So-net無料ブログ作成
検索選択

SNSD~ユナさん「Harper’s Bazaar」誌10月号インタビュー 

みなさんこんにちは。
今回はお久しぶりと言うには短い期間。
およそ一週間ぶりの記事となるでしょうか。

前回のスヨンさんのインタビューに引き続き
今回はユナさんのインタビュー記事。
「Harper’s Bazaar」誌10月号のものとなります。


個人的に一番驚いたのは
彼女の写真でした。

私にとってユナさんって
SNSDの精神的マンネですから
そのイメージとあまりにもかけ離れた大人びた写真に
思わず驚愕してしまいましたよ。

記事内でも触れている通り
まさに黒への変貌ですね。


インタビューの内容も
期待以上のものとなっています。

インタビューアーが
なにやら小難しい表現を用いたがると言いますか
ほんとのユナペン?で
彼女を独自の言葉で語りたがっていると言いますか

「自分の表現に酔ってる?」
って思わせてくれますし

一般的なインタビュー記事と比べると
若干変則的な感じがしますね。


まぁ
それはそれで面白さがありますし
十分にご満足いただける内容であろうことに変わりはありません。

特にユナさんの締めの言葉。
これが素晴らしい!

ユーモラスな中にも
彼女のSNSDとファンへの想いが感じられ
ユナ語録の一つに加えるべき一言でしょう。

とは言え
その言葉に最初から目を通したりなさらずに
始めからじっくり読んでいただけると嬉しいです。(笑)


それでは
ユナさんの新たな一面と魅力を再発見できるインタビュー
どうぞお楽しみください。(^。^)v


Yoona Featured in October Issue of ‘Harper’s Bazaar’ Magazine
ユナ「Harper’s Bazaar」誌10月号で特集さる

yoona-harpers-5.jpg


In the drama “Love Rain”, Yoona went naturally from a 1970′s college student to a gardener living in the year 2012. She balanced it out between being composed and outgoing, easygoing and graceful, and mature and cheerful. Standing in front of a camera in a studio for the first time since the drama ended, she shows a variation of black (editor Ahn Dongsun, photographed by Kim Sangon).
ドラマ「Love Rain」にて、ユナは1970年代の学生から2012年に生きるガーデナーまでをあるがままに演じた。彼女は、落ち着きと陽気さ、のんきさと優雅さ、そして成熟さと快活さを同居させた。ドラマ終了後初めてスタジオカメラの前に立ち、黒への変貌を披露している。 (編集 Ahn Dongsun、撮影 Kim Sangon)

yoona-harpers-1.jpg


On the way to interview Yoona, I was flooded with requests for her autograph. I headed to the studio carrying a recorder and autograph papers for the photographer’s brother-in-law, who wanted to come to the photoshoot, my assistant, whose boyfriend has Yoona as his iPhone lockscreen background, and to complete the mission given to me by my younger brother on “KakaoTalk”. While they say a person’s looks are just superficial, there are time when their looks are transparent and show that person as they are. When you meet a celebrity you’ve only seen on TV in person, the person’s image seen without any medium tells you a lot. I look at Yoona standing under the high lights. Her straight forehead, tranquil eyes, and the slim, long lines that make her body. (I don’t know if someone will be able to find any traces of Photoshop being used, but we did not make any revisions to make her legs longer or arms slimmer.) The first interview and photoshoot, being done months after the drama “Love Rain’ ended”. While many different emotions may be rising from within, such as being unfamiliar, feeling greedy, having fun, and feeling tired, a relaxing silence is encircling Yoona like a cloud. In one word, she was mature.
ユナへのインタビューにむかう道すがら、私には彼女のサインの要請が殺到していた。私は、撮影に同行したがったカメラマンの義理の兄弟、彼氏がiPhoneロック画面の壁紙をユナにしている私のアシスタント、そして「カカオトーク」で弟が私に課した指令を完遂するため、レコーダーとサイン色紙を手にしてスタジオへ向かった。人は見た目は表面的に過ぎないと言うが、外見がその本質を投影し、ありのままの姿を写す場合もある。TVでしか知りえなかった有名人に会ったとき、媒体を介さずに目にするそのイメージは、多くのことを語りかける。私はハイライトの下に立っているユナを見つめる。整った額、穏やかなまなざし、そして彼女の身体を形作るスリムで長いライン。(フォトショップの痕跡を見出そうとする人がいるかもしれないが、脚を長くしたり腕を細くしたりといった補正は一切行われていない) ドラマ「Love Rain」が終了し、数ヶ月ぶりとなるインタビューと写真撮影。見慣れなさ、熱い思い、楽しさ、そして疲労感、様々な思いが胸中をよぎっていたであろうが、穏やかな静寂が雲のようにユナを包み込んでいた。一言で言い表すならば、彼女は大人だった。

yoona-harpers-2.jpg


When asked how she felt about “Love Rain” not being able to gain a lot of attention in Korea, while gaining a lot of popularity being aired on Fuji TV in Japan, Yoona did not lose her sense of maturity.
日本フジTVで放送開始され、大人気の「Love Rain」が、韓国においてはそれほど注目されなかったことについて、どのように感じているか尋ねられたときにも、彼女は分別を失わなかった。

