the reactions would have been the same regardless of song we would have come back with. I think it’s fortunate that we did a song that you only understand after listening to it a number of times. In this song, the lyrics aren’t easy, and the content doesn’t connect together. It’s because it’s talking about nine members’ different stories. You can understand it as the chatter of girls our age.
ユリ:それは、私たちが決まりきった音楽をしなかったということです。「彼女たちはこうなるだろう」という予測を覆すような新しい表現をしたかったんです。これまでのメロディーは単純で、すんなりと耳に入りました。今回もまた同様だったとするなら、失望するファンの方もいたことでしょう。人々がタイトルソングに意見が分かれると言ったとしても、カムバックに携えた歌にかかわらず反応は同じだったと思います。幾度と無く聞いてこそ理解できる曲を歌えた事は幸運でした。この歌は、歌詞が単純ではありませんし、内容も一つに繋がりません。メンバー9人の、異なる物語について話しているからです。私たちの年頃の女の子たちのおしゃべりとしてとらることが出来ます。

After the album was released, which response was most impressionable?
アルバムリリース後の反応で、もっとも印象的だったのは何でしょう?

Tiffany: I read reviews on Billboard and MTV. The words, ‘Girls’ Generation just set the bar truly high for pop in 2013,’ were touching. I also liked the response that read, ‘Resting for a year and two months in K-POP is equivalent to resting for twelve years. They were probably under a lot of pressure, but they brought back something new and fresh.’ I was proud.
ティファニー:私は、BillboardとMTVのレビューを読みました。 「少女時代は2013年のポップに、実に高いハードルをまさに設定した」 という一文が感動的でした。それと、 「K-POPにおける1年2ヶ月休息は、12年の休息に等しい。おそらくは多くのプレッシャーがあったにもかかわらず、新たな何かとすがすがしさを持ち帰った」 とされた反響もお気に入りです。誇りに思いました。

How did you choose the title song?
タイトル曲はどうやって選びましたか?

Yuri: It felt like the song was given to us. There were two songs that were being considered for the title song. I think the other was just something they made us listen to. They said, ‘This just sounds like this, but listen to this,’ and they made us listen to ‘I Got A Boy’.
ユリ:私たちに与えられた歌のように感じました。タイトル曲の候補は2曲ありました。もうひとつの曲は、単に私たちに聴かせるためのだけのものだったように思います。こう言って、私たちに「I Got A Boy」を聞かせたんです。
「まぁこんな感じだけど、聴いてみて」

What kind of performance did you think you would have to put on?
どんなパフォーマンスをするべきだと思いましたか?

Yoona: When we only listened to the song, it felt unfamiliar, but after constantly listening to it, something like that of a musical started forming in my head. The decision to put on a performance that ‘shows music’ came about. The organization of the choreography started out wittily. Now, the performances are just fun.
ユナ:最初耳にしたときには、なじまない感じがしましたが、繰り返し聞いてみると、ミュージカルのような何かが、頭の中に形作られ始めました。パフォーマンスは「音楽の上演」に決まったんです。振り付けの構成は、軽快に始まります。今は、パフォーマンスがまさに楽しいんです。

The choreography is very powerful.
振り付けはとてもパワフルです。

Taeyeon: It was so tiring that we said to only make Hyoyeon do it. It was so tiring at first that we would have to rest for 20 minutes after dancing through it once. When we dance to the song once, our muscles hurt as if we ran a marathon. It’s a choreography where controlling the pace is important. The highlight hook starts as soon as we throw the hats. The fans have also named it the ‘cobra dance’. If we didn’t have the pride that we are Girls’ Generation, it’s a dance we couldn’t have attempted. Sooyoung: It’s a dance where you lose weight naturally. When we complete the dance, it feels like we gave it our all, like when a health trainer tells you, ‘Fifteen more.’
テヨン:私たちが、ソヒョンだけにやらせたらと言ったくらいとても疲れるんです。最初は、一度踊った後に、20分休憩しなくてはならないほど疲れました。歌にあわせて一曲踊ると、マラソンしたかのように筋肉痛になります。振り付けは、ペース配分が重要なんです。ハイライトフックは、私たちが帽子を投げるや否や始まります。ファンは、「コブラダンス」と命名しました。私たちに少女時代としての誇りがなかったら、試みが出来なかったダンスです。 スヨン:おのずと体重が減るダンスです。ダンスし終えると、ヘルストレーナーが「あと15回」って告げるときのような、すべてを出し尽くしたかのような感じです。

Did anyone get hurt?
だれか怪我をしましたか?

Jessica: Some have pain-relieving patches on. Whenever I dance, my right arm cracks. There are members who say their necks hurt from the head banging, too.
ジェシカ:痛み止めのシップをしています。ダンスするたびに右腕を痛めます。ヘッドバンギングで首を痛めると言うメンバーもいます。

It’s been a while since you’ve had group activities. I expect it to be a new feeling.
久しぶりのグループ活動です。新たなフィーリングを期待しています。

Seohyun: Even though we do activities separately, we’re always together. We were always together at SMTOWN or Girls’ Generation performances. We chat through messengers until our batteries die. Fans come to watch us emcee ‘Show! Music Core’, and they seemed hungry for a stage with all nine. We wanted to show them as soon as possible.
ソヒョン:別々に活動していようと、私たちはいつも一緒です。SMTOWNや少女時代の公演で、私たちは常に一緒でした。バッテリーが無くなるまで、私たちはメッセンジャーでチャットします。ファンの方たちは、「Show! Music Core」の司会を見に来てくれて、9人そろってのステージに飢えているようでした。私たちは、出来る限り早くそれをお見せしたかったんです。

Girls’ Generation is now a six-year-old girl group. [How would it be] if we were to look back on the past?
少女時代は、現在6年目となるグループです。過去を振り返ってみると?[どうあったのでしょう]

Seohyun: There were a lot of schedules, and I didn’t know the time was going by because many good things poured in for us. With each changing year, it feels like we’re being born again. There are times when we wonder, ‘Who am I?’, because we’re so busy. I think we had a meaningful six years.
ソヒョン:多くのスケジュールがあって、私たちにたくさんの素敵なことが降り注いできたので、時が過ぎ去ったことを知りませんでした。年が変わる度に、再び生まれ変わるような感じです。あまりに忙しいので、時には「私って?」といぶかしみます。有意義な6年だったと思います。

I think there could be a burden with becoming mature.
成長には負担が伴うと思いますが。

Yuri: Rather than feeling the burden of, ‘We need to be different,’ we have pride in, ‘We’re different.’ Those thoughts also reflect on this album. It’s a performance where we need to stand with that willpower. Promoting a difficult song became a time for us to come together. We think that we’re still growing.
ユリ:「独創的であらなくては」と負担に感じるよりも、「独創的であること」に誇りを感じています。その想いは、今度のアルバムにも反映されました。そのパフォーマンスは、英気を必要とします。難しい歌のプロモートは、私たちが一体となるひと時となりました。私たちは、まだ成長過程です。

When was the most difficult time for you?
もっとも困難な時期はいつでしたか?

Tiffany: It was most difficult four years ago, when the release of ‘Dancing Queen’ was postponed. At the moment, there were a lot of girl groups, and we thought, ‘Let’s mark a spot for ourselves with this song.’ With a gap forming, once the anticipation for what we’ve prepared thus far disappeared, we were confused. I think we got hurt a lot at a young age. That time, it made me think, ‘There’s no one but my members.’ Sooyoung: Internally, there’s always a crisis. Should I say it’s like walking on a thin sheet of ice? (laughs) Now, I think of them all as family. All problems get solved amongst us. Even if we fight, everything is worked out all of a sudden. Communication is the secret. Our chats that seem useless in ordinary life actually help a lot. We’ve known each other for nine to thirteen years. Our members are now like family.
ティファニー:「Dancing Queen」のリリースが延期された4年前が一番大変でした。その当時、沢山のガールグループがあって、「この歌で私たち自身を印象付けよう」と思ったんです。欠落が生じ、それまで準備してきたことへの期待感が消え失せ、私たちは途方にくれました。若いころにたくさん傷ついたと思います。その時、考えさせられました。「メンバー以外誰もいない」って。 スヨン:内面的な危機は常にあります。薄氷を踏むようなものと言うべきでしょうか?(笑)今、私はみんなを家族のように思っています。あらゆる問題が、私たちの中で解決されています。けんかしたところで、すべてがいきなり丸く収まります。コミュニケーションが秘訣です。私たちのおしゃべりは、普通に生活するうえでは不必要に見えながらも、実際には大いに役立っています。私たちは、9歳から13歳までのお互いを知っています。メンバーは、いまや家族のようなものです。

How do you spend leisure time?
余暇はどのように過ごしていますか?

