So-net無料ブログ作成
検索選択

SNSD~「2013 Japan Concert Tour」&「SONE JAPAN」設立 

詳細は未定ですが
来年2013年の
SNSD「日本コンサートツアー」2回目の開催が
ファンクラブによって正式に確認された模様です。


まずはこちらの記事をご覧ください。

Girls’ Generation Announces 2013 Japan Concert Tour
少女時代「2013 Japan Concert Tour」公表

japantour2013.jpg


Girls’ Generation’s Japanese fansite has just confirmed a Japan concert tour for Girls’ Generation in 2013. Though a schedule for the concert tour has yet to be announced, fanclub membership applications for fans living in Japan will open September 5th after 12 o’clock noon local time. Members of the fanclub will be eligible for priority applications for tickets to the concert tour. In addition, Girls’ Generation’s currently active mobile fansites will be closing in December, to be replaced by this new fanclub website.
少女時代の日本ファンサイトは、2013年少女時代日本コンサートツアーを正式に確認した。コンサートツアースケジュールは明らかにされていないものの、日本国内ファンに向けたファンクラブ入会申請は、9月5日12時に開始される。ファンクラブの会員は、コンサートツアーチケット申し込みの優先対象となる。また、現在活動中の少女時代モバイルファンサイトは、新たなファンクラブサイトに変わり12月に閉鎖される。

This will be Girls’ Generation’s second concert tour in Japan. Girls’ Generation’s first Japanese tour took place in 2011, beginning on May 31st in Osaka and concluding on July 18th in Fukuoka. The concert tour also visited Saitama, Tokyo, Hiroshima, and Nagoya for a total of fourteen performances in six cities. As many as 140,000 fans attended Girls’ Generation’s first Japanese tour, with nearly 450,000 people looking to purchase tickets, suggesting that the tickets for the 2013 Japan concert tour will also be in high demand.
これは、日本における少女時代2回目のコンサートツアーとなる。少女時代の日本初コンサートは2011年に開催され、5月31日の大阪を皮切りに、7月18日の福岡を結びとした。コンサートツアーでは、6都市での14公演に向け、埼玉,東京,広島,名古屋を訪問。およそ45万人近くがチケット購入を求め、14万人ものファンが少女時代の初ツアーに来場しており、2013年の日本コンサートツアーチケットにおいても、高い需要が見込まれる。

Source: sonejapan.net Written by: bhost909@soshified Contributor: arghninja@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻

と言うものです。


国内SONEの数もうなぎのぼりなのでしょうか。

今まで活動してきたモバイルファンサイトが
新たに「SONE JAPAN」として設立するファンサイトに移行し

それを記念して
「2013年少女時代日本コンサートツアー」チケットの先行予約受付も。

最近の
SNSDの日本への力の入れように応じたかのような今回のこの発表。
個人的にはとても歓迎すべき事です。

今までのファンクラブは12月に閉鎖されるとの事ですから
現在会員となっている方達にとっては
移行手続きが伴ってしまい
多少煩雑な事ではあるでしょうが

ファンクラブとしての質が向上するのであれば
そんなことは気にもならないはず。


そしてまた
SNSDのコンサートチケットを手にしたいがために
新たなファンが続々と入会するであろう気がします。


今回のファンクラブ名称もいいですねぇ~。
「SONE JAPAN」

単純明快であり
やはりSNSDファンクラブであるならば
「SONE」の4文字は必須。

今までファンクラブに入る気なぞありませんでしたが
今回は多少心が動いています。
(ー_ー;)ウーン、、、

とは言え
人ごみが苦手な私はコンサートに参加することはまずありえないでしょうし
グッズにも興味はありませんから
入会する可能性は限りなく低いのですが。(笑)


私とは異なって
コンサートが大好きで
グッズもたくさん集めたい方達は
この機会に是非入会を検討されてみてはいかがでしょうか。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~スヨンさん「Singles」誌9月号インタビュー 

不定期更新?
SNSDインタビューシリーズ
昨日に引き続きお届けします。

今回お届けするのは
新ドラマ「The 3rd Hospital」に出演する
スヨンさんと共演俳優の方達のインタビュー。

「Sengles」誌、9月号に向けたものですね。

個人的インタビューではありませんから
当然スヨンさんだけが話しているわけではありませんし
その事にがっかりする方がいらっしゃるかもしれません。

ですが
ここでタブを閉じたりせずに
騙されたと思って目を通してみてください。

絶対にその価値はありますから。


彼女が初演技ともいえる今回の撮影に対して
どんな態度で臨んだのか

そして
そんな彼女を現場のみんながどう受け入れたのか。

先輩俳優が
彼女をどれほど慈しんで見守っていたのか。

そんないろんなことが見えてきます。


特に
おそらくは大俳優とも言えるのであろう
Kim Seungwoo氏のスヨンさんに対する評価。

まさに手放しで賞賛している感じで
個人的に友人であるSMの会長イ・スマン氏に
わざわざそのことを伝えたくらいです。


スヨンさん自身が語るのではない
周りの人々の彼女への印象や想い。

そこからまた
スヨンさんの魅力が浮き上がってきます。


あいもかわらず前置きが長くなってしまいましたが
いつもどおり余計な記述はこの前文だけ。

インタビューをゆっくりとご覧いただき
スヨンさんの魅力に思いを馳せてください。


では
「Singles」誌9月号向けインタビューをどうぞ。εεε( *゜▽)_

Sooyoung and the Cast of ‘The 3rd Hospital’ Interviewed in ‘Singles’ Magazine
スヨンと「The 3rd Hospital」キャスト「Singles」誌インタビュー

Sooyoung_Singles_Interview_1.jpg



Sooyoung, along with her co-stars Kim Minjung, Oh Jiho, and Kim Seungwoo from her upcoming drama, “The 3rd Hospital”, were featured in the September issue of “Singles” Magazine. The cast took part in a photoshoot as well as a fun interview that showed their playful and comfortable relationship with each other. The first episode of “The 3rd Hospital” will air on September 5th at 11PM KST on tvN.
スヨンは、今度のドラマ「The 3rd Hospital」の共演者、Kim Minjung,Oh Jiho,Kim Seungwooと、「Singles」誌9月号で特集された。キャストは、互いにふざけあう気の置けない関係を示す写真撮影とインタビューに参加した。「The 3rd Hospital」の第1話は、9月5日23時からtvNで放送される。