“I wasn’t distressed over viewer ratings not being high from the start. Of course, it would have been nice if the ratings were high and caused a social boom. But the fact that it was director Yoon Sukho and writer Oh Sooyeon’s drama was something satisfying in itself, regardless of the ratings. I feel very thankful that it is getting much attention in Japan. I also think that gentle sensibility also suits the Japanese peoples’ emotions well. People of various ages come and ask for a handshake when I go to Japan while ‘Love Rain’ is currently airing, telling me that they’re watching the drama well. It’s amazing and I feel good.”
最初から高い視聴率を得られなかったことに対して、悩んだりはしませんでした。もちろん、素晴らしい視聴率で話題になるに越した事はありません。でも、Yoon Sukho演出で、Oh Sooyeon脚本のドラマであることが、視聴率に関わらず、満足できる事だったんです。日本で注目を集めている事にはとても感謝しています。私も、穏やかな感性が、日本の方達の国民性にとても合っていると思います。「Love Rain」放送中の日本に行くと、よくドラマを見ているよと言いながら、様々な年代の方達が握手を求めてくるんですよ。それって、とっても素敵で幸せです。

yoona-harpers-3.jpg


An actor attempting a work that they don’t think they could ever accomplish predicts their fulfillment, and “Love Rain” was like that for Yoona. In this drama, which was her third time acting as the main character, she took on the role of an innocent university student in the 1970′s, Kim Yoonhee, as well as a cheerful gardener in the year 2012, Jung Hana. As if it wasn’t enough acting out the role of someone who was born twenty years before she was, she had to play two different characters and juggle Girls’ Generation’s schedules too. She had to go through a repetitive schedule of going down to Daegu at dawn to film the scenes taking place in the 70′s, and, in order to appear on music programs, she would come back up to Seoul, and head back down to Daegu again.
俳優が、これまで為しえないと考えていた作品に挑戦する事は、その実現を予見させるものであり、ユナにとって「Love Rain」がそうでした。彼女の主演3度目となるこのドラマで、1970年代の清純な大学生Kim Yoonheeと、2012年の陽気なガーデナーJung Hana役を演じています。彼女が生まれる20年前の人物役を演じるばかりか、一人二役をこなさなくてはならず、その上少女時代のスケジュールとのやりくり。彼女は70年代のシーン撮影で、夜明けに大邱(広域市)へ下り、音楽番組出演でソウルへと上り、そして再び大邱へ戻るというスケジュールを繰り返さなくてはなりませんでした。
(一刻注:文の流れから察するに、上記発言はユナさんのマネージャーだと思われます)

“In the drama, Yoonhee is sick. But there wasn’t any reason for her to act sick. Because she was already exhausted.”
ドラマにおいて、Yoonheeは病気です。でも、病気の振りをする必要なんてありませんでした。疲れきっていましたから。

Like what her manager said [in the previous quote], there were days that she had to endure hardships both physically and mentally.
マネージャーが言ったとおり[先ほどの言葉]、肉体的にも精神的にも過酷な日々でしたね。

“But, what’s fun is that, after suffering like that filming as Yoonhee, it was really easy filming as Hana later on. I guess you really gain hard-working skills through work (laugh).”
でも面白いのは、Yoonheeとしての撮影でそんなふうに苦労した後で、Hanaの撮影がとっても楽だった事です。作品を通じて、過酷な仕事に耐えうる能力を得ることが出来ました。(笑)

yoona-harpers-4.jpg


In the summer of 2007, a month before Girls’ Generation debuted, Yoona made her face known through the drama “9 Ends 2 Outs”. After that, she became the heroine that even elders liked: Saebyuk in “You Are My Destiny”. Then, she made another attempt at acting, this time as a brave designer who goes about the Dongdaemun market in “Cinderella Man” alongside Kwon Sangwoo. And now her first work in two years. Yoona learned a new method of approach to dramas through this.
2007年の夏、少女時代デビューに一ヶ月先立ち、ユナはドラマ「9 Ends 2 Outs」を通じて知られる事となります。その後、Saebyuk出演の「You Are My Destiny」で、年配の方にまで好感を持たれるヒロインとなりました。それから「Cinderella Man」で、Kwon Sangwooと共に東大門市場を行きかう、いさましいデザイナーとして、別の演技にも挑戦しました。そして今回は2年ぶりとなる作品。ユナはこのドラマで、新たにアプローチする術を学んだんです。

“In the past, I had a tendency to just go at things, but I think I approached this character after a little more analysis. Before, when it came to emotional scenes, I would listen to sad songs and recall sad things that I’ve encountered. But this time, I substituted myself in the place of Yoonhee and Hana, and acted out the emotions as is. And so it was really difficult acting as Yoonhee. I don’t know if it’s because I didn’t live in that generation, but it was difficult trying to understand those analog emotions, too. I had endless thoughts as to what I may have been like if I were Yoonhee. When it came to Hana, she was a bright, easy-going character, so it was a relief that there were so many similarities between her and my actual self. Anyway, approaching acting like this was different and it was interesting.”
かつては、むやみに突き進む傾向がありましたが、今回の役は今少し自分なりに考え理解して、アプローチ出来たと思います。以前は、感情的シーンの時、悲しい曲を聴いて、過去に経験した悲しい出来事を思い出していました。でも今回は、自分自身がYoonheeやHanaになりきって、あるがままの感情を演じたんです。Yoonheeとしての演技は本当に難しかった。その時代を生きていない私にとっては、その思いが分からなくて、当時のような感性を理解しようとする事も大変だったんです。私がYoonheeだったらどうあるべきって、絶えず考え続けました。Hanaの場合は、彼女って明るくて気さくな性格でしたから、実際の私とたくさんの共通点があってホッとしました。とにかく、こんな感じで演技へのアプローチの仕方が異なっていて、それがとっても面白かったんです。

yoona-harpers-6.jpg


Now that she’s beginning to earn a taste for acting, when asked what kind of character she wants to play, Yoona answered within three seconds. Her reply of wanting to play any role, as long as it is written by Kim Eunsook, flew out.
演技への醍醐味を味わい始めている今、彼女にどんな役をしてみたいか尋ねると、ユナは3秒とかからずに答えた。それがKim Eunsookの作品であるならば、どんな役柄であれ演じてみたいという返事が飛び込んでくる。