Tiffany: We live with the enjoyment of eating, talking, and playing games together. These days, the popular game ‘Anipang’ is popular amongst our members, too. Yoona: We live separately, so my room isn’t even at the dorm now, but I stop by the dorm when I have free time. Delivery food is a guilty pleasure. These days, delivery people bring paper to get autographed when we order something.
ティファニー:私たちは、食べて、話して、一緒にゲームするのを楽しみながら過ごしています。最近では、人気ゲーム「Anipang」が、私たちメンバー内でも好評です。 ユナ:私たちは別々に暮らしていて、私は今寮に部屋がありませんけど、時間があれば寮に立ち寄ります。デリバリーフードは、うしろめたい楽しみです。この頃は、私たちが注文すると、配達する人がサインをもらうために色紙を持ってくるんです。

(translator’s note: speaking on the topic of PSY and his international success) Jessica: As the concept itself is so different, it’s difficult to compare them. It feels like he [PSY] has opened up many roads, so we’re thankful, and I feel pride just as a Korean person. We do the ‘horse dance’ a lot, too. We’re also thankful for the fact that a song in Korean became this famous. He’s opened up the possibility for us to advance [into the US]. It’s to the point where we worry if his health is all right.
(翻訳者注:PSYの話題と、彼の国際的成功について話している)
ジェシカ:コンセプトが大きく異なっていますから、比較することは難しいです。彼[PSY]は多くの道を切り開いたように思いますし、そのことに私たちは感謝するとともに、韓国民として誇りを感じます。「horse dance」もたくさんしますよ。私たちは、韓国の歌がこのように有名になった事実にも感謝しています。彼は、私たちの[アメリカへ進出する]道の可能性を開きました。彼が健康状態だけが心配です。

MBC-I-Got-A-Boy-.jpg


Girls’ Generation, who has come back with “I Got A Boy”, smiled brightly while saying, “It’s the best when all nine are together.” Seohyun said, “When there are nine, even if you are tired, you forget you’re tired.”
「I Got A Boy」とともに戻ってきた少女時代は、明るく微笑みながら言った。
「9人一緒なのが一番」
ソヒョンが言った。
「たとえ疲れていたとしても、9人いれば疲れを忘れるんです」

Tiffany also stated, “It feels complete. You gain the confidence that, even if one person is lacking, another member will fill that, and we could also learn what we’re lacking in from another member. All nine are needed. While on hiatus, we felt that all nine being together is a really precious thing. Our life is forever Girls’ Generation. No matter what happens, we want to show that Girls’ Generation is always one.”
ティファニーもまた言及した。
「満たされている感じ。一人が欠けているとしても他のメンバーがそれを補って、そしてまた、別のメンバーから不足しているものを学びとることが出来るという確信を得ます。9人じゃなければいけないんです。空白の間、私たちは9人一緒であることこそが本当に大切な事だと感じました。私たちの人生は、永久に少女時代。何が起ころうと、少女時代は常に一体です。」

Taeyeon delivered hope by saying, “Even if time passes in the name Girls’ Generation, we want to show that it flows through naturally.”
テヨンは希望を告げた。
「時が少女時代の名を流れ去ったとしても、私たちは自然のままでありたいです」


A_v3q8_CYAAhg_6.jpg


We listened to Girls’ Generation’s future plans for the next one, five, and ten years.
私たちは、少女時代の1年後5年後10年後における今後の計画を聞かせてもらいました。

Taeyeon: As the years pass, I think my thirst for music grows. Would it be like the passion for wanting to do it? I’m not satisfied with just music programs. I want to try more concerts. So my goal is to gain energy from my fans and for me to let them listen to my music more.
テヨン:年を経るにつれ、音楽に対する渇望が増すと思います。それを成すことへの情熱のようなものでしょうか?音楽番組だけじゃ満足できません。私は、もっとコンサートがしたい。なので、私の目標は、私の音楽をもっと聞いてもらうために、ファンの方たちからエネルギーをもらうことです。

Yuri: I want to become a creative person in many aspects. I want to become a person who can express singing, performances, acting, and even social issues through my own creations. Is it because there isn’t anything I’m distinctly good at? (laughs)
ユリ:私は、多くの面でクリエイティブになりたい。自分自身が創り上げる作品を通じて、歌や、公演や、演技や、社会問題ですら表現できる存在になりたい。それって、私に明らかな得意分野がないからかな?(笑)

Seohyun: It was really fun writing the lyrics in this album. I want to try writing more songs. Because the unnies are being good [role] models, I also want to be active in areas of acting, musicals, and emceeing. I want to diligently attempt them, one by one.
ソヒョン:このアルバムの歌詞を書くのはとっても楽しかった。もっとたくさんの曲をかいてみたいです。オンニ達が良き[役柄の]手本ですから

Tiffany: As I keep doing it, I have the most thoughts on music. Also, acting has its charms in terms of showing a different side of me. I’m looking at not only at Korean works, but also English scripts a lot. I don’t know how my first start will come about, but the day when I greet people as an actress is not far off. Look forward to it.
ティファニー:音楽のことをいつだって一番に考え続けています。それと、演技することは、私の異なる一面を見出す魅力があります。韓国の作品だけじゃなく、英語の台本もたくさん見ています。どんな形で始まるのかは分かりませんが、女優としてみなさんに触れる日は遠くありません。その日を楽しみにしています。

Sooyoung: The celebrity news program I’m hosting now is very fun. When I get older, gain more things to talk about, and gain more experience, wouldn’t the things I can solve become abundant? When that time comes, I want to try to have a talk show under my name.
スヨン:私が今司会している、有名人のニュース番組はとっても楽しいんです。歳を重ねて、より多くの事柄を話し合って、より多くの経験を積んだ時、私は深遠になって物事を解決できると思いません?その時が来たら、私の名においてトークショーをしてみたいです。

Yoona: I started acting at a good position, but it was thanks to the ‘Girls’ Generation’ title. I want to carry out my duties for Girls’ Generation’s activities, and I also have greed for various roles in acting. I also have thoughts of taking off the image of Girls’ Generation’s Yoona when acting. Like a leading actress who plays a tragic role… However, when I think of it another way, I want to do things now that I won’t be able to do well later.
ユナ:私は恵まれた環境で演技を始めましたが、それは少女時代の肩書のおかげです。少女時代の活動としての務めも果たしたいし、演技における様々な役柄についての欲求もあります。演技において、少女時代のユナとしてのイメージを脱却したいとの思いもあります。悲劇の役を演じる主演女優のような…。どんな形であれ、別の歩みを考えるとき、今じゃなきゃ上手に出来ないようなことをしたい。

Jessica: I’ve always lived like flowing water, and I’m the type of person who doesn’t have impractical greed or obsessions. If there are good opportunities and it’s destiny, wouldn’t I be able to do musicals like I’m doing now and do things overseas? Like I did when I was a trainee, I’m studying a lot with the attitude to learn.
ジェシカ:私は常に、流れる水のように生きてきましたし、実現出来ない望みや幻想に捉われないタイプです。いい機会があって、それが運命だとするならば、今しているようなミュージカルや何かを海外でもできるんじゃありません?訓練生だった時のように、私は学びの姿勢でたくさん勉強しています。

Hyoyeon: I feel that I haven’t been able to show all of me on stage yet. Whether it’s a unit or any shape or form, there are a lot of things I want to show on stage, and there are a lot of things I want to sing.
ヒョヨン:私は未だにステージの上で私の全てを表現できていないと感じています。ユニットやその他いかなる形であれ、ステージ上で表現したいことがたくさんありますし、歌いたいこともたくさんあります。

Sunny: While it’s good to attempt new things, I want to do better in what I’m doing now. Emceeing, variety shows, acting, musicals, and other activities aren’t important, but the role is. It’s important whether I fit that role, and if it feels like the clothes don’t fit, I think it’s only right to turn it down.
サニー:新たな試みはいいことですけど、私は今していることをもっと上手になりたい。司会、バラエティ番組、演技、ミュージカル、及びその他、活動は重要ではありませんけど、役割は重要です。私に合う役割なのかが大切で、仮に服が合わないかのように感じるなら、私は断ることこそが正しいと思います。

group-11.jpg


Talking about their “Dancing Queen” music video, Tiffany said, “I wanted to put more makeup on her. (laughs) I think we made people feel that we’ve matured. When fans, who’ve watched us since we were young, see us, I think they could be happy with us.”
彼女たちのミュージックビデオ「Dancing Queen」についての話でティファニーが言った。
「もっと化粧しなきゃって思いました。(笑)私たちが大人になったことを、みなさんに感じ取ってもらえたと思います。私たちが若いことから見守ってくれていたファンの方たちは、私たちを見て、私たちと一緒に幸せになったと思います」

Sooyoung stated, “We were really young.”
スヨンが言った。
「私たちはほんとうに若かった」

Jessica added, “The performance in general was awkward.”
ジェシカが付け加えた。
「パフォーマンスのほとんどが、きごちなかったですね」