I heard Girls’ Generation’s Yuri and Sooyoung held a birthday party for Kim Minjung. I assume you would have been jealous that she has a fixed member, while the job of actors is a lonely one, always having to move alone.
少女時代のユリとスヨンが、Kim Minjungのために誕生日パーティーを開いたと聞きました。俳優の仕事は孤独で、常に一人で活動しなくてはなりませんから、彼女に親密なメンバーがいる事に嫉妬したでしょう。

Kim Minjung: That’s right. Because Girls’ Generation members are close, they visited the set often. It was interesting, and I was jealous thinking about how they could give each other strength.
Kim Mingung: その通りです。少女時代のメンバーは仲良しですから、何度も現場を訪れていました。それは興味深いもので、彼女たちが互いに支えあっている事に嫉妬を覚えました。

There are a lot of members who have doubled as actresses, do they give you acting advice, too?
女優としてデビューしたメンバーもたくさんいます。彼女たちは演技指導もしていましたか?

Oh Jiho: Sooyoung is the best at acting.
Oh Jiho: スヨンの演技は最高ですよ。

Now that I think about it, I’ve seen Sooyoung at a theater. If it’s to the point where you go to watch musicals alone, I thought that you were fairly serious about acting. But I learned that your sister is a musical actress?
それについてですが、私はスヨンを劇場で見かけました。一人でミュージカルを見に行く事が肝要であるとするなら、演技に対してかなり真剣だと思いました。そしてまた、彼女の姉がミュージカル女優だと聞きましたが?

Kim Seungwoo: Her sister will be making an appearance in the drama, too. She was good at acting. I heard she was in a musical recently, but I didn’t get to see it.
Kim Seungwoo: 彼女のお姉さんは、ドラマにも出演しているよ。彼女は演技がうまかった。最近ミュージカル中だと聞いたが、見に行ってはいないな。

Sooyoung: After the work called ‘King Sejong’ is over, she will be starting ‘Looking For Kim Jongwook’, so come watch that. It’s something that my sister has really been wanting to do for a while.
スヨン: 「King Sejong」の仕事が終わって、彼女は「Looking For Kim Jongwook」を始めたので、見に行ってください。それは彼女がずっとやってみたかった事なんです。

Kim Seungwoo: Wow. ‘Looking For Kim Jongwook’? Isn’t that a gateway-like musical for stars? Your sister is popular.
Kim Seungwoo: ほぅ。「Looking For Kim Jongwook?」スターへの登竜門ともいうべきミュージカルだね?君のお姉さんは人気者だ。

Honestly, based on just looks, it would be right for Oh Jiho to do Western medicine, and for Kim Seungwoo to do oriental medicine. (laugh)
正直に申し上げると、その面差しから、Oh Jihoが西洋医学役、Kim Seungwooが東洋医学役であるのが、まさにお似合いだと思います。(笑)

Kim Seungwoo: We should have done that. Haha. Because he has a more Western look. He’s Agrippa. It’s hard not being greasy while being this good-looking. It’s Jiho’s strength.
Kim Seungwoo: そうあるべきだったんだ。ははっ。彼は見た目がすごく西洋医学的だからね。彼はAgrippa。ハンサムでありながらしつこくないって言うのは難しい。それがJihoの強みだね。

Oh Jiho: I worked under a company in 1998. Someone said I looked greasy as soon as they saw my profile picture.
Oh Jiho: 1998年に一座で仕事しました。誰かが、私のプロフィール写真を見るや否や、見た目がしつこいねって言っていましたよ。

Kim Seungwoo: It was ’98. I was a star then, paying 700 million won in taxes. (laugh)
Kim Seungwoo: 98年ね。税金で7億ウォン払ったらスターだったよ。(笑)

Oh Jiho: You do that now, too.
Oh Jiho: 今だってそうでしょう。

Kim Seungwoo: I’m saying I’ve been doing this for that long. [Translator's note: implying the taxes part was a joke]
Kim Seungwoo: ずっとそうしてきたと言ってるんだよ。[翻訳者注: 税金の部分は冗談]

Sooyoung: Kim Seungwoo oppa’s comedy concept is ‘acting conceited’. (laugh)
スヨン: Kim Seungwooオッパのコメディのテーマは「うぬぼれやさんの振り」なんです。(笑)

Kim Seungwoo: It’s not acting conceited, but being a distinguished person. (laugh)
Kim Seungwoo: うぬぼれた振りじゃなくて、著名人だよ。(笑)

All the main characters are doctors and only Sooyoung is a musician. Did you not have any sense of alienation? The situation was like being the only ordinary person while everyone was in their superhero costume in the ‘Avengers’.
主役全員が医師で、スヨンだけが音楽家。疎外感はなかったでしょうか?誰もが「Avengers」のスーパーヒーロー衣装に身を包む中、一人だけ一般人であるかのような状況でした。

Sooyoung: I was a little jealous of them wearing a doctor’s gown. I normally wanted to take on the role of a doctor, but I’m the youngest on the set, and I come on as a weak character. Also, being amongst people wearing doctor’s gowns makes me feel protected, so it’s nice.
スヨン: 彼らの白衣に、少しだけ嫉妬しました。本来なら、医師の役をしてみたかったですけど、現場では一番年下で、気弱な役柄で登場します。それに、白衣を着たみんなに囲まれるのは、守られているみたいで、素敵でした。

Kim Minjung: Sooyoung actually stands out the most.
Kim Minjung: 実際はスヨンが一番目立ってたね。

Sooyoung_Singles_Interview_2.jpg



You’re a member that girls like the most out of Girls’ Generation. I thought you had a more laid-back image, but I heard you’re feminine and do a lot of aegyo, too? How did you adjust?
あなたは、女性たちが少女時代の中で一番好きなメンバーです。私はあなたが気さくなイメージを持っていると思っていましたが、女性らしくて愛嬌たっぷりだとも聞きました。どうやって調和させているのでしょう?