“I really, really, really want to try [acting in her work]. Of course, I will have to improve my acting skills so that I don’t make her work one that fails (laugh).”
ほんとに、ほんとに、ほんとうに[彼女の作品を演じて]みたい。もちろん、彼女の作品を裏切ったりしないように、私自身の演技力を向上させなくてはいけませんけど。(笑)

Yoona’s voice got one tone higher when “On Air” and “Secret Garden” were mentioned. She had said she enjoyed watching those two dramas the most.
「On Air」と「Secret Garden」を語るとき、ユナの声は跳ね上がる。彼女はそれら2つのドラマを、一番楽しみながら見ていたと話した。

“I like how the characters in writer Kim Eunsook’s works aren’t too excessive or restrained. While it seems like what you hear in a drama, it also really seems like everyday life. So you gradually agree with things and focus on it without having to try to understand it. Also, I really like the script! Because of the lines that come into your ears so easily, you can’t miss a word.”
Kim Eunsookが書く作品の登場人物って、過激すぎたり控え目すぎたりしないのが好きなんです。ドラマでありながらも、まさに日常的で。ですから、理解しようとする必要なんかなしに、いつの間にか共感してのめりこんでしまいます。あとはセリフがとっても好き!だって、一言一言がとってもすんなり耳に入り込んで来ますから、言葉を聞き逃したり出来ません。

It was the moment when Yoona, who only appeared calm and mature, turned into “heartily laughing Yoona” (something her fans call her when she laughs loudly with her mouth wide open). Yoona’s real charm is actually these unexpected things. When you just look at her, she appears feminine, coy, and seems like she’d be quiet, but people around her attest that this is not true at all.
落ち着いて大人びて見えていたユナが、「破顔大笑ユナ」に変じた瞬間だ。(口を大きく開けて大声で笑う様をファンがそう呼ぶ)ユナ本来の魅力は、まさにこの意外性だ。一見、女性らしさに溢れ、内気で、物静かに見受けられるものの、周りの人々は、それは事実とは全く異なると証言している。

“Whether she’s sleeping or eating in the middle of filming, if the cue sign is dropped, she’s the type who just looks into a mirror briefly and then gets in front of the camera.”
撮影の合間、休息していようと食事していようと、キューサインを受けたら、彼女は軽く鏡を覗きこむだけでカメラの前に立つタイプです。

“She’s a total comedian off camera. From ‘Kim Kkot Deu Rae’ and ‘Nahp Deuk Yi’ (characters in the ‘Gag Concert’ segment “School of Mental Breakdown”), she imitates all the characters in comedy programs. All the members of Girls’ Generation are funny, but the top three are Yoona, Sooyoung, and Hyoyeon.”
彼女はカメラから離れたら、まったくのコメディアンです。「????」から「???」まで(「School of Mental Breakdown」の「Gag Concert」コーナー出演者)、お笑い番組の出演者全てをまねます。少女時代のメンバーはみんな面白いですが、ユナ、スヨン、ヒョヨンがトップ3ですね。

[Translator's note: the two previous statements were not said by Yoona, but her manager/staff.]
[翻訳者注:前言2つはユナではなく、彼女のマネージャーとスタッフ]

Sure enough. Once she got used to the studio, when the monitor showed that the bandage on her leg was visible through the slit in the Gucci dress (something the photographer worked the hardest on), she laughed saying, “Ah, look at that, that’s something you want to see, Isn’t it? Heh heh.” She’s a cheerful young lady who knows how to pleasantly caricature herself.
まったくもって。一旦スタジオに慣れてしまうと、グッチのドレスのスリットから覗く膝の絆創膏をモニターで見て(撮影者が丹念にほどこした部分)、彼女は笑いながら言った。 「ほら、あれあれ。見たかったんじゃない?ふふっ」 彼女は自分自身を戯画化する術を知っている陽気な若いお嬢さんだ。

yoona-harpers-7.jpg


Going back to the beginning, I think the calmness and tranquility you feel from Yoona are the essence of a professional’s concentration skills. After joining SM Entertainment when she was in middle school, she spent her trainee days improving her details. She spent her days training, trying to reach the goal she had set. At that moment, time had probably stopped for Yoona. Then five years after her debut. The moment she gets on stage, she gains the confidence that what she’s trained for thus far manifests itself. The clock that stopped moving while she was training started moving again. Through all the ten years or so, I think Yoona was able to realize how to handle her well-trained self for music, acting, and poses without knowing it. When I told her that this was what I thought while looking at how she poses in front of the camera without difficulties or forcing it, Yoona took in the words with a deeply engaged facial expression.
話を戻すと、ユナから感じられる落ち着きや穏やかさは、プロとしての集中力の真髄だと思われる。中学生時代にSMエンターティーメントに所属した後、彼女は自分自身のあらゆる能力の向上に訓練生の日々を費やした。定めた目標に到達しようと費やした訓練の日々。その時、時間はユナのために留まったのだろう。そしてデビューしてからの5年。彼女がステージに立った瞬間、彼女は自分自身の発現のために為してきた訓練の確信を得た。彼女が訓練生時代に刻む事を止めた時間が、再び動き出した。都合10年を通じて、しっかりと訓練してきた自分自身を、音楽や演技やポーズに対してどのように表現するべきなのか、自ずと気づく事が出来たようだ。苦も無く強いる事も無くカメラの前でポーズを取るユナを目にしながら、私が考えた事を彼女に告げると、ユナはとても熱心な表情でわたしの言葉を受け入れた。