On comments that “Girls’ Generation has changed and is sometimes arrogant”, Sooyoung stated, “I think a person becoming familiar is a scary thing. The broadcast station feels like home, and it’s true that we get more relaxed. There are times when people mistake a facial expression, made from either being hungry or from something bad happening, and call it being ‘arrogant’. Also, if one member is in a good mood and greets someone well, and another doesn’t see that other person and passes them by, we hear comments that some member is not courteous.”
「少女時代は変わって、時には横柄だ」とのコメントに、スヨンが言った。
「気兼ねしないのは怖いものです。放送局を自宅のように感じ、私たちがよりリラックス出来るのは確かです。空腹のときや何か良くない事が起きた時、表情を誤解して『うぬぼれている』と呼ばれたりします。そしてまた、あるメンバーが機嫌が良くて誰かに親しくあいさつし、別のメンバーが見向きもせずに通り過ぎたなら、私たちは一部のメンバーが礼儀正しくないとのコメントを耳にします」

Tiffany stated, “While preparing for the comeback show, we barely slept for a week, starting on Christmas day. Honestly, that’s something that nobody knows. We need to pay extra attention then, and it’s clear that I think about what my facial expression is [at that moment]. Especially since we’ve started activities, I think it’s something we need to pay attention to.”
ティファニーが言った。
「カムバックショーに向けた準備の間、クリスマスから1週間ほとんど眠りませんでした。でもそんなことは誰も知りません。私たちは、そんな時には特に注意を払って、[その瞬間]どんな表情をしているかしっかりと考える必要があります。活動を始めてからはなおさら、注意深くあるべきだと思います」

When asked if it feels like it’s been six years since they’ve debuted, Jessica replied, “When we went to the broadcast station, the only seniors were Baek Jiyoung and Jea. When there are people I don’t really know or when we get greeted by those people [first], I realize, ‘We’ve become seniors’.”
彼女たちがデビューして6年、どのように感じているか尋ねるとジェシカが答えた。
「私たちが放送局に行った時、Baek JiyounさんとJeaさんだけが唯一の先輩でした。まったく知らない人たちがいるときや、[初めて]その人たちに挨拶されたとき、『私たちは古参になったんだなぁ』って気づきます」

However, they explained that they still get nervous when standing on stage. Tiffany revealed, “When we had our first broadcast, it feels like we still get nervous. When we’re showing our performance on stage for the first time, we get even more nervous, and thoughts of wanting to do better makes me feel rushed and nervous.”
とは言え、彼女たちはステージに立つと未だに緊張することを明らかにした。ティファニーが言った。
「私たちが最初の放送をしたとき、あがりっぱなしだったような感じです。初回のステージ公演披露では、私たちはもっと緊張して、上手にしたいという思いが、あせりと不安をもたらすんです」

712193197.jpg


(translator’s note: asked what each member’s definition of “happiness” is)
(翻訳者注:「幸せ」の各メンバーの定義を尋ねられて)

Hyoyeon: Happiness to me is still the stage. I want to show more sides of me on stage. Personally, there are still a lot of things I haven’t been able to show on stage yet. I want to show dancing and singing and other sides of me after that.
ヒョヨン:私にとっての幸せは、なんと言ってもステージです。私はステージで自分のいろいろな一面を見せたい。個人的には、未だステージで表現しきれていないことが、まだまだたくさんあります。私は、ダンスと歌とその他の一面を表現したい。

Yoona: Getting time to improve yourself: I think that time is happiness. As of late, I’ve been thinking that it would be nice to have a hobby that I could keenly enjoy. When I want to learn something, I hope I could do it whenever I have time and that I would get happy and relaxed while doing it.
ユナ:自分自身を向上させるための時間の獲得:それが幸せだと思います。最近、私は夢中になって楽しめる趣味を持つことが、素敵だなって思っています。何かを学びたいとき、いつだってそれが出来る時間があって、それをしているときには、幸せでリラックスできたらいいですね。

Yuri: I’m the type of person who finds different happiness when I’m working and when I’m not. If the days I have schedules and the days I rest don’t balance, it gets tiring. Being able to find happiness in work and getting a good rest when resting is happiness.
ユリ:私は、仕事中でもそうでなくても、いろんな幸せを見いだすタイプです。スケジュールのある日、そして休みの日、そのバランスが取れていないとしたら疲れてしまいます。仕事に幸せを見つけることが出来て、休暇中にしっかり休息出来ること、それが幸せです。

Sooyoung: I’m similar to Yuri, but I want to find as much composure as I’ve worked. I’ve been thinking a lot about wanting to graduate  recently. Wanting to be met with a good drama, after one ended, when I’ve got a good grasp on it [acting], is great, too.
スヨン:私はユリと似ていますけど、働いたと同じだけたくさんの安らぎを見つけたい。最近、無事に卒業することについて、いろいろ考えていました。一つが終わり、それ[演技]をしっかりと理解し、そして望んでいた素敵なドラマに出会うことは、あまりにも素晴らしいです。

Tiffany: There are a lot of things I want to do. Whether it’s music or acting, and whether I am to go and be active in the U.S., I’m the type of person who finds happiness in work. Also, I don’t think individual activities are for one’s own gain. Through your individual self, wouldn’t it mean that Girls’ Generation does better, too? Also, the team has to do well for the individual to be happy.
ティファニー:私がしたいことはたくさんあります。それは音楽や演技であって、アメリカで活動することになっているかどうかにかかわらず、仕事に幸せを見つけるタイプです。また、私は、個々の活動がその人自身の向上のためだとは思いません。それって、一個人そのものを通じて、少女時代がよりよくなる事もまた意味すると思いません?そして、チームは個人が幸せになるために向上しなくてはなりません。

Seohyun: I’m happy nowadays. I think I’ve gotten a grasp of how to enjoy myself. I’m happy working, and it’s the same when resting. I’m really happy doing music. I want to try composing and more things with music. I want to try acting, as well as musicals. I want to slowly do things that my unnies have done. I think life is long.
ソヒョン:この頃、私は幸せなんです。自分自身の楽しみかたを手にしたと思います。仕事していて幸せですし、休んでいても同様です。音楽をすることが本当に幸せ。音楽を創り上げたり、もっといろんなことを試してみたいです。ミュージカルはもちろん、演技にも挑戦してみたい。オンニたちがしたことを、ゆっくりとしてみたいんです。人生は長いんですから。

Taeyeon: I think I’m happiest working in music and singing. While it’s good to be relaxed, I wish there was an opportunity for us to repay those who watched over our comeback. I wish we could have a concert. I want Girls’ Generation to have a year-end concert like other singers.
テヨン:私は、音楽の仕事をして歌っていることが一番の幸せだと思います。くつろぐことも大切とは言え、私たちのカムバックを見守ってくれた方たちにお返しするための機会があって欲しいです。コンサートができたらいいですね。他のシンガーたちのように、少女時代も年末コンサートを開催したいです。

Jessica: While I’m happy doing activities with Girls’ Generation, I also think a lot about wanting to go to school. I want to try attending school in the U.S. I want to experience campus life, and, personally, hope there’s a lot of learning. Because we worked for over six years, there wasn’t enough time to study properly.
ジェシカ:少女時代の活動に幸せを感じる一方、学校へ行くことについてもいろいろ考えています。私は、アメリカの学校に通ってみたいですし、キャンパスライフも経験したいですし、個人的に、多くの学びがあることを望んでいます。6年以上働きづめでしたから、きちんと勉強する時間が十分にありませんでした。

Sunny: Honestly, we don’t have a lot of time to spare, so I couldn’t think of anything in detail, but I feel happiest when doing creative or original work. I want to try working where I’m leading. I want to study more. I think the greatest happiness right now is playing the role in Girls’ Generation well.
サニー:率直に言って、私たちには時間的余裕が多くありませんから、私は具体的にあれこれ考えることが出来ませんでした。でも、創造的であったり独創的な仕事をしているときに、一番の幸せを感じます。私が率先出来る所で働いてみたい。もっと勉強もしたい。現時点での一番の幸せは、少女時代としての務めを上手に果たしていることです。

Soshi1.jpg


It’s been a while since you made a comeback with the name Girls’ Generation.
少女時代としてのカムバックは久々です。

Yoona: We prepared a lot for this album in particular, and it’s a new appearance, so we’re looking forward to the responses even more. We want to hurry and show everyone. It feels like time has gone by quickly, but it’s nice to see everyone like this.
ユナ:私たちは、とりわけこのアルバムに向けていっぱい準備して、そしてそれは新しい趣向ですから、よりいっそう反応が楽しみなんです。早くみんなに披露したい。あっという間だった気がしますけど、こんなふうにみんなと会うことができて嬉しいです。

Seohyun: We wanted to show people how we’ve grown musically. We wanted to do something new for the title song, so we gave it our utmost attention.
スヨン:私たちがどんなふうに音楽的に成長してきたかをお見せしたかった。タイトル曲に向けて、何か新しいことをしてみたかったので、最新の注意を払いました。     

You’re a group that’s composed of nine girls. There are bound to be conflicts then. Being able to overcome these conflicts is a very important aspect for a group to be able to have a long run.
あなたたちは9人で構成されたグループです。ならば衝突があるに違いありません。グループが長期にわたって存続するには、それを克服することがとても重要な側面です。

