So-net無料ブログ作成

SNSD~スヨンさん「Harper’s Bazaar 」誌インタビュー 

みなさんこんにちは。
最近
「2011 Girls' Generation Tour」
のDVDにはまりまくっている一刻です。

1st TourのDVDも素晴らしかったですが
2nd TourのこのDVDもまた期待以上のもの。

風格が出てきて落ち着きがあって
会場のSONEの想いをしっかり受け止めて
それに余裕を持って応えている
そんな印象が強いですね。

魅せ方も上手くなっていますし
ステージ上の存在感に圧倒されてしまいます。


SONEへのトークになると
いきなり可愛らしい少女に戻ってしまって
信頼感から来る甘えと言いますか
飾らぬ自分を出してしまう
そんなギャップに
またとてつもなく引き込まれたりしてしまいます。

ほんとライブ映像って
SNSDの魅力が満載ですね。

語りたい事はまだまだありますが
本筋から逸れてしまいますのでこの辺で……


さて
今回お届けする翻訳記事は
Harper's Bazaar誌でのスヨンさんのインタビュー。

よもや今年中にこうしてインタビュー記事をお届けできるとは思っていませんでしたが
まさに年末に合わせてくれたかのようなタイミング。
感謝です。わぁぃヽ(´∀`)人(´∀`)ノわぁぃ

Harper's Bazaar誌は
近いところですと10月のユナさんのインタビューがありました。
記事の文面が全く異なりますから
インタビューアは変わっているのでしょうが
あのときの癖のある文体と比べると
なんとなし物足りなさを感じたりもしてしまいます。(笑)

とは言え
不定期更新になったが故か
翻訳に四苦八苦してしまいました。(;^ω^A ァセァセ
毎日英語と戯れる時間は持っているのですが
やはりどれだけ長い時間親しんでいるかが
ポイントみたいです。


このインタビューの質問内容は
ファッションや新アルバム、活動内容やスヨンさんの体型
そしてメンバーの自己管理、メンバー同士の在り方まで多岐に渡っています。

やっぱりスヨンさんだけあって
話す内容、話す言葉それぞれに彼女の想いが感じられ
まさに年末を飾るにふさわしい内容だなと。

まぁ
どのメンバーであったとしても
おんなじように考えてしまうのでしょうが。( ̄▽ ̄)


インタビュー内で注目すべきは
やはり来年の新アルバムの話で
当初は年内リリースの予定だった気もしますが
クリスマスプレゼントならぬお年玉に変更といったところでしょうか。

内容的には
これまでのSNSDイメージを覆す新境地のアルバムらしく
期待感が高まります。

スヨンさんも言っていますが
今までと同じスタイルに固執することなしに
常に新たな分野に挑戦し続けることこそが肝要で

SNSDの魅力って
まさにそこにあると思っています。

現時点での成功に満足しそれを維持しようとするのではなく
その成功を打ち壊してさらなる高みを目指す。
なかなか出来る事じゃありませんし
それを実際にやってしまうからこそ
今のSNSDがあるのでしょう。

ティザーも公開されていますし
ご覧になった方も多いでしょうが
個人的にはやきもきするばかりで
「早くアルバムリリースを!」
って感じですよ。はい。


またまた前置きが長くなってしまいましたが
今年最後の記事となりますのでご勘弁ください。

このブログを訪れてくださった皆さん
今年1年ありがとうございました。
そしてよろしければ
来年もお付き合いいただけますよう。

「心の倉庫」というタイトルどおり
その時々の心の赴くままに書いておりますから
今のように不定期更新になったり
もしかしたらまた毎日更新になったりするやもしれません。