“I’m not sure. During my trainee days, I devoted myself to learning without any worries. While every now and then I did worry about all this hard work not being able to bloom into a flower later on, I realized something while I stood on stage and acted. Each and every minor gesture I made a long time ago and the acting lessons I received are all left somewhere within me. But, I’m still not yet entirely sure as to where those things are, and what I have to do for them to come out. There are also times where it feels like all those things have disappeared. I hold a belief that, as I get older and gain more experiences, I will be able to get closer to acting.”
私にはよく分かりません。訓練生の日々、私は気をまぎらわすことなく学ぶ事に専念しました。時には、この頑張りが実を結ぶのかって心配する事もありましたが、ステージに立って演じて、あることに気づいたんです。かつてしてきたあらゆるささいなしぐさや、これまで演技指導で受けたすべての事が私の中のどこかに残っているって。でも、それがどこにあって、どうしたら引き出す事が出来るのか、まだ全く理解できていないんです。それら全てが消え失せてしまったように感じる事もあります。歳を重ねてもっと経験を積んだら、演技により近づく事が出来るって信じてます。

yoona-harpers-8.jpg


But when I asked what film left an impression on her recently, she said it was the Indian film “3 idiots”, which she had watched on the plane. Shouldn’t she go to the movie theaters and date so that she gets closer with acting?
ところで、最近印象深かった映画を尋ねたとき、機上で見たインド映画「3 idiots」だと言いました。演技に近づくために、映画館に行ったりデートしたりするべきではありませんか?

“When I’m not promoting an album, I’m doing a drama. When the drama ends, overseas activities would follow right after. There have been a lot of times where I think, ‘I really want to rest!’, but when I actually do get a vacation, I don’t know what I should do. There are times when I think being busy is a lot better. For some odd reason, after resting for a week, I want to rest more and I lose that drive. I want to go to the movies and date, but I can’t just be free within the public’s eyes. But I think that’s a weight you have to deal with from the start if you want to become a celebrity. And I’m happy that weight is a lot lighter than the love from fans.”
アルバム活動が無いとき、私はドラマを演じています。ドラマが終わったら、その後には海外活動が続きます。「ほんとうに休みたい!」って何度も思いましたが、実際に休暇を取ると、何をしたらいいか分からないんです。忙しいほうがいいのかもって思うときもあります。半端な理由で一週間休んだりしたら、もっと休みたくてたまらなくなります。映画に行きたいしデートもしたいですけど、公衆の目がありますから自由じゃありません。でも有名になりたいのなら、最初から向き合わなくてはならない重荷だと思います。そしてその重さは、ファンの方達の愛よりはるかに軽いですから、私は幸せなんです。

Yoona has returned to her mature mode again. At that moment, the balancing device somewhere inside her body started blinking brightly once more.
再び大人モードに戻ったユナ。その瞬間、彼女の身体のどこかにあるバランス装置が、再び瞬き始めた。


Sources: ‘Harper’s Bazaar’ Magazine, kchopper Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: moonrise31@soshified, bhost909@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~スヨンさん「1st Look」誌29号インタビュー:巻頭特集 

みなさんこんにちは
そしてお久しぶりです。

およそひと月ぶりくらいのインタビュー記事となるでしょうか。
前回に引き続きスヨンさんのインタビューですが
今回はしっかりと彼女の独占インタビューで
しかも巻頭特集されたもののようです。

いつものごとくスヨンさんの語る言葉は心に響き
とても20代の女性の考え方とは思えないほどの重みがありますね。

まぁ
それは彼女に限らず
他のメンバーのインタビューでも感じている事ですが
やはりSNSDとしての活動と
それにともなう数々の経験が
彼女たち一人一人の成長の糧となっているのでしょう。


とは言え
スヨンさんの語る内容については
ずっと以前からその素晴らしさに気づいていましたし
それは度々記事内でも触れていたことでもあります。


今回のインタビューは
ファッションから始まって
ドラマ、人生観、恋愛観と
様々な事について語ってくれています。

そんな中
(・・?) エッ
「感情的になってる?」
なんて思える部分もあったりして

スヨンペンはもちろんのこと
SONEの皆さんにも十分お楽しみいただけることと思います。


最後になりましたが
彼女のモデルとしての撮影写真も
見逃せない素晴らしい出来栄えとなっています。

本職のモデルと言っても
遜色ないのでは……


では久々となりますSNSDメンバーのインタビュー
そして素敵な写真を
ごゆっくりとお楽しみください。\(o⌒∇⌒o)/


Sooyoung Featured in Cover Story for ’1st Look’ Magazine: ‘Simply Beautiful Sooyoung’
スヨン「1st Look」誌の巻頭特集を飾る:「美しきスヨン」

sooyoung02.jpg


Sooyoung is featured in the cover story for the 29th issue of “1st Look” magazine. In addition to a stylish photo shoot, Sooyoung took part in an interview where she discussed life, fashion, and becoming an actress in a drama.
スヨンが「1st Look」誌29号の巻頭特集を飾っている。流行な装いの写真に加え、スヨンは人生やファッション、そしてドラマでの女優活動を語らうインタビューにも臨んだ。