Jessica: Whenever we get together, we chat away. Even when we aren’t together, we chat via messengers and things like it. We talk about what each of us is doing at the moment and also about sending one another selcas.
ジェシカ:私たちが集まるたびに、絶え間なくおしゃべりします。一緒じゃないときでも、私たちはメッセンジャーやそんな類のものを通じてチャットします。お互いに今何してるのか話して、お互いにセルカを送りあいます。
Yuri: We always make time and talk a lot, and we are all close without any bias. These days, we talk a lot about our latest album and performances, and we talk a lot about yummy foods. (laughs)
ユリ:私たちはいつだって時間を作って、たくさん話し合いますし、なんら偏見なく親密です。この頃、私たちは最新アルバムと公演についてたくさん話をしていますし、おいしい食べ物についてもいっぱい語り合います。(笑)

I think the expectations that hang from the name ‘Girls’ Generation’ are very high. I wonder how these expectations affect you.
私は、少女時代の名前に掛かる期待がとても高いと思います。これらの期待は、あなたたちにどのような影響を与えるものなのでしょう。

Hyoyeon: For each of our new albums, we think a lot about wanting to hurry and show it. Because it means people are anticipating us a lot, it is a good stimulant too. Of course, it’s really burdensome, and we worry a lot right before an album release, but it’s still a grateful thing that people have expectations for us.
ヒョヨン:私たちの新しいアルバムそれぞれに対して、早く見せたくていろいろな事について考えます。それは人々の私たちへの多くの期待感を意味するもので、いい刺激でもあります。もちろん、それは本当に重荷ですし、リリース直前にはとても不安になります。でも、人々の私たちに対する期待感は、今なお感謝すべき事柄です。

Sunny: This time, I think we showed outfits and a performance that were different from what we’ve shown thus far. But there are people who have said us dressing in sporty attire and dancing powerfully was sexier. That was unexpected, and we were thankful.
サニー:今回、私たちがこれまで見せてきたものとは違った、衣装やパフォーマンスを示したと思います。でも、私たちのスポーティーな服を着たパワフルなダンスが、セクシーだと言う人もいます。それは予想外で、私たちは感謝しています。

Sooyoung: Because in the past we had put emphasis on exposing our legs, we wanted to give a twist to people’s predictions that we would probably do the same thing. We intentionally tried to avoid sexy and aggressive things. When you look at our stage outfits, it looks more like we’ve bundled up [compared to past outfits].
スヨン:過去私たちは、足の露出に重点を置いていましたから、おそらく同じ事をするだろうという人々の予測に、捻りを与えたかったんです。私たちは意図的に、セクシーで挑発的な事を避けようとしました。私たちのステージ衣装を見たら、[過去の衣装と比べて]より着込んでいるように見えます。

There are a lot of things that have been achieved under the name “Girls’ Generation”. When asked what they wanted to do in the future, they said their hope is to have a “long run”. Jessica said, “I wish we would be able to go on with the name ‘Girls’ Generation’ for more than ten years. I think that’s the most difficult thing. We received this question not too long ago as well, and we want to show the strengths of each member. I think Girls’ Generation becomes even greater when the brand power of each individual comes together. I think doing well individually in the future will be good for the team. I also wish that everyone does well in each area they attempt.”
「少女時代」の名において成し遂げられた多くの事がある。今後何をしてみたいか尋ねられたとき、彼女たちは、「ロングラン」と希望を話した。ジェシカが言った。
「10年を超えて、『少女時代』の名が存続し続けることを願っています。それが一番困難なことだと思います。私たちはそれほど遠くない昔この質問を受け、そして、メンバーそれぞれの強さを示したいと思います。個々人それそれのブランド力が結集するとき、少女時代はよりいっそう大きくなるでしょう。将来において個々に順調であることが、チームにとっていい事だと思います。そして、みんなが、試みるそれぞれの分野において成功することを願っています」

There is also a dream for U.S. promotions. Girls’ Generation also promoted in the U.S. before PSY’s blinding activities last year.
アメリカプロモーションに向けた夢もある。昨年のPSYの輝かしい活動の前に、少女時代はアメリカでプロモーションしている。

Yoona: Who was first is not important, but I think that informing people about Korean music holds greater meaning. I think we’ve gained more opportunities thanks to PSY.
ユナ:誰が最初なのかは重要じゃありませんけど、韓国の音楽を人々に知らせることは、重要な意味を持つと思います。私はPSYのおかげで、私たちがより多くの機会を得たと思います。

Tiffany: No matter where you go in the world, there isn’t another group composed of nine girls. I think that diversity is one of our strongest points. Whether it’s the music or the performance, we want to place variety as our strong point.
ティファニー:世界中のどこにも、9人の女の子で構成されたグループはありません。私は、多様性が私たちの最大のポイントの一つだと思います。音楽であれパフォーマンスであれ、私たちは私たちの長所として、多様性を置きたいと思います。

They delivered their words of hope to have a good year.
彼女たちは良き年を願って、彼女たちの言葉を伝えた。

“We hope [people] gain strength during the beginning of the year listening to our cheerful-sounding song!!!”
「年の始まりにあたって、私たちの陽気な響きの歌を聞いて、[みんな]力がつきますように!!!」

group-13.jpg


Sooyoung: When I first heard it, it didn’t hit me as to what kind of song it was. It felt like I was dreaming.
スヨン:それを初めて聞いたとき、それがどんな歌なのか私に訴えるものはありませんでした。夢を見ているような感じだったんです。

Tiffany: No matter how many times I listened to it, there wasn’t any memorable part. Like the lyrics, there was a ‘menboong’ (translator’s note: mental breakdown).
ティファニー:それを何度聞いても、記憶に残る部分がありませんでした。歌詞みたいに、「Menboong」(翻訳者注:神経衰弱)だったんです。

Still, they put emphasis on the positive sides of their title song. The lyrics in “I Got A Boy” consist of girl talk. Tiffany stated, “I think women will sympathize with it a lot. We also talk a lot in real life.”
とは言え、彼女たちはタイトルソングのポジティブな一面を強調した。「I Got A Boy」の歌詞は、少女たちの話で構成される。ティファニーが言った。
「女性がとても共感すると思います。私たちは実生活でもたくさん話をするんです」

When asked what they usually talk about, Yuri explained, “We talk about things from what we ate to personal secrets, and guys, family, work… There’s no end to it. We expressed how we chat through the lyrics, melody, and choregraphy.”
彼女たちは普段どんなことを話しているのか尋ねられると、ユナが明らかにした。
「私たちは、食べたものから個人的秘密、みんな、家族、仕事…、いろんなことについて話します。それに終わりはありません。私たちは歌詞、メロディー、そして振り付けを通じて、どんな風におしゃべりしているか表現しました」

Soon, they started competitively talking about their ideal types.
間もなく、彼女たちは理想像について争うように話し始めた。

Seohyun: A person who has clear ideas and goals, and pretty eyes. Hyoyeon: A person who is enthusiastic, whether it’s for work or love. Sooyoung: Because I’m passive, a person who can love me actively. Yoona: A person who loves me, but displays their fighting spirit and passion.
ソヒョン:しっかりした考えと目標があって、きれいな目をしている人。 ヒョヨン:仕事であれ愛であれ、熱心な人。 スヨン:私は受け身だから、熱烈に私を愛してくれる人。 ユナ:私を愛してて、そして闘志と情熱を示す人。

When I commented that they seemed to choose an “enthusiastic/aggressive” person in particular a lot, they all agreed: “There’s almost never a case where the guy approaches us first. They all consider Girls’ Generation as ‘difficult’. Please, approach us a bit more aggressively.”
私が彼女たちに「熱心/積極的」な人物が、とりわけ多く選ばれているように思えると発言すると、彼女たちは同意した。
「初めから男性が私たちにアプローチするケースは、ほとんどありません。彼らはみんな、少女時代は「難攻不落」だとみなすんです。もう少し積極的に私たちにアプローチしてください」


Sources: mydaily 1, MLBPARK, Sports Seoul 1, mydaily 2, hankooki.com, XSPORTSNEWS 1, sports.khan.co.kr, munhwa.com, XSPORTSNEWS 2, JOINSmsn, NAVER, Sports Seoul 2, MBN, Daum, SBS, hani.co.kr Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: moonrise31@soshified, taengsoshi@soshified, bhost909@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~SM Evrysingインタビュー(前編) 

みなさんこんにちは。
前回の記事が1月2日ですから
およそ10日ぶりの記事投稿となります。

相変わらず私は毎日が
「2011 Girls' Generation Tour」で
見るたびに感動しまくりの日々を送っています。

ユナペンの方達にはお叱りを受けるかもしれませんが
このDVDを見て
初めて彼女の魅力に気づきました。

語り始めると長くなりますから
その事実だけお伝えする事とさせていただきますが
このDVDは彼女の魅力が満載ですね。

あいからわず
私にとっての一番はジェシカさんですけど
こうして他メンバーの新たな魅力に気づく事で
私のSONE度もランクアップしてきているのかもしれません。(笑)


さて、
今回ご紹介するのは
SM EvrysingにおけるSNSDインタビュー。

すべてがそこで行われたものなのかどうかは不明ですが
さすが年初のインタビュー記事だけあってとてつもなく長い!