Sooyoung: I had a little trouble at the beginning. I’m shy and am the type where it takes a long time to get close. But my role in the drama is very bright and talking informally to people I meet for the first time. I think the insides are similar though.
スヨン: 最初は少し苦労しました。私は恥ずかしがり屋で、仲良くなるのに時間がかかるタイプです。でも、私のドラマでの役は、とっても明るくて、初めて出会った人にも打ち解けて話しかけるんです。とは言え、内面は似ていると思います。

Kim Seungwoo: You look like you’d be like that though?
Kim Seungwoo: でもそんな感じに見えるけどね?

Sooyoung: Oh, really? I will take that as you saying that I act well. (laugh)
スヨン: えぇっ、本当ですか?私の演技が上手だったと言ってくれてるって受け止めちゃいますよ。(笑)

Kim Seungwoo: I’m friends with Sooyoung on KakaoTalk, and she’s no joke at acting conceited. When I wrote, ‘You’re so pretty,’ on KakaoStory, she said, ‘Hmph. You’re just noticing? I’ve been pretty’. (laugh)
Kim Seungwoo: 私はKakaoTaklでスヨンと友達だが、彼女のうぬぼれ演技は冗談ごとじゃない。 「きみはとっても可愛らしいね」 ってKakaoStoryで書いたとき、
「ふ~ん。今になって気づいたんですか?私はずっと可愛かったんですよ」
って彼女は言ったんだ。(笑)

Oh Jiho: She should be like that. The generation where celebrities play innocent saying, ‘I’m not~’ has passed.
Oh Jiho: 彼女はそうあるべきなんです。有名人が「そんなことはありませんよ~」って言いながらしらを切る時代は過ぎ去りました。

Sooyoung has a lot of overseas activities. Did you film the drama amidst all of that?
スヨンは数多くの海外活動をしています。そんな中でドラマ撮影をしたんですか?

Sooyoung: There weren’t that many overseas schedules. The company was considerate in letting me focus on the drama aside from group activities. It’s a pre-production. The script was out early, and because there was time to spare, I was able to focus comfortably. When I saw my other members receiving pages of scripts like a live broadcast system [Translator's note: receiving parts of the script close to the actual air date, rather than receiving the entire script at once like Sooyoung did] I thought, ‘I don’t think I could do it like that’. The members who were able to do it under those conditions are really great.
スヨン: 海外スケジュールはそれほど多くはありませんでした。事務所は、私がグループ活動する一方で、ドラマにも集中させてくれる思いやりがありました。制作前のことです。台本は早めに出来上がっていて、時間に余裕がありましたから、ゆっくりと集中する事が出来ました。私は他のメンバーの生放送みたいな台本の一節を目にしたとき、思いました。 [翻訳者注:スヨンのように一度に全部を受け取るのではなく、放送間近の台本の一部を受け取る] 「私にはこんなこと出来っこない」って。 そんな状況の下、やり遂げたメンバーは本当にすごいです。

Kim Seungwoo: Don’t be surprised while watching our drama, [surprised at] Sooyoung acting so well.
Kim Seungwoo: 私たちのドラマを観て驚いてはいけない。[驚かされるが]スヨンの演技はとても上手だよ。

Is she better than Yoona? She [Yoona] is the member who has become most situated as an actress.
ユナよりもでしょうか?彼女[ユナ]は、女優として第一人者のメンバーです。

Oh Jiho: From what I’ve seen, [Sooyoung] is better.
Oh Jiho: 僕が目にした中では、[スヨンが]優れていますね。

Kim Seungwoo: Everyone has their own style when it comes to singing or acting, so it’s not fair comparing them, but Sooyoung was really surprising. When I met Lee Sooman privately, I complimented her, saying she was really good, and he said, ‘Sooyoung always acted the best.’
Kim Seungwoo: 誰もが、歌うことであれ演技することであれ、自分自身のスタイルを持っているから、比較する事が公平だとは言えないものの、スヨンは本当に驚くべき存在だった。個人的にイ・スマンと会ったとき、彼女は本当に素晴らしいよと言って賞賛したら、「スヨンはいつだって最善を尽くすんだよ」と言っていたね。

You’re a good senior. Complimenting a co-worker in front of their boss is loyalty.
あなたはよき先輩です。彼女の会長の前で共演者を誉めるなんて律儀ですね。

Kim Seungwoo: I don’t have a business relationship with Lee Sooman and am friends with him personally. I really wanted to meet him to talk about things like this because she’s so commendable. Because judging whether her acting is good or bad is up to the viewers, I’ll set that aside, but her posture on set was really good. She wasn’t like other idols these days. She was just trying to focus, but what does a kid know. (laugh) How cute would that be.
Kim Seungwoo: Lee Soomanとは仕事上の付き合いじゃなくて、個人的な友人なんだよ。彼女はとても素晴らしかったから、是非ともそんな話がしたくて、本当に彼に会いたかったんだ。彼女の演技の良し悪しは視聴者が決める事だから、それは脇に置いておくとしても、現場での彼女の姿勢は本当に良かった。彼女はこれまでのアイドルみたいじゃなかった。ただ集中しようとし、その反面、年下が成すべき事も知っていた。(笑)それがどれだけ可愛かった事か。

Oh Jiho: She told me that she’s trying to focus, so not to laugh.
Oh Jiho: 彼女は集中するために、笑わないようにしていると言っていました。

Sooyoung: Oppas and unnies can laugh and immediately focus when filming starts, but I can’t because I’m a beginner. But they keep teasing me before filming. They kept making me laugh, so I was sad I couldn’t focus well that day.
スヨン: オッパとオンニは、笑っていたとしても、撮影が始まったらすぐに集中することが出来ますけど、初心者の私には出来ないんです。でも、みんなが撮影前に私をからかい始めて。私を笑わせ続けてくれたおかげで、その日はうまく集中できなくて悲しかったです。

Sooyoung_Singles_Interview_3.jpg



Is the best action scene in this to the point where the two characters grab each other’s collars?
シーンの一番の見所は、2人が互いの胸ぐらをつかみ合うところでしょうか?