あきれてしまうことなく
「また一刻がやらかしてるよ」
くらいに軽くとらえていただければと。

年明け最初の記事は
インタビューとなるものか
あるいは
公式掲示板にメンバーの年頭メッセージが投稿されれば
そちらの紹介となるでしょう。

いずれにしろ
これまでの経緯から予測すると
ひと月に1度のペースは維持できそうですので
気が向いたら是非覗きに来てみてください。


では
今年最後となる
スヨンさんのインタビュー記事
どうぞお楽しみください。♪( *´∇`)_


Sooyoung Appears in ‘Harper’s Bazaar’ Magazine for a Photoshoot and Interview
スヨンの写真とインタビュー、「Harper's Bazaar」誌に掲載

syharpers1.jpg


Harper’s Bazaar: Lately, it seems Girls’ Generation’s members have suddenly matured. Of the members, it also seems interest in you has increased. I feel like people might have been telling you that you’ve gotten prettier.
Harper’s Bazaar:このところ、少女時代のメンバーが突然大人びてきた気がします。そして、メンバー内でのあなたに対する関心もまた強まってきたようです。いっそう美しくなったねと、みんなに言われているのではありませんか。

Sooyoung::I’ve been hearing that I’ve gotten more girly than before. My chubby cheeks went away as I lost weight on my face, and my facial line has become sleek. Not only my looks, but actually the time to seem like an innocent girl all the time has passed. It’s not necessarily a problem with age, but I think past experiences and preferences are what changed it all, little by little.
スヨン:以前と比べて、女らしくなったと言われています。顔が痩せるのにつれて、頬のふっくらさが無くなり、輪郭が引き締まりました。見た目だけじゃなく、無垢な少女としての時も、現実過ぎ去りました。必ずしも年齢に伴う事ではありませんが、これまでの経験や選択が、少しずつ全てを変えてきたのだと思っています。

Harper’s Bazaar: Even if you didn’t have a job where you stand in front of people, aren’t you at the age where you’re immersed in making up your appearance?
Harper’s Bazaar:人前に立つ仕事についていなかったとしても、お洒落に夢中になる年頃ではないでしょうか?

Sooyoung: I liked trying on clothes since I was little. My mom also liked dressing me up in pretty clothes. If there was a brand that I liked, I would occasionally take the lookbook and ask where I could buy certain clothes. I think I naturally became familiar with it (translator’s note: she is referring to fashion) from then on. So people joke, asking if I have to move because my closet is too small. Anyway, it is true that a current enjoyment is encountering various styles in fashion.
スヨン:幼いころからいろんな服を着てみるのが好きでした。母もまた、私を可愛い服で着飾るのが好きだったんです。好きなブランドがあれば、lookbookを手にして、どこでその服を購入できるか尋ねたりもしました。その頃から自然にそれ(翻訳者注:ファッションについて言及)に親しむようになったと思います。みんなは、私のクローゼットが小さすぎるので、引越ししなくちゃいけないんじゃないってふざけて言っています。それはともかく、現時点での楽しみは、様々なファッションスタイルとの出会いであることは確かです。

syharpers2.jpg


Harper’s Bazaar: I think that’s why the interest in your personal tastes outside the stage, like airport fashion, is increasing. Of them, which is a style that says it’s most ‘like Sooyoung’?
Harper’s Bazaar:空港ファッションのような、ステージ外でのご自身の装いに関心が高まっているのは、そういうことだったんですね。中でも「これぞスヨン」と言えるスタイルは何でしょうか?

Sooyoung: A comfortable yet feminine style? I like casual looks that aren’t too plain. For example, wearing comfortable leggings and a t-shirt with a mouton on? I don’t like wearing tight jeans and kill heels that just look uncomfortable. I like Isabel Marant’s clothes, and they’re feminine enough without being too tight or uncomfortable when you wear them. They’re easy to mix and match too, so you could wear them often. Because I think they express me well, I find personal interest in not just the clothing, but the designer as well.
スヨン:気軽でありながら女性的なスタイルかな?あっさりし過ぎない、カジュアルな装いが好きです。例えば、履き心地のいいレギンスにムートンのTシャツを合わせたりとか?きついジーンズにキルヒールみたいな、窮屈なだけの着こなしは好みません。イザベルマランの服が好きで、身に着けてもきつ過ぎたり窮屈だったりしなくて、十分に女性的です。しかも合わせやすいですから、しょっちゅう着ることが出来ます。私自身をよく表現できますから、服だけじゃなくデザイナーにも個人的に関心があるんです。