なので変則的ではありますが
前編と後編に分けてのお届けとなります。


ソースはいつものごとくSoshifiedなんですが
実はまた新たにインタビュー記事が投稿されておりまして
嬉しい悲鳴を上げているところです。

まずは後編のご紹介をしてから
次のインタビューのご紹介となってしまいますし

最近
英語の表現に入り込むのが楽しくて仕方が無いものですから、
以前であれば一気に翻訳してお届けするところ
やはり一週間程度の猶予をいただきたいなと。


もともと活字中毒ではありますが
多少なりとも理解できるようになってくると
他国語であってもその表現の素晴らしさに感激を覚えはじめまして
「英語の詩集なんかも読んでみようかな」
なんて色気づいたりしております。ヾ( ̄o ̄;ヾ)ォィォィ


またまた話が脱線してしまいました。m(__)m

今回のインタビューは
どちらかというと軽めの印象が強いかもしれません。
とは言え
そこはやはりSNSDインタビューだけあって
SONEにとっては宝石ともいえる言葉の数々が散りばめられています。

前編と言うことで
ちょうど半分くらいまでで一くくりとしましたが
偶然にも?
最後の最後にユリさんが語っている言葉
これがとても素晴らしいのですよ。

新曲
「I Got A Boy」が
いろいろと論議を呼んでいるようですが
このユリさんの言葉を目にしたならば
生半可な気持ちで批判は出来なくなるでしょう。

まぁ
SONEに批判する人たちがいるとも思えませんが
ユリさんの発言意外にも
他メンバーがいろいろとその辺に触れていますので
是非ともじっくりとインタビューに入り込んでみてください。

大半の方達は明日も休日のはず。
(私は仕事ですが・・・・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・)
休日を有効利用しましょう。(^。^)v


さてさて
またまた前置きが長くなり
しかも愚痴?までこぼしてしまいましたね。
ハンセィ○| ̄|_三_| ̄|○ハンセィ

それでは
SNSDのインタビュー
ごゆっくりお楽しみください。(^o^)/~~~


Girls’ Generation Interviewed at SM Everysing
少女時代がSM Everysingでインタビュー

group.jpg


Girls’ Generation sat down for interviews with various news organizations. While they talked for a long time, they revealed a lot of interesting things about themselves.
少女時代は、様々な報道機関のインタビューに応じた。長時間に渡り、彼女たちは自分自身について多くの興味深い事柄を明らかにしている。

Girl group Girls’ Generation expressed their feelings about the late release of “Dancing Queen” and its music video, made in 2008, noting that they “honestly didn’t like it”.
ガールグループ少女時代は、2008年に制作され先頃開された「Dancing Qeen」のミュージックビデオについて想いを顕わにした。
「本当のところ、好ましくは無いんです」

On January 8th, during an interview at SM Everysing in Gangnam-gu, Seoul regarding their comeback, Taeyeon commented on the revealing of the “Dancing Queen” music video ? made four years ago ? by stating, “I wonder why they had to reveal that.”
1月8日、ソウル江南区内のSM Everysingでのカムバックインタビュー内で、テヨンは4年前に制作された「Dancing Queen」の公開について語った。
「どうして公開しなくてはならないのか分かりません」

When Tiffany first got word of SM Entertainment’s plans of revealing “Dancing Queen”, she said, “I wondered why they are doing this to us. It was filmed around the same time as ‘Gee’, and there wasn’t much difference between the outfits or styles. I thought you could just watch ‘Gee’.”
ティファニーが、SM Entertainmentの「Dncing Queen」公開プランを初めて耳にしたときのことを語った。
「どうしてそんなことをするんだろうって不思議でした。それは『Gee』と同時期に撮影されて、衣装にもスタイルにも大きな違いはありません。まさに『Gee』を目にするようなものなのにと思いました」

Seohyun stated, “I could see our young selves. It’s definitely a cuter feel. At the time, I was in my second year of high school. When you look at the dancing, in particular, you can see we were trying really hard, rather than enjoying it. When you compare ‘I Got A Boy’ and ‘Dancing Queen’, the former looks like we’re enjoying it, but the latter has a stronger image of us trying to dance well.”
ソヒョンも思いを伝えた。
「若かりし私たちを見ることができました。とっても可愛らしい感じです。当時、私は高校2年でした。踊りを見てみると、それを楽しんでいると言うよりは必死って感じが伝わってきます。『I Got A Boy』と『Gee』を見比べるなら、前者は楽しんでいるようで、後者は上手に踊ろうって強く意識していますね」

Taeyeon stated, “I could see that we really didn’t wear a lot of makeup then.” She sighed and said, “Still, you will be able to make a clear comparison with our current, matured images. At that time, we paid attention to one strand of hair and thought that being fixed up made you look pretty. But now, lacking about 2% with a disheveled appearance is more natural and pretty. Seeing how it compared, I thought it was also a good thing that it was revealed.”
テヨンは、ため息混じりに語った。
「ほとんどスッピンですね」 「でも、今の大人びたイメージの私たちとしっかり見比べることができます。あの頃は、髪の一房にまで注意を払ってまとめ上げる事が、可愛らしく見えると思っていました。でも今は、2%くらい乱れた感じがより自然で可愛らしい。こうして比べてみる事でそれが明らかになったのは良かったと思います」

Through this comeback, Girls’ Generation took off the fresh image from “Dancing Queen” and is showing a much more mature side. While the general public’s response is radical, the girls have been pulling off powerful dances for their hip-hop title song, “I Got A Boy”. Girls’ Generation attempting this bold change is a new turning point for girl groups.
今回のカムバックを通じて、少女時代は「Dancing Queen」からの新鮮なイメージを脱却し、はるかに大人びた一面を見せている。熱烈な反響の中、彼女たちはヒップホップタイトルソング「I Got A Boy」において、力強いダンスを見事にこなしている。少女時代のこの大いなる変身は、少女グループにとっての新たな転機だ。

When asked how they feel about ending their first week after making a comeback, Sooyoung revealed, “My body itched while resting this whole time, and it felt like all the things I missed, from feeling the morning air during rehearsals and everything about Girls’ Generation, were relieved. It came out just as well as we practiced, so I think we completed it well.”
カムバック最初の週を終えて、どのように感じているか尋ねると、スヨンが明らかにした。
「休息の間中、体がうずうずし、それは全てを失ってしまったかのようで、朝の空気やリハーサルの最中、そしてあらゆることに少女時代を感じることで安らぎました。練習と同じように出来ましたから、上手くやり遂げられたと思います」

On the other hand, Yuri stated, “The broadcast station was considerate and gave Girls’ Generation an unconventional comeback show. It felt good being able to have a flashy and fun start. We started our activities again for the first time in a year and two months, and it really makes me nervous and happy like when we first debuted.”
一方で、ユリが語った。
「放送局は思いやりがあって、少女時代に型破りなカムバックショーを提供してくれました。華々しく楽しいスタートが出来て、いい気持ちでした。私たちは2ヶ月ぶりに今年初の活動を再開し、それって、まさにデビュー当時のような緊張感と幸せを感じさせます」

Hyoyeon expressed her satisfaction by stating, “There is a lot of eye contact amongst the members in this performance; we’ve loosened up a bit, laugh a lot, and each stage feels fun.”
ヒョヨンは満足の意を示した。
「このパフォーマンスでは、メンバーとのアイコンタクトがたくさんあるんです。私たちは少しばかりリラックスして、いっぱい笑って、そしてあらゆるステージを楽しみます」

Since the members were coming together again for the first time in fourteen months, it’s a comeback that increases the value each member has for one another. Seohyun said, “As expected, all nine are needed. While it was fun as Girls’ Generation ? TTS, being able to try music different from that of Girls’ Generation, the energy from Girls’ Generation becoming one again felt different. When nine are standing, the stage gets different. I think there’s a synergy effect when the members all gather together.”
14ヶ月ぶりとなるメンバー揃っての復帰、それはお互いの価値を高めるカムバックだった。ソヒョンが言った。
「やっぱり、9人じゃないと。TTSで、少女時代とは異なる音楽を試みる事ができたのも楽しかったですが、少女時代からのエネルギーとはまた異なった感じでした。9人で立つと、ステージが変貌します。メンバー全員が集う事で、相乗効果が顕れるんだと思います」

Tiffany also added, “Finally, it feels crammed. It feels like a time when we realize that there has to be nine.”
ティファニーが付け加えた。
「つまり、凝縮されている感じ。9人じゃなくちゃって気づく、そんなひと時です」

group-2.jpg


Girls’ Generation has returned. They got a strong start to 2013 after releasing their fourth official album, “I Got A Boy”.
少女時代が戻って来た。彼女たちは4番目となる公式アルバム「I Got A Boy」をリリースし、2013年を力強く開始した。

Girls’ Generation is a hot issue in Korean entertainment. The Internet is also noisy with word about Girls’ Generation. Unexpected dating rumors surfaced, and various controversies have not stopped.
少女時代は、韓国エンターティーメントの熱い話題だ。インターネットにおいても、少女時代に関する言葉で賑わっている。思わぬデートの噂が浮上し、様々な詮索が止む事は無い。