Sooyoung has been going between being a singer and an MC while also making her place as an actress with the character named “Lee Euijin” in tvN’s “The 3rd Hospital”. In front of my eyes, she is talking about the lives of “Euijin” and “Sooyoung” in a soft, calm voice, while at this exact moment she has filled this studio as the muse for designer Song Jain’s “J.Lite” line.
スヨンはtvN「The 3rd Hospital」において、「Lee Euijin」役で女優としての立場を確保する傍ら、歌手やMCとして活動している。私の目前で、彼女は「Euijin」と「スヨン」の人生について、柔らかで穏やかな口調で話しながら、デザイナーSong Jainの「J.Tite」ラインミューズとして、スタジオをその存在感で満たしていた。

sooyoung03.jpg


It seems like you keep getting prettier. I can’t call you a ‘girl’ because I feel you’re mature.
あなたはますます美しくなっていくようです。その成熟さから、もはや「少女」と呼びかける事は出来ません。

Sooyoung: Thank you. I want to keep getting prettier. Haha.
スヨン:ありがとう。美しくあり続けたいですね。ふふっ

You’ve been gaining attention as a fashionista lately. Do you normally have a lot of interest in fashion?
あなたは最近ファッショニスタとして注目を集めています。普段からファッションに興味を持っていますか?

Sooyoung: While I do like that kind of attention, honestly, it’s burdensome. I just like what’s comfortable. My motto lately is ‘back to basic’. Wearing a white t-shirt with jeans and sneakers looks most stylish. It’s a burden trying to meet the expectations as a fashionista, because I’m starting to like comfortable things.
スヨン:関心を向けてはいますが、注目される事って本音では負担です。単にくつろげればいい。最近のモットーは「原点にかえる」なんです。Tシャツにジーンズ、そしてスニーカーが一番のお洒落に思えます。私は快適さを好み始めていますから、ファッショニスタとしての期待に応えようとするのは重荷なんです。

What do you think about the J.Lite outfit you wore for today’s shoot? It looks like they’re normally your clothes.
今日の撮影で用いたJ.Liteの衣装はどうでしたか?あなたの普段着であるかのように見うけられましたが。

Sooyoung: I’ve liked Song Jain’s clothes before I debuted, so I went to see her collections occasionally. I think that the cute teddy bear marking in particular shows off her environment-friendly mind well. The design seems like a rider jacket or biker pants, but because the material is washed, it’s comfortable and stylish. If I were to mix and match, similar to today’s photoshoot styling, I think it would be more than enough wearing just J.Lite all week.
スヨン:デビュー前からSong Jainさんの服が好きで、時折彼女のコレクションに足を運びました。特に可愛らしいクマのマークが、彼女の環境へのやさしさを表現していると思います。デザインはライダージャケットやバイカーパンツなのに、素材が洗いざらしですから、快適でお洒落です。今日の撮影スタイルみたいな組み合わせなら、一週間まるまるJ.Liteだけを着るとしても十分でしょう。

As a fashionista, is there a style you would recommend for this fall?
ファッショニスタとして、この秋お勧めのスタイルはありますか?

Sooyoung: I’m embarrassed that you called me a fashionista. I think jeans, a cotton t-shirt, a leather jacket, and throwing on a scarf indifferently would be nice. I think people look beautiful when they’re most comfortable. I think I will wear J.Lite often because of that reason.
スヨン:ファッショニスタって呼ばれると恥ずかしいです。ジーンズにコットンのTシャツとレザージャケット、そこに無造作にスカーフを巻くのが素敵じゃないでしょうか。私は、みんなが一番くつろいでいるときが素敵に見えると思っています。なので、私もJ.Liteをしょっちゅう着ることになるでしょう。

sooyoung01.jpg


You’ve made your attempt at a drama through ‘The 3rd Hospital’. I’m curious as to how it was when you were filming.
あなたは「The 3rd Hospital」を通じてドラマに挑戦しました。撮影はどんな感じでしたか。

Sooyoung: At first, I was worried because I thought I’d be nervous, but as I took on each episode, I was able to focus on acting more comfortably. It’s probably because the senior actors helped create a comfortable atmosphere so that I would be able to focus. Seungwoo oppa always matched my level and was considerate. Jiho oppa is the type that plays around a lot and creates a good atmosphere. They also gave me lots of advice on acting. There is a lot to learn, and being able to act with these seniors who shared everything with me itself was a good fortune.
スヨン:最初は緊張するかもと思って不安でしたが、回を重ねるごとに楽に演技に集中出来るようになりました。先輩俳優の方達がくつろげる雰囲気を作り上げて助けてくれたので、集中する事が出来たんでしょう。Seungwooオッパは、いつも私のレベルに合わせてくれて思いやりがありました。Jihoオッパは、いたずらばかりするタイプでムードメーカーです。彼らは演技に関する助言もたくさんしてくれました。多くの学びがあり、私にあらゆることを分け与えてくれる先輩俳優の方達と演技が出来た事、それ自体が幸運でした。

What kind of character is the role of ‘Lee Euijin’?
「Lee Euijin」の役柄はどんなキャラクターですか?

Sooyoung: While she’s a loveable character, on the other hand, I feel that she is a very mature person. At first, she may seem like a light person, but after reading the entire script, the ‘Euijin’ I got to know is a cool woman who is not afraid of sacrificing herself and getting hurt for love.
スヨン:愛らしい性格である一方で、とても大人びた人物だなって感じています。最初はうわついた感じに見えるかもしれませんが、台本を読み終えてみると、私が知り得た「Euijin」は、愛のために自分自身を犠牲にして傷つく事を恐れない、素敵な女性でした。

The role has a crush. An actress who crushes on someone either receives sympathy or hatred. Which do you think you would receive?
片思いの役です。片思いの女優は、共感されるか反感を受けるかのどちらかです。あなたはどう受け止められると思いますか?