Sooyoung: No. It’s a scene where Oh Jiho oppa pulls medicinal herbs on a cliff. I thought he was filming a sports CF. (laugh)
スヨン: いいえ。Oh Jihoオッパが断崖の薬草を引き抜く場面です。私は彼がスポーツCFの撮影をしているんだと思ってしまいました。(笑)

What order were you all cast?
どんな順番で配役されましたか?

Kim Seungwoo: Sooyoung was the first. The main male role wasn’t decided on, so while the scenario was being sent around, Sooyoung was still the only one confirmed.
Kim Seungwoo: スヨンが一番だね。シナリオが回され始めても、主演役は決まっていなかったんだ。スヨンだけが決まっていた。

Sooyoung: The first time I received the script was around October of last year. With the cancellation of another work I was supposed to do, I came to do this. I told them I would be in it regardless of who the other actors would be. The scenario was really good. The drama was normally supposed to air before ‘Love Rain’ and ‘Fashion King’, but because the situation didn’t turn out as desired, I kept waiting.
スヨン: 初めて台本を受け取ったのは、去年の10月くらいでした。予定していたもう一つの仕事をキャンセルして、こっちにしたんです。他の俳優が誰であろうと、私はそうするって話しました。台本はとても良かったです。ドラマは、本来なら「Love Rain」や「Fashion King」の前に放送される予定でしたが、状況が希望通りにならなかったので、私は待ち続けました。

Oh Jiho: The viewer ratings can jump 1% just because of you.
Oh Jiho: 視聴率は君のおかげで1%は跳ね上がるよ。

Kim Seungwoo: The goal is 5%.
Kim Seungwoo: 目指すはは5%だな。

After hearing the other actors who were cast, what did you think?
配役された他の俳優を聞いて、あなたはどう思いましたか?

Sooyoung: I’m a singer, so I worried more about what the others would think of me. I was really nervous, and I worried about whether I would cause trouble.
スヨン: 私は歌い手ですから、他の方達が私をどう思うか心配でした。とても神経質になって、トラブルを起したらどうしようって不安だったんです。

Kim Seungwoo: Because Sooyoung has a role that doesn’t act directly with me, I just thought, ‘She acts too now.’ Same with Minjung. We aren’t in the age group to be interested in one another. I just thought, because she’s someone who is good at acting, there wouldn’t be any hindrances. My concern was on who would be playing the role Jiho has. After hearing that the scenario was given to Jiho, I said, ‘Do you think he would do that?’ and I was told he immediately did. Who knew he was that free! (laugh)
Kim Seungwoo: スヨンの役は、私との直接的な演技がなかったから、「彼女は働きすぎだ」と思った。Minjungと一緒だね。我々は、互いに関心のある年齢層ではない。私は、彼女が演技の上手な誰かで、支障はなさそうだなと単に考えた。私の関心は、Jihoが得た役を誰が演じるかにあった。台本がJihoに渡されたと聞いたとき、「彼はやるかな」って言ったら、すぐに彼が受けたと告げられた。そいつは彼がフリーだって知っていたんだ!(笑)

Oh Jiho has played both manly, charismatic roles and slacking, clumsy roles, but I think an intelligent role is a first.
Oh Jihoは、男らしいカリスマ的な役と、怠惰で不器用な役、両方を演じてきましたが、知的な役は初めてでしょう。

Sooyoung: He is normally clumsy. He has an unexpected appeal.
スヨン: 彼って普段は不器用なんです。思いがけない魅力があるんですよ。

Oh Jiho: A doctor is a role that actors really want to play, because it’s also a dream boys have when they are little. It was a role I wanted to do as an actor, and because it’s a doctor in oriental medicine rather than one of Western medicine, I felt it suited me.
Oh Jiho: 幼い時少年が夢見る事でもありますから、医師は俳優が本当に演じてみたい役ですね。この役は俳優として是非ともやってみたかったし、西洋医学の一人ではなく東洋医学の医師だったので、僕にピッタリだと思いました。

I heard you panicked during the first shoot, Sooyoung.
スヨン、最初の撮影でパニックになったと聞きましたが。

Sooyoung: It was difficult adjusting to the set and equipment. I went prepared, and it was a script that I saw for a long time, but because I was nervous, my acting came out forced. I panicked, thinking, ‘What’s wrong with me?’ But because they made me feel so comfortable, I adjusted quickly. I was taken care of a lot and teased a lot.
スヨン: セットと設備に順応するのが大変でした。ずっと台本を読み込んで準備していきましたが、緊張していたので演技に無理がありました。「私どうしちゃったの?」って思ってパニックになったんです。でも、みなさんが私を落ち着かせてくれたので、すぐに立ち直りました。たくさんお世話になって、いっぱいからかわれました。

Which Girls’ Generation members have not visited the set yet?
まだ現場を訪れていない少女時代のメンバーは誰でしょうか?

Sooyoung: Hyoyeon, Jessica, and Sunny are the members who have not visited. I have three episodes left. Haha. But the other members bought vitamins and cupcakes, so I was really thankful.
スヨン: ヒョヨン、ジェシカ、サニーが、まだ来ていないメンバーです。私は3人のエピソードを残しておきます。ハハッ。でも、他のメンバーがピタミンやカップケーキを買ってきてくれたので、とっても感謝しています。