Still, Girls’ Generation is Girls’ Generation. On January 8th, I asked them their thoughts when I met the nine members in person. Even with direct questions, the girls’ replies came about easily. Without even realizing it, it’s already been six years since their debut. This was an interview that makes you realize the endurance of Girls’ Generation, which has grown into a girl group that represents Korea.
それでも、少女時代は少女時代。1月8日、私は個人的に9人のメンバーと会い、彼女たちの思いを尋ねた。単刀直入な質問であっても、彼女たちは気軽に答えた。いつの間にか、彼女たちがデビューして既に6年。今回は、少女時代の存続性を実感するインタビューとなった。彼女たちは韓国を代表する女性グループへと成長した。

Thoughts on comeback?
カムバックについての思いは?
Seohyun: We were longing for a stage where all nine are standing together. We made the fans wait for too long. We decided on our title song after much thought, wondering how we could show [the fans] a new appearance, different from that of our past. Taeyeon: We were burdened, wondering what we would need to show you all. We were happy, because the comeback show was an opportunity to unwrap and show the repertoires members had during the hiatus.
ソヒョン:私たちは、9人で一緒に立つステージを待ち焦がれていました。ファンの方達を、あまりにも長く待たせてしまいました。タイトルソングは、じっくり考えた上で決めたんです。どうしたら[ファンの方達に]新しい表現をお見せできるだろうって。今までの私たちとは違っています。 テヨン:負担でした。皆さんに何を見せるべきなのだろうって悩みました。カムバックショーは、メンバーが活動休止中のレパートリーを紐解き表現する機会となったので、私たちは恵まれています。

The choreography for this song seems difficult.
今回の歌の振り付けは難しく思えます。
Seohyun: Girls’ hip-hop was a first, but I think putting in Girls’ Generation’s own feel was the greatest task. Sooyoung: Because the song is so long, when you sing it all, it feels like you’ve completed a race. If you don’t regulate your pace, it’s to the point where it’s difficult to breathe after one song is over. I was really nervous, but I think I’m gaining a little composure.
ソヒョン:少女時代初のヒップホップとなりますが、少女時代そのものの想いを織り込むのが一番の課題だったと思います。 スヨン:曲がとても長いですから、歌いきるとレースを完走したみたいな感じです。ペース調整が出来ないと、歌い終わった後、呼吸困難になるほどです。すごく緊張しましたが、少しは落ち着いていたと思います。

Jessica was criticized for not doing the head banging part of the choreography well.
ジェシカは、振り付けのヘッドバンギングをしっかりやっていないとして非難されました。
Jessica: I will spin my head to the point where my head will fall off. (laughs) I did spin my head, but I think it just got captured like that.
ジェシカ:私は、頭が落ちた時点で頭を回します。(笑)私は頭を回しましたけど、そんな風に見える瞬間を撮られたんだと思います。

As soon as we entered 2013, there have been a lot of incidents and mishaps. Have you worried at all that Girls’ Generation’s comeback would be buried in all this?
2013年に入るや否や、数々の事故や災難がありました。少女時代のカムバックが、そんなあれこれに隠れてしまうのではと心配しませんでしたか?
Taeyeon: Wouldn’t we bury those incidents? Tiffany: Because we delayed releasing teaser videos after the release of ‘Dancing Queen’ late last year, fans were waiting a lot. Because the fans gave us such a great response, I didn’t know [of the other incidents].
テヨン:私たちがそんな出来事を覆い隠しませんか? ティファニー:昨年末「Dancing Queen」リリースの後、ティザー映像を公開するのが遅れたので、ファンの皆さんは待ち焦がれていました。なので、ファンの方達の反響が大きくて、私は[他の出来事を]知りませんでした。

Sooyoung also got swept into a dating rumor with Wonbin.
スヨンのWonbinとのデートの噂も流れました。
Sooyoung: I didn’t do anything……but I got hurt a lot. Tiffany: It felt like we’d be jealous of Sooyoung at first, because it was with a top star. But Sooyoung always dreams of a pretty wedding. Dating rumors with someone we’ve never met before isn’t right. I heard the start was from a picture of Wonbin swimming. So I was even more upset.
スヨン:私はなんにもしていません……なのにとっても傷つきました。 ティファニー:最初はスヨンに嫉妬したんです。彼はトップスターですから。でも、スヨンはいつも素敵な結婚を夢見ています。これまで会った事の無い誰かとのデートの噂は間違っています。きっかけはWonbinの水泳写真からだと聞いています。なのでさらに動揺しました。

What are your plans for the future? Fans seemed to wish for a solo concert in Korea or a radio show with just the members.
今後の予定は?ファンは韓国でのソロコンサートやメンバーだけのラジオ番組を期待しているようですが。
Tiffany: The most enjoyable thing is Girls’ Generation’s solo concert. We’re preparing for it. We really want to do it before this year ends, and I think we will be able to do it. Yuri: The members also talk about how it sounds like a good idea to do a radio show together. Tiffany: At the past ‘V Concert’, we did a viewable radio-like thing, and it was really fun. It’s even better when it’s just us doing it together. Girls’ Generation’s radio: I wish we’d get to do it if given the opportunity.
ティファニー:一番の楽しみは、少女時代のソロコンサート。それに向けて準備中です。年内に実現したいと真剣に望んでいますし、きっと出来ると思います。 ユリ:一緒にラジオ番組するのはいい考えだねって、メンバーも話しています。 ティファニー:かつて「V Concert」で、私たちは見えるラジオみたいな事をして、それが本当に楽しかった。一緒にやるからこそいいんです。少女時代のラジオ:機会をもらえるなら、実現できることを願っています。

group-3.jpg


Since their debut, no Girls’ Generation member has ever confessed to dating, and paparazzi photos of them have never been revealed.
デビュー以来、少女時代のメンバーはデートを認めた事は無く、パパラッチ写真が公開されたことも無い。
When asked, “Isn’t it time for you to date now?”, they said, “Oddly enough, people think of Girls’ Generation as being difficult. You know how girl group members get asked, ‘How many people have you been asked out by?’ on talk shows every know and then? We ask each other, ‘Why are we like this?’ We’re really curious as to the route to get introduced to someone and how you get people’s numbers.” They all laughed after adding, “They also said the world’s baddest woman is a ‘busy woman’.”
「お付き合いする時期では?」と尋ねられたなら、彼女たちは答える。
「おかしなことに、みんな少女時代について、難しく考えています。ご存知の通り、ガールグループメンバーは質問されます。『今まで何人に誘われましたか?』トークショーで必ず、そして?お互いに尋ねあいます。「どうして私たちってこうなの?」私たちは、誰かに紹介してもらうルートや、どうやって電話番号を教えてもらうのかについて、本当に興味があります」
彼女たちは笑って付け加えた。
「世で一番素晴らしき女性は『忙しい女性』とも言われますよね」

The ways Girls’ Generation avoids the loneliness of a “single person” are through their own cell phone or drinking games.
少女時代が「一人身」の寂しさをまぎらわす術は、携帯電話やドリンキングゲームを通じてだ。

When a performance is over, they all head straight to their dorm and create their own bar. As all nine of them are of legal age, they are able to drink. They said this is the same when they travel abroad, as they have where they can’t even freely go out when they are overseas because of the paparazzi.
公演が終わると、彼女たちは全員真っ直ぐ寮に向かい、彼女たちのバーを作り上げる。9人とも成人で、お酒を飲む事が出来る。彼女たちは、パパラッチのおかげで海外でも自由に外出できない立場で、海外遠征のときも同様だと話した。

Sooyoung: Because pictures of us get taken and posted online overseas, we just eat by ourselves. When all our schedules end, we all get together, think of it as a bar, and even drink until morning sometimes. We order late-night snacks, and food is also made at the dorm, too.
スヨン:私たちの写真が撮られて海外のオンラインに投稿されるので、私たちだけで食事します。スケジュールを全てこなすと、私たちは全員一緒になって、そこをバーとみなして、ときには朝まで飲み明かします。夜食を注文して、そしてまた寮で作ったりもします。

Seohyun: The members whose faces remain unchanged are Yoona, Tiffany, and Hyoyeon. The person who drinks the best is Sunny unnie. She even drank Kaoliang (translator’s note: an alcoholic beverage) not too long ago. (laughs)
ソヒョン:顔に出ないメンバーは、ユナ、ティファニー、ヒョヨンです。一番の飲兵衛はサニーオンニ。彼女はこの間、コーリャン(翻訳者注:アルコール飲料)だって飲んじゃいました。(笑)

Hyoyeon: Everyone really gets in the mood, but we don’t drink a lot.
ヒョヨン:みんなご機嫌になりますけど、私たちはそんなには飲みません。

Tiffany: We play a lot of games. We’ve played until 4 AM before.
ティファニー:いっぱいゲームします。午前4時まで遊んだ事もあります。

From about one to two years ago, the girls have not been living together. Because their families have moved into the vicinity of the dorm, each went back to their homes. But, without even realizing it, they naturally go to the dorm and order late-night snacks to eat together.
およそ1~2年前から、彼女たちは一緒に暮らしていない。家族が寮の近くに引っ越したため、各々が彼女たちの家に戻った。だが、そんなことはおかまいなしに、彼女たちは自然に寮へと赴き、夜食を注文し一緒に食べる。

Yuri: Normally, when we lived together, I didn’t have my own room, but it’s most comfortable there. Without even realizing it, I’m at the dorm. (laughs) Something we enjoy is ordering late-night snacks together. We eat a lot of chicken, pizza, snacks, bossam (translator’s note: steamed pork wrapped in lettuce or sesame leaf), Chinese food, amongst other things. The reason why we don’t gain any weight? You’ve seen the choreography for our current album, right? That’s the answer!
ユリ:私たちが一緒に暮らしていたとき、私は自分の部屋を持っていませんでしたが、そこが一番くつろげました。いつの間にか、私は寮にいます。(笑)一緒に夜食を注文するのが楽しいんです。私たちは、チキンやピザ、スナック、ポッサム(翻訳者注:レタスや胡麻の葉で包まれた蒸し豚肉)、中華料理、その他色々たくさん食べます。私たちがまったく太らない理由ですか?今のアルバムの振り付けを見ましたよね?それが答えです!