Sooyoung: If you look closely, she’s a ‘harmful’ character. ‘Euijin’ is the exact type of person that girls don’t like. She falls and spills coffee easily… I actually worried that she’s a character who would leave a bad impression, but they were all actions made to cover the scars of the person she loves. And, because she’s a character that acts honestly, I believe viewers will sympathize with her.
スヨン:よく見ると、彼女は「迷惑」キャラです。「Euijin」はまさに女性が好きになれないタイプ。すぐに転んですぐにコーヒーをこぼして…実際、悪い印象を残す事になるキャラクターかもって心配しましたが、その行動の全ては、彼女が愛する人の傷を覆い隠すためのものです。そして彼女は真心を尽くす人柄ですから、視聴者の方達は共感してくれるものと信じています。

I heard it’s a character that goes back and forth between comedy and tragedy. Which side do you think suits you?
滑稽さと深刻さを併せ持つキャラクターであると聞きました。どちらが自分に合っていると思いますか?

Sooyoung: I feel like I’ve become that character when playing around and when I have lines that are like those of a comedy, like the character is really alive. On the other hand, when acting out the emotional scenes, it makes me think that I really am inside this drama. I was able to focus naturally. After acting out a tragic scene, there were many times where I could not even remember how I even acted. At times like that, it makes me think, ‘I really did focus then.’ Both sides were interesting experiences.
スヨン:いたずらしてコメディー的なセリフの時は、まさにその人物が存在していて、その人柄になったかのように感じます。一方で、感情的シーンを演じているときには、本当にドラマの中に入り込んでいる気持ちになります。自然に集中する事が出来ました。悲しいシーンを演じた後は、どんな演技をしたのか覚えていないことが幾度もありました。そんな時、「私は本当に集中してた」って思わせます。どれもが興味深い経験でした。

sooyoung05.jpg


As we talked, I noticed that it seems like you really focused on your character. Was acting normally your dream?
話をうかがっていると、役柄に本当に没頭していたんだなと感じます。演じる事は、あなた本来の夢でしたか?

Sooyoung: I had a greedy side for acting even before I debuted as a singer. Before I debuted as a singer, I went through preparations in order to become an actress. I think I’ve failed to pass about 70 auditions. Still, I couldn’t give up. I worked on it consistently, and little by little. And now I have been able to take on a role like this.
スヨン:歌手としてデビューする前から、演技を熱望する一面がありました。歌手デビューする前、私は女優になるための基礎固めを幾度となくしました。70くらいのオーディションで合格出来なかったと思います。でも、私は諦めたりしませんでした。着実に少しずつ取り組みました。そして今、私はこうして役を手にする事が出来たんです。

It’s unbelievable that Girls’ Generation’s Sooyoung took 70 auditions.
少女時代のスヨンが、70ものオーディションを受けたとは信じられません。

Sooyoung: ‘What [great] work is trying to get to me that I’m having to go through this [having to audition so much]? I dare you to come to me. I’m really going to work hard. I’m going to do my best.’ I don’t know how many times I’ve repeated this to myself. But after being greedy and fussing over it, I could see that side of me when acting. Then I would feel uncomfortable… And I would feel sorry to my character. So I put everything down, and after taking it on with the thought of starting all over again, everything got comfortable.
スヨン:『これ[たくさんのオーディションを受ける]を通過することなしに、どんな[素晴らしい]仕事を手にする事が出来ると言うんです?私の立場になってみて。いつだって必死。いつだって全力』自分自身に何度言い聞かせたか分かりません。でも、熱望してこだわり続けて、演じているときの自分の一面を知る事が出来ました。それから不安定になって…私の役柄に申し訳なかったと思います。なので一旦何もかも退けて、すべてをもう一度一からやり直そうと考えたら、何もかもが楽になりました。

I’m aware that you received a number of offers for other works. Is there a reason why you chose ‘The 3rd Hospital’ out of all of them?
他にも数々の作品の申し込みを受けてたことを承知しています。その中から「The 3rd Hospital」を選んだ理由は何ですか?

Sooyoung: I liked the fact that the role of ‘Euijin’ was one that needed to be in the drama. Rather than whether the role I have is big or small, it’s more important knowing if the role is present at the center of the story.
スヨン:「Euijin」の役柄が、ドラマに必要不可欠な一つであることが気に入りました。私が演じる役が大きいか小さいかではなく、その役が物語の中心的存在なのかどうかを見極める事が重要なんです。

It’s your first time acting in a drama. Were there any difficulties?
ドラマ初演技でした。大変だった事は?

Sooyoung: Acting with my eyes closed was really hard. Haha. Acting with my eyes closed, acting like I’m sleeping, it was hard having my eyes closed while focusing my attention at one place.
スヨン:目を閉じている演技がとっても大変でした。目をつぶっていたり眠っている振りをしたり、一点に意識を集中しながら、目を閉じているのが難しかったです。

Still, I would think critical eyes like negative comments would make it hard.
だとしても、否定的コメントのような批判的見方をすることは困難でしょう。

Sooyoung: From the general public’s perspective, they’re used to singing Sooyoung, and acting Sooyoung is unfamiliar. But, asking for them to love acting Sooyoung like singing Sooyoung would be greedy. The viewers see the end results. Whether it’s a reporter or singer, there isn’t a person that doesn’t have a process. Everyone puts forth effort, so you have no choice but to win through the end result. I’m still at the starting line, so I’m trying to accept those appraisals humbly.
スヨン:一般の方達は、歌うスヨンになじみがあって、演技するスヨンとは無縁です。なので、歌うスヨンみたいに、演じるスヨンを愛して欲しいと願う事は欲張りというものでしょう。視聴者は結果を受け入れます。記者であれ歌手であれ、過程の無い人はいません。誰もが努力しますから、最終的に勝利を収めるしかないんです。私はまだスタートラインにたったばかりですから、謙虚に評価を受け止めようとしています。

Isn’t it a big burden?
それは大きな負担ではありませんか?