Sooyoung_Singles_Interview_4.jpg



Sooyoung’s Acting Generation
スヨンの舞台時代

“Something that other medical dramas don’t have? Girls’ Generation.” That’s Kim Seungwoo and Oh Jiho’s joke. Kim Seungwoo, with a serious face, said that Sooyoung’s acting was better than expected. He also guaranteed that everyone would be surprised [by her acting]. While it has become the standard for a drama production crew to cast an idol for audience value, there aren’t a lot of idols who expect to build their presence amidst a crowd of middle-aged actors. With her sister being a musical actress, she has earnest affection for acting, like her singing.
「他の医療ドラマに無いものは?」 「少女時代」
これは、Kim SeungwooとOh Jihoの冗談だ。Kim Seungwooは真剣な面持ちで、スヨンの演技は期待以上だったと言った。彼はまた、誰もが驚くであろう事を保証した。[スヨンの演技に] ドラマプロダクションクルーが、興行価値のためにアイドルをキャストするのが一般的となった現在、中年俳優らに囲まれ、その存在を確立する事を期待できるアイドルは希少だ。彼女の姉はミュージカル女優で、彼女は歌うことと同様に演じることを真実愛している。

Before making her name known as Girls’ Generation, she already debuted through the film “Hello, Schoolgirl”, so that dream didn’t ripen in just a day or two. While it looks like her official acting started later than her colleagues, “The 3rd Hospital” is a drama that was being prepared before other Girls’ Generation members’ dramas, such as “Love Rain” and ”Fashion King”.
彼女の名が少女時代として知られる前、彼女はすでに「Hello, Schoolgirl」の撮影でデビューしており、そしてその夢は、わずか1日や2日で成就するものではなかった。表向き、彼女の演技は仲間たちの後に始まったように見受けられるが、ドラマ「The 3rd Hospital」は、他の少女時代メンバーのドラマ「Love Rain」や「Fashion King」より以前から準備されていた。

In this drama, she acts as the loveable violist, Euijin, who whole-heartedly follows Oh Jiho’s character, Seunghyun, around. This role of Euijin, who has a lot of aegyo, was unfamiliar at first to Sooyoung, who says she usually is really shy. “It was hard adjusting because I was acting for the first time in a while.” However, she was able to begin finding her place as a member on set through the other actors’ affectionate teasing. “What does this kid know to say she’s focusing… Haha.” Kim Seungwoo explained what happened on set, implying she’s cute. Oh Jiho added, “She told me not to interrupt her because she has to focus.” Sooyoung reacted as if she were already used to their jokes.
ドラマにおいて、彼女は、Oh Jiho演じるSeunghyunに一途に付きまとう、愛らしいビオラ演奏者Euijinを演じる。愛嬌溢れるEujin役は、普段からとても恥ずかしがり屋だと言われるスヨンにとって、当初はなじみのないものだった。
「しばらくぶりの演技でしたから、順応するのが大変でした」
だが彼女は、他の俳優たちによる愛情のこもったからかいを通じて、現場メンバーとして自分の場所を見出し始めた。
「この娘は集中します…と言う以外何も知らなかったよ。ははっ」
Kim Seungwooは現場の出来事を明らかにし、彼女の可愛らしさをほのめかした。
Oh Jihoが付け加えた。
「集中しなくちゃいけないから邪魔しないでくださいって言われましたよ」
スヨンは、彼らの冗談に慣れきっているかのような反応を示した。

Sooyoung contributed in increasing the power of the set in ways other than acting. Girls’ Generation members’ encouraging visits on set boosted the actors and male staff members morales greatly. They also held a surprise party for Kim Minjung, who had her birthday during the drama shoot. While she is an icon that the entire world already focuses on, as an actress, she is a rookie and the youngest member on set. Sooyoung accepted that position cheerfully. The reason why she does not look lonely or nervous at all starting over as “rookie actress Choi Sooyoung” and not “Girls’ Generation’s Sooyoung”, is because of that.
スヨンは演技以外の面でも、現場の意欲向上に貢献した。少女時代メンバーの現場への励まし訪問は、男優や男性スタッフメンバーの士気を高めた。彼らはまた、ドラマ撮影中に誕生日を迎えたKim Minjungのために、サプライズパーティーも開いた。彼女はすでに世界中が注目する偶像だが、女優としては新人であり、現場でもっとも若いメンバーだった。スヨンは、喜んでその立場を受け入れた。「少女時代のスヨン」ではなく、「新人女優チェ・スヨン」として一から始めながらも、孤独であったり不安げに見えない理由は、まさにそこにある。

Source: “Singles” Magazine, “The 3rd Hospital” official site Scans by: ????@Withsosi Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: MoonSoshi9@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SNSD~ユリさん「CeCi」誌インタビュー 

みなさまお久しぶりです。

って
決してお久しぶりと言えるような期間ではないのですが

「限りなく休止に近い不定期更新になると思います」と書いておきながら
その舌の根も乾かないうちにこうして記事投稿するのが
とても恥ずかしいが故の表現です。(((^^;)(;^^) ))


SNSDへのインタビュー翻訳記事を見つけたら
間違いなくご紹介するつもりでおりましたし
ただ、それっておそらくは
数ヶ月に一度くらいの頻度だろうと考えていたところ

予想に反して(喜ばしい事に)
「CeCi」誌でのユリさんのインタビュー記事が翻訳投稿されていました。

しかも
それだけにとどまらず
「Singles」誌でのスヨンさへの新ドラマに関するインタビュー翻訳記事も
昨日24日付けで投稿されていまして
また数日中に(あるいは来週末)ご紹介する事となります。(爆)


まぁ
嬉しい誤算ですから
私の見栄なんてそのへんに放り出して
恥を忍んでの今回の不定期更新ですね。


ちなみに
毎日の更新を終えてからこうしてインタビュー記事を翻訳していると
今までずいぶんと時間に追われていた事に気づきました。

決して
いつまでに投稿しなくてはいけないなんて制限があったわけではないのですが
少しでも早くご紹介したい
次の記事も早く翻訳したいと言う気持ちが強くて
それが自分自身を追いやっていたようです。