Harper’s Bazaar: You’ve hardened your position as a fashionista by attending the Burberry event a few months ago and by being invited as a muse to Isabel Marant’s flagship store opening.
Harper’s Bazaar:あなたは数ヶ月前にバーバリーのエベントに出席し、そしてまた、イザベルマランの本店オープニングにミューズとして招待されたことで、ファッショニスタとしての地位を堅固なものとしました。

Sooyoung: The term ‘fashionista’ still doesn’t sink in. It doesn’t seem like I’m all that ‘hot’ either. Still, I pay some extra attention on days before I have to go to the airport or formal meetings. I think about how I could dress more like me.
スヨン:「ファッショニスタ」という言葉は、まだしっくりこないんです。すべてに「精通」しているとも思えません。とは言え、空港や公式の打ち合わせに行かなくてはならないときには、数日前から特に意識します。どんな装いが一番私らしいかしらって。

syharpers3.jpg


Harper’s Bazaar: Is there a muse that influences your style?
Harper’s Bazaar:あなたのスタイルに影響を与えるデザイナーはいますか?

Sooyoung: I like Sienna Miller and Kate Moss; it’s one of the two.
スヨン:Sienna MillerとKate Mossが好きなんです。2人とも同じくらい。

Harper’s Bazaar: One reason to welcome 2013 is because of news of Girls’ Generation’s new album release. What is the secret weapon that the girls will bring?
Harper’s Bazaar:2013年を歓迎する理由の一つは、少女時代の新アルバムリリースのニュースです。少女たちが携える秘密兵器とは?

Sooyoung: The next album is really going to be something new. Because we were thinking of testing the limits with the genre and music color. When we first heard the song and saw the choreography, we had doubts as to whether or not we could do it. It’s a dance we’ve never danced before, so it could be something the person doing it would fear. It could also be a new attempt for the company, but my heart also beats that much more. Of course, the people listening could split into either like or dislike. But you can only stick to the same style for so long. What I know for sure is that it will have broken free of the prediction of ‘Girls’ Generation will be like this.’
スヨン:次のアルバムは、本当に新しい何かになるでしょう。ジャンルや音楽特性の限界への試金石という思いでしたから。初めて歌を聴いて、振り付けを目にしたとき、私たちはそれが出来るかどうか確信が持てませんでした。今までしたことのないダンスでしたから、それを為す事に対する何らかの不安があったのかもしれません。事務所にとっても新たな試みだったかもしれませんが、私の心はそれ以上にドキドキしていました。聴いた人たちは、夢中になるか全く好きになれないかに分かれる事でしょう。もちろん、ずっと同じスタイルに固執することも出来ます。私が間違いなく言えるのは、「少女時代はこうなるだろう」という予測を覆すだろうと言うことです。

syharpers4.jpg


Harper’s Bazaar: I think girl groups are busier than the king. World tours, interviews, CF shoots, you have to wear heels while dancing, and you also have individual schedules on top of that. It seems like it’s something you do at a young age when you have good physical health. Is there any moment where you felt you reached your physical limit?
Harper’s Bazaar:女性グループは、国王よりも忙しいのではないでしょうか。ワールドツアー、インタビュー、CF撮影、ダンスの時にはヒールを履かなくてはならず、その上個人スケジュールまで持ってます。肉体的に健康な若いときにしか出来ない事のようにも思えます。体力の限界に達したと感じた瞬間はありますか?