Sooyoung: Worrying about what people might think stops right before I start acting. There isn’t any one person that everyone likes. And, if you try to be liked by everyone, I don’t think you can be happy. So, if 50 people like me and 50 don’t, I feel that I just need to grow more and move the hearts of the remaining people [of the 50 that don't like me]. I felt more relaxed thinking like that. I try to accept the fact that there are people who will dislike me.
スヨン:人々がどう思うかについて心配する事は、演技を始める前にやめました。誰もに好かれる人はいません。そして、誰もに好かれようとしたところで、幸せになれるとは思いません。50人が好いてくれて50人がそうじゃなかったら、残る人たち[私を好いていない50人ひとたち]の心を感動させるべく、私がもっと成長するだけって感じました。そう考えたら、気持ちが楽になったんです。私を嫌う人たちがいる事実も受け入れようと努めています。

Being able to acknowledge that, I feel like you’re a lot more mature than I am.
それを認めることが出来るなんて、私よりもよほど成熟しているように思えます。

Sooyoung: The career of a celebrity is destined to be critiqued and judged by people anyway. If you can’t acknowledge those things, don’t you think you shouldn’t have chosen this career?
スヨン:有名人の職業は、どうしたって人々に評価され批判される運命です。それを認める事が出来ないのならば、その職業を選ぶべきではないと思いませんか?

sooyoung06.jpg


What type of person is ‘Choi Sooyoung’?
「チェ・スヨン」とはどんなタイプの人物でしょうか?

Sooyoung: To be honest, I don’t know myself well. I thought I didn’t like being held in a mold, but if you look at it another way, being in a mold can be relaxing. You can’t say I’m always a relaxed person either, because I try not to break rules that I’ve set. But if I feel uncomfortable, I break them again… I know for sure that I’m not typical.
スヨン:実は、私って自分自身をよく知らないんです。型にはまるのは嫌って思ったり、そうかと言って、別の捉え方をすると、型に収まるほうが気楽な気もします。あなたが、私はどちらかというといつもリラックスしている人だと言えないとするなら、それは私が定められた規則を破るまいと努力しているからです。でももしそれに嫌気が差したら、私はまた破ります…模範的でない事は確かですね。

You can regulate it well with words, but you’re a very distressed character.
言葉では簡単に言い表せますが、とても悩みの多い性格ですね。

Sooyoung: That’s right. People tell me I’m easy-going, but I’m not. I’m a picky person. What I picture when thinking about an easy-going person is someone who expresses things honestly, but I tend to think about the other person’s feelings a bit more. I think I’m timid. 1st Look: You’re not timid but careful. A timid person can’t be considerate of others’ feelings. The other person being comfortable is what makes me comfortable, and so I pay a lot of attention to the other person’s mood.
スヨン:そうなんです。人は私を気さくだって言いますけど、そうじゃありません。気難しい人なんです。私が思い描く気さくな人って、ありのままに物事を表現する人なのに、私は少しばかり他の人の気持ちを考える傾向があります。臆病なんでしょう。 1st Look: あなたは臆病なのではなく思慮深いんです。臆病な人は、他の人の気持ちに配慮する事が出来ません。 相手がくつろいでいると、私もくつろぐ事が出来ますから、他の人の気持ちにたくさん気をつかいます。

Isn’t it time for you to start dating now?
お付き合いを始める時期ではありませんか?

Sooyoung: People around me are making a fuss, telling me to date. I wish they would stop now. I think it’s a problem that I have to take care of myself. ‘Can I ask why you won’t date?’ It’s because I haven’t found anyone comfortable enough. My standards aren’t high, but I haven’t met anyone I can converse with well.
スヨン:周りの人たちがデートしろって大騒ぎなんです。今すぐやめて欲しい。それは私自身が対処すべき問題です。 「何故お付き合いしないのか尋ねてもよろしいですか?」 十分に安らげる人を見つけていないからです。理想が高くはありませんが、話の合う人とは未だ出会っていません。

A comfortable guy who is not charming, or an uncomfortable but charming guy. Which would you choose?
魅力的ではないが安らげる男性、安らげないものの魅力的な男性。どちらを選びますか?

Sooyoung: The comfortable guy. That is what’s charming about him. I think I’m past the age to like bad boys.
スヨン:安らげる男性。それが魅力です。不良少年が好きな年代は過ぎました。

Really? Girls are attracted to bad boys, regardless of how old you are.
本当ですか?年齢に関係なく女性は不良男性にあこがれるものでしょう。

Sooyoung: Still, I like a comfortable person. I want to meet someone who makes me feel comfortable and just enjoy being together. I’m comfortable with the other person being comfortable, so I’m the type that tries to help make the other person feel comfortable. I want to meet a guy who knows that I do this and makes me feel comfortable.
スヨン:それでも安らげる人が好きです。安らげて、ただ一緒にいるだけで楽しく過ごせる人と出会いたい。相手がくつろいでいると私もくつろげますから、私は相手が安心できるように手助けするタイプです。わたしがこんな風であることを知っていて、私を気楽にしてくれる男性と出会いたいです。

I’m curious as to what type of woman you are.
女性としてはどんなタイプなのか気になります。

Sooyoung: I am a very comfortable woman. I try to make the other person just as comfortable as they make me feel. I don’t want to make them feel uncomfortable. I want to be a woman that people want to lean on. I’m actually feminine. I make cupcakes and bake cookies. When I get married, I want to cut fruits and take them to my husband at work. I want to show off and be a comfortable girlfriend.
スヨン:とっても付き合いやすい女性ですよ。私を安らがせてくれるのと同じだけの安心感を与えたい。居心地の悪い思いはさせたくありません。私は、人が寄り添いたい女性でありたいです。実際、女性らしいんですよ。カップケーキやベイククッキーを作ります。結婚したなら、果物を切り分けて、夫の仕事先に持っていきます。自慢できるくつろげる恋人でありたいですね。

What does ‘comfort’ mean to you?
あなたにとって「安らぎ」とはなんでしょうか?

