So-net無料ブログ作成

「素敵な女性ジェシカとして思い起こしたい」Sports Dongaのインタビューで語る。 

Jessica Intervies Sports Donga.jpg

ジェシカさんがSports Dongaインタビューを受けました。
ソロデビューした理由とか彼女のニックネームについてとか語っていますが
記事タイトルにも書いた結びの言葉が最高です。

「素敵な女性ジェシカとして思い起こしたい」


そしてそれ以外にも、いろいろなことに答えていますので
抜粋しながらご紹介したいと思います。

なお、元ソースであるSports Dongaはハングルで私には意味不明なので
実際にご紹介するのは上記記事を翻訳紹介している英語サイトからになります。
ご了承下さい。m(..)m


まずはSBSの記事から。

Jessica Jung thought she would never sing again.jpg

この記事タイトルは
Jessica Jung thought she would never sing again
となっていますので、最初はその箇所を抜粋します。

"I had no idea that I'd be a singer again. If it weren't for my fans' support, there wouldn't be a day like today. I regained my courage because of the fans who showed their support, asking me to keep singing. I think I began the work with mulling over what the fans wanted from me and what they wanted to hear. In the end, I decided that I had to do songs that the fans wanted to hear and prepared for my album."
「また歌手になるなんて思っても見ませんでした。ファンの支えがなかったら、今の私はありません。歌い続けて欲しいというファンの願いと支持のおかげで、私は勇気を取り戻しました。ファンが私に何を望んで何を聞きたいのか、深く考えるところから始めたんです。結局、ファンが聞きたい歌を歌うべきって決めて、アルバムを準備しました。」

ファンの支持があればこそ
ジェシカさんがソロデビューを決意してくれたんですね。
その決意に感謝です。

実際
「With Love, J」を聞いていると
そんな彼女の思いがしっかりと伝わってきます。^^v

そしてそのアルバムリリース時期がティファニーさんと重なったことについて
ジョークを交えながら心境を話しています。
"When I heard the news, I thought, 'Why? Of all people?"I thought that it might actually be a good thing. I was curious about what Tiffany would do, and she was really cool. I thought it'd be fun for people who are watching because her music and visuals are different from mine. Leaving behind the grades for our music, I wish that we would each promote coolly."
「その知らせを聞いた時、『なんで?よりによってこんな時なの?』って思いました。でも、実はいいことかもしれないって考えたんです。彼女がどんな風にするか興味がありましたし、とてもカッコ良かったですよ。彼女の音楽とビジュアルは私とは異なりますから、見てる人達は楽しいと思います。私達の音楽の実績を残しながら、お互い素敵に活動していきたいです。」

ジェシカさんが言っている通り
彼女とティファニーさんの音楽もビジュアルも全く異なるものだと思います。

だからこそ
よきライバルになれるのでしょうか。

いずれにしろ
どちらも同じカリフォルニア生まれですから
お互いに刺激しあって活動を続けてくれると嬉しいですよね。


さて
次はkpopmusicの記事から抜粋します。

jessica-jung-talks-about-her-ice-princess-nickname-and-her-solo-debut.jpg

この記事のタイトルは
JESSICA JUNG TALKS ABOUT HER ‘ICE PRINCESS’ NICKNAME AND HER SOLO DEBUT
ですね。

なのでまずはニックネームの話から。
“I think that it comes from how I look.Anyway, even an ‘Ice Princess’ is a princess.To be honest, it ended up being a nickname which did not stick easily to other people. Compared to the past, I think people have become open-minded now. After activating SNS accounts, it appears that now is the time to show my natural self.”
「私の印象から来てると思います。でも「氷姫」だとしたって「お姫様」でしょう。正直に言ってしまうと、結局は私が他の人に簡単に心を開かないところから来ているニックネームです。以前と比べると、オープンマインドになったと思います。SNSのアカウントを開設してから、自然な私を見せる時になったみたいです。」

ジェシカさんのInstagramアカウント開設はとても嬉しかったですね。
過去記事「SNSD~ジェシカさんがインスタグラムアカウント開設」でも紹介しましたが

私と同様にこの知らせを待ち望んでいたシカペンが多かったようで
この記事のアクセス数は飛び抜けて高いものでした。

そしてファンの期待以上の普段なジェシカさんを
新たに開設したアカウント
Instagramで見せ続けててくれています。^^
(SNSといえばweiboもありますが、Instagramがより身近な感じがします)


さて
次は記事タイトルにもしたインタビュー最後の言葉です。
“The first chapter in my life was my school period, the second was my training period. Chapter three was me after a flashy debut and fourth will be my promotions as a solo singer. I would rather hear that this is something expected from Jessica than I did not put in any effort. Even if I get older and look back to the present, I want to remember myself as the cool woman Jessica.”
「私の人生の第一章は学生時代で、第二章は練習生時代です。第三章は華やかなデビュー後の私で、第四章は、ソロシンガーとしての活動になるでしょう。全く尽力しなかったじゃなくて、期待通りのジェシカだったって耳にしたいです。歳を重ねたとしても、今を振り返ったら、素敵な女性ジェシカとして私自身を思い込したいんです。」

結びの言葉がいいですよね~。
その思いはすでに実現できていると思いますが
彼女にとってはまだまだ自分自身を表現しきれていないのでしょう。

過去記事
次のアルバムまでもうすぐです。 'The Star'誌のインタビューでジェシカさん言及。
でご紹介したとおり
次のアルバムにもすでにとりかかっているみたいですし

この言葉をさらに確実にするために
第四章への準備を着々と進めているところでしょうか。

シカペンにとっては
まさに願ったり叶ったりの時が続きそうです。(⌒▽⌒)

Sources: SBS, kpopmusic
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。