While mentioning Wonder Girls member Sunye’s recent news of getting married, they were asked, “Don’t you think a day like this will come for Girls’ Generation soon, too?” They waved their hands saying, “It’s still unfamiliar for us.” However, as if they were jealous of Sunye finding her life partner, they revealed their own criteria.
Wonder GirlsのメンバーSunyeが結婚するという最近の報道に触れ、彼女たちは尋ねられた。「少女時代もまた、こんな日が間もなく訪れると思いませんか?」彼女たちは手を振りながら答えた。「私たちにはまだ縁がありません」しかしながら、Sunyeが伴侶を見出したことをうらやむかのように、彼女たちは自身の基準を明らかにした。

The youngest member, Seohyun, stated, “Of course you have to congratulate someone who has found someone they love like that.”
最年少のソヒョンが言った。
「もちろん、彼女たちが愛する誰かを見出したなら、その人を祝福するべきです」

Leader Taeyeon then stated, “But you have to go through eight members’ evaluations for us. You can only get married if you pass all of them,” and laughed loudly.
その後、リーダーのテヨンが話し、大きく笑った。
「でも、私たち8人のメンバーの審査を通過しなくちゃダメです。それをすべて通過したなら結婚できます」

Sooyoung, who said she has met Sunye and her fiance together, stated, “I think it was possible for Sunye [to get married amidst girl group activities] because she met such a good partner. I met him with her, and he’s really a good person.” She added, with a jealous look, “Wouldn’t it be possible if we met a good person, too?”
Sunyeと彼女のフィアンセに一緒に会ったスヨンが言った。
「そんな素敵なパートナーと出会えたからこそ、Sunyeは[ガールグループ活動中に結婚]出来たんだと思います。私は彼女と一緒に彼に会い、そして彼は本当にいい人なんです」
彼女はうらやむような表情で付け加えた。
「私たちだっていい人と出会えたら、それが可能じゃありません?」

While it’s a long way away, the nine members are dreaming of the day when all of them get together after getting married.
それははるかに遠い道のりだが、9人のメンバーは、結婚後にみんなが集う日を夢見ている。

Tiffany stated, “Not too long ago, I saw Spice Girls members gathered in one place with their kids and/or husbands. After seeing that, we talked about, ‘It would be nice if we could get together with our families at hand, even when time has passed, like the Spice Girls. Wouldn’t we be really happy?’”
ティファニーが言った。
「以前、私はSpice Girlsのメンバーが子供やご主人と一緒に、一堂に会するのを見ました。それを見た後で、私たちは話し合ったんです。『時が過ぎても、Spice Girlsみたいに家族一緒に集まって打ち解けあうって、素敵じゃない。きっと本当に幸せよ?』」

group-4.jpg


Girls’ Generation’s fourth official album, “I Got A Boy”, has the general public in disagreement.
少女時代4枚目の公式アルバム「I Got A Boy」が、人々の間で論争となっている。

This is because Girls’ Generation’s powerful, hip-hop title song that sounds unfamiliar with its complicated dance, compared to their usual “girl” image, is bringing about repulsion along with those who are taking it in as something fresh.
これは、少女時代のパワフルなタイトルソングが、音も複雑な踊りもなじみが無く、今までの「少女」のイメージと比較して、新鮮だと捉える人々と共に反感をももたらしているからだ。

Girls’ Generation expressed their honest opinions on the unfamiliar responses their “unconventional transformation” has raised. The members acknowledged that they also experienced a strange feeling when they first heard the song, like the general public is now.
少女時代は、「型破りな変身」がもたらしたなじめない反応に関して、彼女たちの正直な見解を明らかにした。メンバーは初めて歌を聴いたとき、彼女たちもまた、今の人々と同様、意外な印象を受けた事を認めた。

Seohyun stated, “Because the genre, tempo change, and other things were things we’ve never done before, I didn’t know what was what in the composition itself. I think it not being a hook song made it seem like this even more.” However, she emphasized, “When you listen to our song once, you’re listening to it with superficial knowledge, and you discover fun elements the more you listen to it. The members also said it’s a lot better listening to it 100 times, compared to just once.”
ソヒョンが言った。
「ジャンル、テンポの変化、およびその他が、今までしたことが無いものでしたから、私は構成自体がどうなっているのか分かりませんでした。フックソングなんかじゃなくて、それ以上であるように思えました」
しかしながら、彼女は強調した。
「私たちの歌を最初に聴くときには、表面的にしか理解できなくても、聴くほどに面白さを見出すでしょう。メンバーも単に一度聴くよりも、100回聴くともっと良かったって言っています」

Leader Taeyeon said that she will treasure and accept the likes and dislikes of the general public, but that growing and showing new sides of Girls’ Generation is another one of their duties. Taeyeon stated, “Even if the trend and image we are aiming for are like this, even if it isn’t your own style or preference, we hope that you would understand it as ‘Girls’ Generation’s style’. This doesn’t mean that the Girls’ Generation from ‘Kissing You’ is gone.”
リーダーのテヨンは、人々の間で好き嫌いが別れている事を受け止めたものの、少女時代の成長した新たな一面を見せることが、彼女たちの務めの一つだと言った。
「私たちが目指す方向とイメージが今回のようであって、例えそれがご自身のスタイルや好みじゃないとしても、『少女時代のスタイル』なんだって理解してくださることを願っています。これは『Kissing You』から少女時代が立ち去るという事ではありません」

Seohyun also said, “What we were seeking was doing music that we mature and grow into. When we debuted, wearing sneakers, not yet in our 20′s, we did music that suited us at that time, and in our early 20′s, we wore white t-shirts and jeans for that freshness.”
ソヒョンもまた言った。
「私たちは、成熟して成長できる音楽を探し求めていました。デビュー時は、スニーカーをはいて、まだ20代じゃなくて、その時に合った音楽をし、そして20代になり、さわやかな白のTシャツにジーンズを着たんです」

On this, Tiffany also stated, “Music that fits our age seemed like it suited our current appearances. Rather than a transformation, it’s a natural change that suits that time period, so please watch us grow even more.”
さらに、ティファニーもまた言った。
「私たちの年齢に合った音楽が、その時点の表現に最適だと思えます。変身と言うよりはむしろ、その時に合った自然な変化ですから、私たちの成長をこれからも見守ってください」

It also seemed like people calling their choreography a change was also surprising to them. Taeyeon stated, “[The choreography] is fierce, but the moves themselves are ones we did since we were little, so it’s comfortable and fun.”
彼女たちの振り付を変化と呼ぶ人々についてもまた驚いたようだ。テヨンが言った。
「[振り付けは]激しいですが、動きそのものは子供のころから行ってきたものですから、気持ちが良くて楽しいです」

She added, “Starting with acting in the beginning, it’s important to be in sync with one another, and it was different for every stage. In the end, it was to the point where we postponed schedules for the music video because of our dance practice. You can’t just memorize the moves. You have to understand the story of the song, and, because it’s our first album in a while, we practiced even more actively.”
彼女は付け加えた。
「演技に始まって、お互いに一致することが重要で、ステージの度に違っていました。ついには、ダンスの練習のために、ミュージックビデオのスケジュールを延期するほどだったんです。動きを覚えるだけじゃダメなんです。歌のストーリーを理解しなくてはいけませんでしたし、近々初のアルバムでしたから、なおさら積極的に練習しました」