Sooyoung: Of course there are times where I’m exhausted. The consumption of energy becomes greater especially when overseas activities start. My members and I each have our own ways of taking care of our health. It’s all a little different, from Seohyun avoiding instant foods, to me considering stress relief more important than self-moderation. I think I’m more devoted to right now than the future. Even if I have to work the next day, if I want to have a drink today, I’ll have a drink. While I do worry about how I’ll endure next year’s album promotion schedules, I think, ‘When else would I do this, other than when I’m young?’ I also recharge my energy with mind control, telling myself, ‘When I look back, there should be a day where I long for these fans or this situation, right?’ I want to enjoy now and hold onto everything I want to, so I don’t regret any opportunities I miss.
スヨン:もちろん、疲れ果てる事は何度もありました。海外での活動が始まると、特にエネルギーの消費が激しいんです。メンバーも私も、それぞれが自分自身の健康管理の方法を持っています。ソヒョンのインスタント食品を避けることから、私の自己節制よりもストレス解消に重点を置く事まで、みんな少しずつ異なっています。私は先のことより、今現在に専念します。翌日仕事をしなくてはいけなくても、今日飲みたいのなら飲んじゃいます。来年のアルバムプロモーションスケジュールをやり遂げる事が出来るか不安なときでも、「若いときにしなくて、いつするというの?」って考えます。そしてまた、「振り返ったとき、今このときのファンやこの状況を、懐かしむ1日であるべきじゃない?」って自分自身に言い聞かせて、暗示によるエネルギーの再充電を行います。私は今を楽しみたいし、あらゆる私の望みを持ち続けたいので、上手く出来なかったどんな機会であれ、後悔なんてしません。

syharpers7.jpg


Harper’s Bazaar: Is your maintaining a slim body at a tall height innate?
Harper’s Bazaar:長身でスリムな体型を維持できるのは先天的なものでしょうか?

Sooyoung: It’s not that I don’t gain weight even when I eat, but that when I eat well and don’t eat is well-defined. When my mind is on something in a nervous situation, or if I’m concentrating on work, I lose my appetite completely. When I was shooting the drama, I kept getting psychological gastritis and enteritis. Then, when I feel at ease, I’ll eat well. And because my cheeks fatten up most, when I have a lot of things to shoot, I control it intentionally. I’ve been thinking that I need to gain some weight these days. I felt that it would be good to have a bit of flexibility again, so I started pilates.
スヨン:食べても太らないということじゃなくて、しっかり食べるときと食べないときがはっきりしています。何かしら緊張する状況とか、仕事に集中している時、私は全く食欲が無くなります。ドラマ撮影の時には、何度も神経性の胃炎や腸炎になりました。そして気持ちが楽になると、私は十分に食べます。私の頬はすぐにふっくらしてしまいますから、撮影がたくさんのときなんかは、意識的に調整します。この頃は、ある程度体重を増やさなくちゃって考えています。もう少し柔軟性を取り戻す方がいいと思って、ピラティスを始めました。

Harper’s Bazaar: Is there not any competition with looks amongst the girls of Girls’ Generation?
Harper’s Bazaar:少女時代の中で、容姿の競い合いはありませんか?

Sooyoung: Rather than calling it competition, it’s more like sharing methods? Everyone’s methods of self-care are different. There are all sorts of people, from ones who consistently go and receive treatment on scheduled days, to ones who only step into the dermatologist’s office when a blemish surfaces. I’m more like the latter.
スヨン:競い合いと言うよりも、やり方の共有化と言うべきでしょうか?セルフケアの方法は、みんな異なっています。予定した日に定期的にトリートメントを受けに行く人もいれば、異常が現れたときだけ皮膚科に行く人もいます。私はどちらかというと後者です。

syharpers6.jpg


Harper’s Bazaar: Now the nine girls are putting their own names forth (translator’s note: as individuals), rather than ‘Girls’ Generation’, building up a different career. It seemed a bit late compared to other members, but the reactions to your acting were positive.
Harper’s Bazaar:今9人の女性達は、「少女時代」というよりも、自分自身の名前を前面に押し出して(翻訳者注:個々人の意)別のキャリアを築きつつあります。他のメンバーと比べると若干の遅れはありましたが、あなたの演技に対する反応は良好でした。

Sooyoung: People who aren’t well aware think that, because girls around the same age are gathered together, there will be keen competitions and jealousy between us. But knowing that there are eight other people who share the same situations, feelings, and worries actually becomes something for each of us to greatly rely on. Thanks to the polished achievements made by the other members in front, there are also instances where things are easier. On the other hand, because my individual self and the group is regarded in the same light, my mistake could cause affect others. So you get put under more pressure and gain responsibilities. Like, as if you have kids you left at home?
スヨン:よく知らない人たちは、同じくらいの年頃の女の子が集まっているんだから、私たちの間には激しい競争や嫉妬心があるだろうと考えます。でも、同じ境遇、感情、そして現実に悩みを共有している8人がいることを理解すると、お互いにとても頼れる大きな存在となります。他のメンバーが先に成した申し分の無い実績のおかげで、物事がより容易になる場合もあります。一方、私個人とグループは同じものだとみなされていますから、私の失敗が他のメンバーに影響を与える可能性もあります。ですから、より多くのプレッシャーの元、責任感も得るんです。ん~、家に残してきた子供がいるようなものでしょうか?