今回はそんな焦燥を感じることなく
ゆっくりと時間をかけて
インタビューの中に入り込みながら
現時点で出来る私なりの精一杯の翻訳をしました。

お楽しみいただければ幸いです。


前置きが長くなりましたが
今回ご紹介するこのユリさんへのインタビュー

ユリペンはもちろんの事
SONEであるならば是非とも目にしておくべき内容となっています。

インタビュアーの力量がとても素晴らしく
質問が適切で
ユリさんの本音をしっかりと導き出していますから。

ユリさんがとても赤裸々に語っていて
しかもその言葉のあちらこちらに
まさに宝石がちらばめられていて

とある箇所においては
(明記はしません。間違いなく気づかれる事でしょう)
「まさにSNSD!!」と言うべき
素晴らしい至言が。


不定期更新をお知らせした後の
最初の記事紹介が
このインタビューである事を誇りに思います。

いつものように
この前文だけで
インタビュー記事後に余計なことは書いておりませんので
ごゆっくりお楽しみいただき
しっかり読後の余韻に浸ってください。(^。^)v

‘Kwon Yuri’s Beautiful Period of Growth’: Yuri Appears in ‘CeCi Magazine’ for a Photoshoot and Interview
クォン・ユリ成長の軌跡:ユリが「CeCi」誌写真とインタビューに登場

2102073220411.jpg


Actress Kwon Yuri: another name Girls’ Generation’s Yuri has earned. And a 24-year old Kwon Yuri that we don’t know. At the point where all three images overlap, she started to speak words that were probably thought out for a while now. Yuri’s face wasn’t trying to hide the many worries and different scenes than usual that have been wrapped around her.
女優クォン・ユリ:少女時代のユリが得たもう一つの呼び名。そして我々が未だ知らぬ24歳のユリ。その3つのイメージが重なり合ったとき、ユリは考え抜いたであろう言葉を紡ぎ始めた。ユリの表情は、彼女の周りに漂ういつもより多くの懸念や、様々な出来事を隠そうとはしていなかった。

CeCi: The drama ‘Fashion King’ ended in May. I think it might have felt like a first crush, as it was your first time acting in a drama.
CeCi: ドラマ「Fashion King」が5月に終了しました。ドラマ初演技でしたから、初恋のような想いがあったのではないでしょうか。

Yuri: That expression really hits home. My heart fluttered like my first crush, and I really anticipated it. There was as much pain as I was lacking. It was a very innocent, sad emotion, but I think it would be difficult trying to express how I feel exactly. I don’t know if it’s because I fell so deeply into my role of ‘Anna’ that there was a time where I even worried, ‘What kind of person am I, really?’ It was a time where I hurt and learned a lot. Only two, three months had gone by, but it was really embarrassing watching myself. Not too long ago, during an overseas schedule, I saw ‘Fashion King’ on TV, and I changed the channel without even realizing it. (laugh) Watching it again after bracing myself, it was really nice.
ユリ: その質問は本当に心に響きます。私の心は初恋のようにときめいて、そしてとても待ち焦がれていました。私に欠けている分、多くの苦悩もありました。それはとても純真で切ない感情でしたが、正確に言い表す事は難しいです。私の役である「Anna」に深く入り込んでしまった故か、「私っていったいどんな人?」と当惑するくらいでした。傷つきながらも多くを学んだ時でした。ほんの数ヶ月しか経っていませんが、自分自身を見るのはとっても恥ずかしかったです。少し前、海外活動中に「Fashion King」をTVで目にしたとき、思わずチャンネルを変えていました。(笑) 気を取り直してから見てみたら、とてもいい出来でしたよ。

CeCi: You keep saying you were hurting a lot. Was it the hurt that the role of Anna had, or from your own acting or the results of the drama?
CeCi: あなたはとても辛かったと言い続けています。その辛さはAnnaという役に対してのものでしょうか、それともご自身の演技やドラマの結果からのものでしょうか?
Yuri: I don’t have even 1% of regret with the results. It’s about my acting and character. With each episode, worries and hurt started emerging as I focused on my role. As soon as I saw the script for ‘Fashion King’, because I wanted to do it so much, I just jumped into it. However, there was a scene in the first episode where I had to use English perfectly. Regret and worries started with, ‘Ah, did I make the wrong decision?’, and the more I got to know my character, it felt even more like a difficult one. But I think that is why I wanted to finish it even more. If it was destiny that Anna came to me, I felt completing the drama itself would help answer some doubts about myself. The time I spent worrying and acting was a time for me to answer all the questions I had about myself.
ユリ: 結果については、1%たりとも悔いる事はありません。演技と人物像に関する事です。それぞれのエピソードで私は自分の役に没頭し、それ故に悩みや苦しみが生じました。どうしてもやってみたかったので、私は飛びつき、すぐに「Fashion King」の台本に目を通しました。ところが、最初のエピソードから完璧な英語を話さなくてはならなかったんです。「私、間違った選択をした?」って、後悔や不安が沸きあがりました。そして、その人物像を知るにつれ、より一層難しいものに思えました。でもだからこそ、どうしたってやり遂げてみたかったんです。Anna役が私の元に舞い込んできたのが運命だとするならば、ドラマそれ自体を完結することが、私自身に対する問いかけの答えを得る助けになると思いました。不安を抱えながら演技に費やした時間は、私へのあらゆる問いかけへの答えを得るための時間だったんです。

CeCi: Your role was very heavy and complicated. Did Anna’s depression intrude your inner self?
CeCi: あなたの役はとても重く複雑でした。Annaの憂鬱があなたの内面にまで影響を与えませんでしたか?

Yuri: I want to say, ‘Not really,’ very calmly, but I was actually really depressed. Because I wanted to feel Anna a lot closer, I could have been doing that on purpose. In order to hide that, I would act more cheerful, and the staff probably didn’t know. But people that are close to me all asked why I had become so gloomy.
ユリ: 平然と「そんなことはありません」って言いたいところですが、実はほんとうに落ち込んでいたんです。Annaをより身近に感じたくて、意図的にそうしていたのかもしれません。それを隠すためにいつも以上に陽気に振舞いましたから、おそらくスタッフは気づかなかったでしょう。でも親しい人たちは、そんなに落ち込んでどうしたのって聞いてきました。

yuriceci2.jpg



CeCi: Have you grasped any survival skills through your first experience on a filming set?
CeCi: 初めての撮影現場で、なんらかの生き残る術を掴み取りましたか?