Yuri stated, “At first, I was a bit baffled. There was a space between the choreography we normally did, and I worried if the nine of us would be able to express it well. However, because the styles each of us learned as trainees were so similar to this choreography, I felt a lot of interest while practicing. Because I wanted to pull it off well, I requested a lot of practice time. There are a lot of elements that allow us to express feelings in a way that looks like a musical; watching the members change things in a fun and diverse way whenever we get on stage is fun in itself.”
ユリも言った。
「初めは、少し困惑しました。私たちが今までしてきた振り付けにはスペースがあったので、9人で上手に表現できるかどうか不安でした。でも、今回の振り付けは、私たち各々が訓練生時代に学んだスタイルととても似ていたので、練習している間にとても興味が沸いてきました。私はそれをうまくやり遂げたかったので、多くの練習時間をお願いしました。ミュージカルであるかのように、感情を表現できるたくさんの要素があります。私たちがステージに立つ度に、メンバーが楽しみながらいろんなやり方で物事を変えていくのを見る事、それ自体が面白いんです」

Tiffany revealed difficulties in their strength because of the powerful dance as well. She explained, “Because the song is really long and we’re dancing like this for the first time in a while…staff members said that it feels like they’re losing weight just by watching us. I think it might be hard for a male group to pull off, too. However, after a week of comeback stages, I feel like my body has gotten stronger, and I have found an energy through this choreography.”
ティファニーはまた、パワフルなダンスに伴う体力の困難さについて明らかにした。
「歌が本当に長いですし、私たちがこんなダンスをするのは久しぶりなので…スタッフメンバーは、私たちを見ているだけで、痩せる気がすると言っていました。男性グループでも、やり遂げるのは大変じゃないでしょうか。でも、カムバックステージから1週間経って、より体力が付いてきたように感じますし、この振り付けを通じてエネルギーを見出しました」
と彼女は説明した。


In conclusion, Girls’ Generation said that, while looking at various responses, they do feel some burden when it comes to feeling they need to transform each time. Hyoyeon stated, “It’s not really pressure, but there is a burden. We have to show a new image, but we think ‘what if we don’t meet their expectations?’” Tiffany added that they don’t have to change every time, but, through that burden, they are able to work harder.
終わりに臨み、少女時代は様々な反応を見ながら、その都度変身する必要性を感じるのは、負担であると言った。ヒョヨンが表明した。
「本当のプレッシャーではありませんが、負担ではあります。私たちは新たなイメージを見せなくてはなりませんが、考えます。『期待に答えられなかったとしたらどうなるの?』」
ティファニーは、 毎回変わる必要は無いけど、その負担を通じて頑張る事が出来る と付け加えた。

Yuri stated, “I do fear making new attempts. That burden isn’t ‘Girls’ Generation has to be like this’, compared to other girl groups, but the burden amongst members, trying to show people that I’ve grown more from the previous album. Having to show a greater, more matured me. I want people to see Girls’ Generation as a group that has diversity, like our current, unfamiliar appearance. We’re scared, worried, and unsteady whenever an album releases, but does that mean that will only come true when the development we think of gets acknowledged? We’re proud, grateful, and enjoy the process of which we prepared and practiced itself.”
ユリが言った。
「私は、新たな試みが怖い。その負担は、他の少女グループと比べて、『少女時代はこうあらなくてはなない』ではなく、私が以前のアルバムからさらに成長したことを人々に示そうとする、メンバー内の負担です。より大きく、より成熟した私を見せなくてはいけないこと。私は人々に、現在の私たち、なじみの無い表現のような、多様性を持ったグループとして少女時代を受け止めて欲しい。私たちは、アルバムをリリースするたびに、心配で、怖くて、不安定で、 だけどそれって、私たちの飛躍は受け入れられたときにだけ叶うってことなの? 私たちは、誇りを持って、感謝して、そして研鑽と練習それ自体の過程を謳歌しています。

group-5.jpg


Sources: mydaily 1, MLBPARK, Sports Seoul 1, mydaily 2, hankooki.com, XSPORTSNEWS 1, sports.khan.co.kr, munhwa.com, XSPORTSNEWS 2, JOINSmsn, NAVER, Sports Seoul 2, MBN, Daum, SBS, hani.co.kr Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: moonrise31@soshified, taengsoshi@soshified, bhost909@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~Comeback Program“Romantic Fantasy” On Air! 

みなさん
あけましておめでとうございます。m(__)m

1月1日ならぬ2日になってのご挨拶ですが
三が日内と言うことでご勘弁ください。

さて、
最近はひと月に1回程度の更新頻度でありながら
年末に記事を投稿して1日を置いたのみでの今回の記事。
当然理由があります。

SONEの方達ならばすでにご存知でしょうし
みなさんご覧になったことと思いますが
SNSDからのお年玉プレゼントとも言えるべき
ライブ公演番組のご紹介。

なんと全16曲もの映像が
まさに新年1月1日に
MBCにて放送されました。

その名も
‘Romantic Fantasy’

そしてその内容も
まさにそれに相応しいもの。

そしてなんとなんと
この特番内で
あの
“I Got A Boy”
まで披露してくれているのですよ。
ワァイ♪ヽ(∀`*ヽ)(ノ*´∀)ノワァイ♪

これ
年末にご紹介したスヨンさんのインタビュー内で彼女も言っていましたが
まさに予測を覆すべきものとなっています。

受け止め方は人それぞれでしょうし
まだご覧になっていない方もいらっしゃるかもしれませんから
先入観を伴うような表現は避けますが
「TaeTiSeo」が結成されてその歌を初めて聴いたときのような
そんな驚きと衝撃

そして
息つく暇も無いくらい引き込まれてしまう
そんな新曲なのですよ。

SNSDなのかと問われるならば
確かにSNSDで

かと言って
今までのSNSDじゃないと言いますか

(ー_ー;)ウーン、、、

言葉を見つけることが出来ませんが
結局は
「これぞSNSD」
って感じ。
(日本語になっていないかもしれませんが、ニュアンス的にはご理解いただけるのではと)

もちろん
その他のパフォーマンスも素晴らしいもので
まさに新年を飾るに相応しい
カムバックステージとして言う事のないライブ公演となっています。

すでにご覧になった方ならもう一度
万が一ご覧になっていない方なら今すぐに
彼女たちの
‘Romantic Fantasy’
の世界に入り込んでください。

年明け1日からのこんな素敵なSNSDからのプレゼント。

今年は
SONEにとって驚きに満ちた
今まで以上に彼女たちの魅力に触れる事の出来る
そんな1年になりそうな予感を与えてくれます。
(ブログ内で再生できないときは、テキストリンクからYoutubeに移動後お楽しみください)

お正月のまったりしたこのひと時
ごゆっくりお楽しみください。(⌒-⌒)


Girls’ Generation’s ‘Romantic Fantasy’ Comeback Program Airs on MBC
少女時代カムバックプログラム‘Romantic Fantasy’MBCで放送

romantic_photo121231133947entertain0.jpg


On January 1st, following the release of “I Got A Boy”, Girls’ Generation’s “Romantic Fantasy” comeback program aired on MBC. “Romantic Fantasy” featured live performances by Girls’ Generation of songs that ranged from tracks off of the “I Got A Boy” album, to old releases such as “Gee” and “The Boys”, to covers of popular pop songs such as “Call Me Maybe” and “Marry You”.
1月1日、“I Got A Boy”のリリースに伴い、少女時代のカムバックプログラム“Romantic Fantasy」がMBCにて放送された。“Romantic Fantasy”は、アルバム“I Got A Boy”の曲から過去リリースされた“Gee”,“The Boys”、そして人気曲“Call Me Meybe”,“Marry You”のカバー等に至るまで、少女時代によるライブ公演特集。

Girls’ Generation performed a total of sixteen songs: “Dancing Queen”, “Promise”, “??? (Romantic St.)”, “Oh!”, “Gee”, “Run Devil Run”, “The Boys”, “Genie”, “MR. TAXI”, a cover of Carly Rae Jepsen’s “Call My Maybe” by Tiffany, a cover of Nina’s “Someday” by Jessica with her sister, f(x)’s Krystal, playing piano, a cover of Yoon Mirae’s “??” by Hyoyeon and Yuri with Super Junior-M’s Henry, a cover of Bruno Mars’s “Marry You” by Sunny, Sooyoung, and Yoona with EXO’s Chanyeol, Sehun, and Suho, a cover of Taylor Swift’s “Speak Now” by Seohyun, “???? (Lost In Love)”, and “I Got A Boy”.
少女時代は、“Dancing Queen”, “Promise”, “??? (Romantic St.)”, “Oh!”, “Gee”, “Run Devil Run”, “The Boys”, “Genie”, “MR. TAXI”, ティファニーによるCarly Rae Jepsenの“Call My Maybe”カバー、ジェシカとf(x)クリスタルのピアノ演奏によるNinaの“Someday”カバー、ヒョヨン,ユリ,Super Junior-MのHenryによるYoon Miraeの“??”カバー、サニー,スヨン,ユナ,EXOのChanyeol,Sehun,SuhoによるBruno Marsの“Marry You”カバー、ソヒョンによるTaylor SwiftのSpeak Now”カバー、“???? (Lost In Love)”, and “I Got A Boy”と、全部で16曲が披露された。

Check out performances by Girls’ Generation on “Romantic Fantasy” below.
少女時代の“Romantic Fantasy”公演を以下ご覧あれ。


















































Sources: [email protected], [email protected] Written by: bhost909@soshified Contributor: taenacity@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...