Harper’s Bazaar: What kind of processes did you have to go through to rely on each other like this? Even sisters, who are family, fight.
Harper’s Bazaar:そんな風にお互いに頼りあえるようになるには、どんな経緯を通過してきたのでしょう?家族である姉妹でさえ喧嘩します。

Sooyoung: I feel that it’s also important to sometimes bring out words that you’ve kept inside. The moment they surface, the results really change. It’s better when you personally tell them good things and the moment you talk out any worries or things that made you feel sad, it becomes nothing. To the point where it makes the time you spent worrying seem pointless. When we went to perform overseas, we all stayed in one accommodation and, if it’s someone’s birthday, we gather together and talk a lot. We try to be as honest as possible, and thanks to that, we gained a habit of observing the other person more.
スヨン:時には、胸のうちに秘めている思いを言葉にすることも大切だと思います。それらが明らかになった瞬間、答えは本当に変わってきます。個人的に何かいいことを話しているときが望ましくて、心配事や悲しかった事、なんであれ話した瞬間に、それは消え去ります。悩んで過ごした時間が無意味に思えるほどです。海外公演に行ったとき、私たちはみんな同じ宿泊施設に滞在し、誰かの誕生日なら一緒になっていっぱいおしゃべりします。私たちは出来る限り率直であろうとし、そのおかげで、いつだってお互いを見守るようになりました。

syharpers6.jpg


Harper’s Bazaar: What kind of road do you want to go down when you’re no longer a girl and not a Girls’ Generation member?
Harper’s Bazaar:少女ではなくなり、少女時代のメンバーでもなくなったとき、どんな道を歩んで行きたいですか?

Sooyoung: I started activities when I was 17 years old, but it turns out the average age in Girls’ Generation is 22 now. I think it’s the age where you get nervous, thinking of wanting to do better. We have to worry about what kind of music we should attempt and it’s a time where we can’t just make pretty faces, which is why there were a lot more worries with this album… The area that I could do best in and enjoy after Girls’ Generation promotions is acting. I want to keep attempting it. I also want to be like a talk show host or radio DJ and be in a space where I can listen to people’s honest talks.
スヨン:私は17歳のときに活動し始め、今少女時代の平均年齢は22歳になりました。もっと上手になりたいと考えて、いらいらする年頃だと思います。どんな音楽に挑戦するべきか心を砕かなくてはならず、ただ可愛いらしくしていたらいい時ではありませんから、今回のアルバムではずいぶん悩みました…私が最善を尽くし、少女時代の活動の後に楽しめる場所は演技する事。私はそれに挑戦し続けたい。トークショーの司会やラジオのDJ、人々の本音を聞く事の出来る立場にも在りたいですね。


Sources: dcinside, deselim Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: bhost909@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~Happy Birthday Yuri! 

なにはさておき
ユリさん
誕生日おめでとうございます!

近寄りがたいほどの美しさと
おもわず微笑んでしまう可愛らしさを併せ持つ
まさに神秘的な魅力のユリさん。
今年はドラマでも活躍されましたね。

多くの才能の開花に向けて
ご自身なりの道を突き進み
しっかりとした手ごたえを感じておられる事でしょう。

これからの1年が
幸多き、実り多き日々でありますように。

SONEの一人として
改めてお祝い申し上げます。

ユリさん
誕生日おめでとう!
ィェィ♪ヾ(・∀・。)【+++ネ兄+++】(。・∀・)ノィェィ♪



ということで
今回はユリさんへのメッセージを優先させていただきましたが
みなさまお久しぶりです。

前回の「SNSD~」シリーズから
またもやひと月ほど期間を置いての記事投稿となりますね。

ご紹介できるインタビュー記事を心待ちにしているのですが
なかなか思い通りにはならないもので
とは言え
SONEにとっては
まさに記念すべきメンバーの誕生日の到来。