Yuri: My own method of getting along with anyone is ‘ask a lot of questions’. Not being embarrassed of not knowing something. I try to talk, patiently, until a trust is gained.
ユリ: 私なりのみんなと仲良くやっていく方法は、「たくさん質問する」です。知らない事を恥ずかしがらずに。信頼されるまで、気長に話しかけるように努めました。

CeCi: You’d need to be really brave for that. Did it work naturally?
CeCi: そのためには本当に勇気が必要でしょう。自然に振舞えましたか?

Yuri: I’m actually really shy, so I usually can’t do it well. But on the drama set, it is true that I am the youngest and am lacking the most. So in order to at least not cause any damage, I felt that the only thing I could do was gain answers from seniors and learn quickly.
ユリ: 私はとっても恥ずかしがり屋なので、いつもならそんなことは出来ません。でもドラマの現場においては、私が最年少で実力不足なのも事実。せめて迷惑にならないように、私に出来る唯一つの事は、先輩たちから得た答えをすぐに学び取ることだと感じました。

CeCi: I would think you would feel lonely on set by yourself, unlike when promoting with Girls’ Generation.
CeCi: 少女時代での活動のときとは異なり、一人っきりの現場は寂しかったのではありませんか?

Yuri: I felt a lot of things. I thought, ‘There are a lot of benefits I can enjoy with my superficial talents’, and my affection for my members deepened. While I was filming, Girls’ Generation ? TTS was promoting, so I sang and danced along while watching music programs. The staff members said, ‘You’re a natural born singer,’ and I agreed with it, thinking, ‘Singing as a member of Girls’ Generation is really a great happiness!’
ユリ: いろんなことを感じました。「私のつたない才能を楽しむことが出来るたくさんの恩恵がありました」し、メンバーに対する愛情も深まりました。撮影中に、少女時代-TTSがプロモーションしてましたから、音楽番組を見ながら、歌って踊ったんです。スタッフが、「生まれながらの歌い手だね」と言ってくれて、「少女時代のメンバーとして歌うことってほんとうに幸せ!」って思いながらうなずきました。

yuriceci3.jpg



CeCi: Hearing ‘superficial talent’ from Girls’ Generation’s Yuri, I’m surprised at the strong expression. Is it really like that?
CeCi: 少女時代のユリから「つたない才能」と聞いて、非常に驚いています。本当にそうなのでしょうか?

Yuri: It means that, compared to the small talent I have now, I’m receiving copious amounts of love and understanding. The love I can give is so small compared to the amount I receive, and I’ve wondered how I could pay back all of that love.
ユリ: 現時点の私にある小さな才能に対して、あまりにも多くの愛と理解を享受しているということです。受け取る愛の量から考えると、私の愛はほんのちょっぴりで、そんな全ての愛にどうしたらお返しできるかしらって考えています。

CeCi: The drama credits carried your real name, Kwon Yuri, instead of Yuri.
CeCi: ドラマクレジットでは、ユリではなく本名のクォン・ユリが流れました。

Yuri: If you look at it from a large scale, it feels like ‘Yuri Act 2′. It simply carried my real name. I’ve always dreamed of the three characters of my name appearing on TV, but when I actually did see the three characters reading ‘Kwon Yuri’, it felt a bit unusual.
ユリ: 広く捉えるならば、「ユリ第2幕」って感じでしょう。単に本名が流れたに過ぎません。私はずっとTVに自分の名前3文字が表示される事を夢見てきましたが、実際に「クォン・ユリ」の3文字を目にして、少し違和感がありました。
(一刻注:皆さんご存知と思いますが、ユリさんのハングル表記は「???」の3文字です)

CeCi: Whether it’s in a good way or bad, ‘Fashion King’ was a drama that the word ‘youth’ suited.
CeCi: 良きにつけ悪しきにつけ、「Fashion King」はまさに「青春」ドラマでした。

Yuri: My heart felt full and also was a bit lame… That’s right. It was an extremely realistic youth. There were some that said there were some things that were uncomfortable or stifling to watch, and there were others who said they didn’t feel well after watching it. Because it was a drama that constantly showed the true intentions rather than a heart fluttering fantasy, there were various responses.
ユリ: 胸がいっぱいでもありほんの少し物足りなくもあり…そうですね。まさに青春そのものでした。見ていて不愉快だとか重すぎるとか、見終えると不快になると言う人たちもいました。心ときめく夢物語と言うよりは、真実内面を描いたドラマでしたから、いろんな反応がありました。

yuriceci4.jpg



CeCi: Your 20′s, how do you want your youth to be?
CeCi: 20代、どんな青春でありたいと思いますか?

Yuri: I hope my youth hurts a lot. I hope to be able to accept life’s ups and downs matter-of-factly and overcome them well. I will grow and learn twice as many things within that time. Because I’m the type who looks for trouble and worries too much, exhausting myself, but I wish it would just be like that.
ユリ: たくさんの困難があったらいいですね。人生の浮き沈みをあるがままに受け入れて、それをしっかり乗り越えていきたい。その時々の数々の出来事によって、成長し学びます。私って、あまりにも多くの苦悩や心配事を待ち望むタイプで、燃え尽きてしまいますけど、そんな風でありたいです。

CeCi: As an actress, your first steps were a bit heavy. What do you think would be your next best step?
CeCi: 女優としてのあなたの第一歩は、少しばかり厳しかった。次の一歩はどうありたいですか?

Yuri: I don’t want to play a light role immediately. As long as it isn’t a role that overuses my image, I want to try any role.
ユリ: すぐに簡単な役を演じてみたいとは思っていません。私のイメージを損なう役でない限り、どんな役柄であれ挑戦してみたいです。

CeCi: Do you have any image or role that you want to be in charge of within Girls’ Generation?
CeCi: 少女時代の中にあって、自分自身が担いたいイメージや役割はありますか?