Sooyoung: The most important value in my life!
スヨン:私の人生において最も大切な価値観です!


sooyoung0.jpg


Source: “1st Look” Magazine Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: MoonSoshi9@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~日本再始動!「Oh!」日本語版リリースやTV出演開始 

あの大ヒット曲
「Oh!」が
日本語バージョンとなって
新たにリリースされる事となりました。

つい先日
「All My Love Is For You」のMVが公開されたばかりですし
その少し前には
「Paparazzi」がリリースされています。

そして
9月5日には新たなファンクラブ
「SONE JAPAN」
が発足しており
それと同時に
2回目となる来年の日本公演スケジュールも発表されました。

なんとも今年後半は
まさに日本に向けて力を入れている感がありますね。


まずはこちらの記事をご覧ください。

Girls’ Generation to Release Japanese Version of ‘Oh!’
少女時代日本語バーション「Oh!」リリース

snsd-oh-hq-1024x640.jpg


The title track of the fifth Japanese single will be the Japanese remake of the Korean hit single, “Oh!”. The double A-side single will also feature “All My Love Is For You” and will be released on September 26th. The ringtone and music video for the Japanese version of ”Oh!” featuring updated visuals is scheduled for release on September 14th.
日本5枚目となるシングルタイトル曲は、韓国シングル「Oh!」の日本語版リメイクとなる。対となるA面シングルは、「All My Love Is For You」としてすでに公開されており、9月26日にリリースされる。日本版「Oh!」として映像を新たにしたMVや着メロは、9月14日にリリースが予定されている。

Following the brief promotion period of “PAPARAZZI”, Girls’ Generation is now headed back to Japan to promote “Oh!”. On September 24th, the girls will perform on Fuji TV’s “HEY!HEY!HEY! Music Champ”. This performance marks the girls’ sixth appearance on the program, with their latest having been the July 9th performance of “PAPARAZZI”. The girls are also scheduled to make their first appearance on Nihon TV’s “Music Lovers”. The program will be recorded on September 25th, but the air date is still undetermined.
「Paparazzi」短期間のプロモーションに引き続き、少女時代は現在、日本における「Oh!」のプロモートのため日本へと戻っている。9月24日、彼女たちはフジTV「HEY!HEY!HEY! Music Champ」で公演を行う。この公演は、彼女たちが最近出演した7月9日の「Paparazzi」公演に続く6度目のものとなる。彼女たちはまた、日本TVの「Music Lovers」へも初出演する予定だ。この番組は、9月25日に録画されるが、放送日は未定。

Also to be released on September 26th is the Complete Video Collection, which features most of Girls’ Generation’s Korean and Japanese music videos, as well as re-edited performances from the first Japanese tour. The limited edition of video collection also includes behind-the-scenes music video footage and an interview in which the girls review their own music videos.
また、初の日本ツアーから再編集された、少女時代の韓国と日本のMVほぼ全てを網羅した映像集が、9月26日にリリースされる。映像集限定版には、MV舞台裏映像と、彼女たちが自身のMVを振り返ったインタビューが含まれる。

Recently, Girls’ Generation released a schedule for their second Japanese tour. The tour will bring the girls to six different cities and consists of a total of fourteen concerts. It is set to begin on February 9, 2013 at the Kobe World Kinen Hall in Kobe, Japan and will conclude on April 10, 2013 at the Nihon Gaishi Hall in Nagoya, Japan.
最近、少女時代は2回目の日本ツアースケジュールを公開した。そのツアーは6都市を訪問し、全部で14公演の構成となっている。2013年2月9日の神戸ワールド記念ホールを皮切りに、2013年4月10日の名古屋ガイシホールを結びとする。

Both the limited edition and regular edition of Girls’ Generation’s upcoming single are currently available for preorder on CDJapan.
来る少女時代のシングル限定版及び通常版は、CDJapanで予約可能だ。

Limited Edition Single ? 1,890 yen
限定版 - 1,890円

? “Oh!” (Japanese version) ? “All My Love Is For You” ? DVD with “All My Love Is For You” music video ? Sticker Preorder from: CDJapan

Regular Edition Single ? 1,260 yen
通常版 - 1,260円

? “Oh!” (Japanese version) ? “All My Love Is For You” Preorder from: CDJapan

Source: sonejapan.net Written by: Akino_Makoto@soshified Contributor: SeraphKY@soshified, taengsoshi@soshified, bhost909@soshified Edited by: MoonSoshi9@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻

というものです。


もうここまでいろいろんな出来事が山済みだと
日本SONEの嬉しい悲鳴が聞こえてくる気がしてしまいます。(笑)

私なんか
どうしたらいいものやらパニックになっていますよ。ヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。(ノ´д)ノ

新アルバムや
来年の日本ツアーももちろん嬉しい出来事ですし

日本のTVにも出演して
彼女たちのパフォーマンスを披露してくれる事も
とっても楽しみですし

何よりそのTV出演で
彼女たちがどんなコメントを残してくれるものか。


9月に入ってずいぶんと過ごしやすくなってきましたが
日本SONEにはまだまだ熱い日が続きそうです。(^。^)v
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...