これを記事にしなくては
SONEとは言えないでしょう。
(。・ω・)(。-ω-)ぅんぅん


いつものごとく
しっかりと韓国SONEが新聞広告にて
ユリさんの誕生日を祝い
そしてそのメッセージがsoshifiedで記事投稿されておりましたので
当ブログにても紹介させていただきます。

これもまたいつものことではありますが
Twitterにおいても世界的トレンドとなったようで
そのキャプチャ画像も添えられています。


何より個人的に目を奪われたのは
この広告に用いられたユリさんの写真。

(ー_ー;)ウーン、、、
なんと言ったらいいのでしょう。
美しさや可愛らしさよりも
なにやら儚さが感じられる気がします。

良し悪しに触れるつもりはありませんが
韓国SONEとしては
こういったユリさんの一面も広く伝たかったのでしょうね。

あとは
文字色で各表現を強調しているところも……

この記事では翻訳文にそこまで手を加えていませんが
実際の広告をご覧いただけるとお分かりの通り。

HAPPY BIRTHDAY YURI
をSNSDカラーのピンクで
そして
幸せなSONE
を赤で強調しているあたり
この広告にこめられたファンの気持ちが
ひしひしと伝わってくるようです。


さてさて
またまた前置きが長くなってしまいました。

すでにご覧になった方も多いこととは思いますが
よろしければ当ブログの翻訳記事もお楽しみください。m(__)m


Girls’ Generation Fans Commemorate Yuri’s Birthday with a Poem and Newspaper Advertisement
少女時代ファン、新聞広告の詩でユリの誕生日を祝う

yurinewspaperad.jpg


In honor of Yuri’s birthday on December 5th, fans of Girls’ Generation placed a poem in a newspaper advertisement. Pictured above, the poem reads:
12月5日のユリの誕生日を記念し、少女時代のファンが、新聞広告に詩を託した。写真に記された詩は以下の通り。


A lovely and beautiful figure more brilliant than the color of a pearl. A pure and mysterious smile that even wakes sleeping souls. We pray for you with undying passion and unchanging hearts. We really love you.
可憐で麗しき姿 真珠より光輝く。 清楚で神秘的な笑み 眠りし魂をも呼び覚ます。 我ら汝に祈誓す 不滅の情熱と 不変の心を持って。 我ら真に汝を愛さんことを。

Happy Birthday ? Yuri ?
誕生日おめでとう ?ユリ?


We wish Girls’ Generation’s Yuri a happy 24th birthday ^0^
私たちは少女時代ユリの24歳の誕生日を祝います。^0^

Look back at any time. ? We’ll be there. ?
いつだって振り向いて。? 私たちがそこにいるから。?

We are happy SONEs who cheer for Girls’ Generation whenever/wherever. [Black Pearl] You’re so beautiful, but if you dazzle too, we can’t look at you…
私たちはいつでもいつだって少女時代を声援する幸福なSONEです。 [黒真珠]あなたが美し過ぎて、あまりに眩し過ぎて、私たちはあなたを見ることができません…


Fans also took to Twitter to express their well-wishes for Yuri’s birthday, trending “#TodayIsYuriDay”, “Happy Birthday Kwon Yuri”, and “#????????” (editor’s note: this translates to “Happy Birthday Kwon Yuri”) on the worldwide trends.
またファンたちは、ユリの誕生日を祝う気持ちを表すために、Twitterも利用し、“#TodayIsYuriDay”, “Happy Birthday Kwon Yuri”, and “#????????”(翻訳者注: これは「お誕生日おめでとう、Kwonユリ」の意)が世界的トレンドとなった。


yuritrends.jpg yuritrends2.jpg


Leave a message for Yuri in her birthday message board and check out Soshified’s birthday dedication for Yuri here.
ユリにメッセージを残すなら「ユリ誕生日掲示板」、そしてSoshifiedよりユリに捧げる記事もまたここでご覧あれ。

Source: Yonhap News via Daum Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: bhost909@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...