Yuri: I did when we first debuted. But as I gained experience, I felt that it would be nice to become a person that doesn’t have a set image, modifier, or role. I want to attempt many things and become a person who suits challenges. If I had to choose, I want an energetic image. A person that gives off the feeling of liveliness! If you think about it, energetic and liveliness, in the end, becomes charisma. I think that charisma is something that comes out when you trust and are sure of yourself.
ユリ: デビュー当時はそうでした。でもいろいろ経験するにつれ、イメージ、装い、役割を定めずにあるべきだと感じています。いろんな事を試みて、それに見合った私でありたい。もし選ぶとしたら、活発なイメージ。元気いっぱいの陽気な人!考えてみると、活発さや陽気さは、どうしたって人を惹きつけます。人を引き付ける魅力は、自分を信頼し自信を持ったときに、自ずと生じるものだと思います。

CeCi: Are you a person who has a lot of trust and is sure of themselves?
CeCi: あなたは十分に自分を信頼し自信を持っていますか?

Yuri: I usually don’t at all. It’s to the point where my fans even call me a dork, so I don’t want to become perfect in my regular life either. When I try to change myself, I become more exhausted. But it’s blatantly there when I’m on stage. I think it (Translator’s note: Yuri is referring to having trust and being sure of herself) is present in a working Kwon Yuri.
ユリ: 普段はまったくありません。ファンが私を抜けてると呼ぶくらいですから、日常生活まで完璧でありたいとは望んでいません。自分を変えようとしたら疲れきってしまいます。でも、ステージに立っているとき、まさにそうです。公演中のクォン・ユリにはあると思います。
(翻訳者注:ユリは自分への信頼と自信について言及)

CeCi: Girls’ Generation is like the newly coined ‘whole’. Is there a next image of Girls’ Generation that you’ve been drawing up?
CeCi: 少女時代は最近の造語「完全体」のようです。あなたが思い描いている少女時代の次のイメージはありますか?

Yuri: I wonder about that every day. In order to meet great expectations, to be satisfied on our own, I hope the wall Girls’ Generation has to overcome is only Girls’ Generation. I also hope the people who break Girls’ Generation’s records and images are us. I always want to test our limit. I still don’t know where that is.
ユリ: 毎日思い悩んでいます。大きな期待に応えるため、私たち自らが満足するため、少女時代が乗り越えるべき壁は、少女時代だけであればいい。そしてまた、少女時代の数々の記録やイメージを打ち破るのも、私たちでありたい。私はいつだって限界に挑戦し続けたい。それがいったいどこにあるのか、私はまだ知りません。

yuriceci5.jpg



“The age of 24 is a bit difficult. It’s not just a momentary worry. It was difficult living at 23, and it was the same at 22. I have a lot of worries. I get out of these troubles quickly, but I soon fall into another. I grow like that each and every day.”
「24歳はちょっと難しい年頃。それは今だけのことじゃない。23歳だって生きるのに大変で、22歳もそうだった。たくさんの悩み。すぐに悩みから抜け出して、すぐに別の悩みへと。そうやって私は日々成長する」

CeCi: Do you talk about things like this often with your members?
CeCi: メンバーたちとこんな話をよくしますか?

Yuri: I do occasionally. How long will we be able to be Girls’ Generation, which direction should we take. A lot of things are talked about, from what we should eat right now, who our ideal type is, who looks cool these days, which concept would be good for our next album, or what dance would look cool.
ユリ: たまにします。いつまで少女時代であり続けることが出来て、どんな方向に向かうべきか。何を食べようか、誰が理想なのか、最近は誰が素敵か、次のアルバムはどんなコンセプトがいいか、どんなダンスが素敵か、たくさんの事柄について、おしゃべりしています。

CeCi: What is something that 24-year old Kwon Yuri and her members wish for the most out of everyday life?
CeCi: 24歳のユリとメンバーが、毎日の生活で一番望んでいる事は何でしょうか?

Yuri: Getting along with ordinary people. I’ve been receiving yoga lessons recently, and I really like being amidst unnies, younger people, and mothers. Spending very ordinary time with my friends at school is a great energizer. I don’t want to lose this precious time. I’m afraid of becoming trapped in the stereotype of being special, in case I get so used to special treatment that I stop being thankful for it, and in case I can’t function when I’m not in the spotlight.
ユリ: 普通の人たちとうまくやっていく事です。私は最近ヨガのレッスンを受けていて、お姉さんや若者、お母さん達に囲まれているのがとても好きなんです。学校で普通に友人と過ごす時間は、とっても大きな活力源。この貴重な時間を失いたくはありません。特別扱いに慣れきってしまい、感謝する事を忘れ、スポットライトが当たっていないと順応できなかったり、そんな特殊観念に囚われることが怖いんです。

CeCi: It seems there was a moment where you realized this.
CeCi: どうやらそれに気づいた瞬間があったみたいですね。

Yuri: There was. Honestly, when looking at something special, thinking, ‘Why aren’t they even doing that for us?’ I got mad once too. In the end, it was a wall that I created. I get scared thinking about living in there alone now. After thinking about what I could do to prevent that wall from being created, the answer was quite simple. It is to do things people do difficultly just as difficultly, and to do things people do easily just as easily. That’s the only way.
ユリ: ありました。実は、特別な事を目にすると、「どうして私たちのためにしてくれないの?」って考えて怒ったりもしました。結局、私自身が作り上げた壁だったんです。今、そんな中にただ一人生きていたと思うと怖ろしくなります。壁を作らないためにはどうするべきか考えてみると、答えはとっても簡単なものでした。普通の人たちと同じように行動する。ただそれだけなんです。

yuriceci6.jpg



“Because there is ordinary life and time, I can see myself properly. I could see that I’ve been receiving special treatment this entire time, that I’ve always gotten great, miracle-like opportunities easily, and that I’m a person who should always be thankful.”
「普通の生活と時間があって、率直に自分自身を見つめる事が出来る。いつだって特別扱いされて、いつだって簡単に奇跡のような素晴らしい機会を手にしていて、そして、常にそれに感謝する自分であらなくては」

Source: CeCi via joinsmsn Translated by: ch0sshi@soshified Edited by: bhost909@soshified 転載記事:Soshified 日本語翻訳:一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...