So-net無料ブログ作成
検索選択

【翻訳記事(前編)】少女時代からソロへ: 「受け入れることが出来たらとても驚きでした」 

ジェシカさんのソロアルバムWith Love, J」がリリースされておよそ4日。
実はリリースされた24時間後に、彼女はBillboardのインタビューを受けています。
今回はその記事の翻訳紹介(前編)です。

ソースはもちろんBillboardになります。
Jessica Jung on Recording Solo After Girls' Generation: 'I Was Really Surprised I Could Have Input'

他にも韓国でのインタビューなんかがあったようですが
それはすでに大手のメディアが発表していますので
まだ翻訳紹介されていないと思われるBillboardインタビューを取り上げます。

一気に全部翻訳紹介出来ればよかったのですが
なかなか時間がとれないもので
前編・後編に分けての記事となります。

このインタビューで一番注目すべきは
やはりオリジナル記事のタイトルにもなっている彼女の発言。

「I Was Really Surprised I Could Have Input'」でしょうか。

これは彼女の発言の抜粋ですが
さすがBillboardは本職だなって感じがします。

思わず「どういうこと?」って記事を読みたくなりますよね。

さて、その答えはどうなのか。
実際の記事でご確認ください。


Solo After Girls' Generation: 'I Was Really Surprised I Could Have Input'
少女時代からソロへ: 「受け入れることが出来たらとても驚きでした」

jessica-jung-girls-generation-2015-billboard-1548.jpg

She’s back, with love.
彼女が愛を携えて戻ってきた。

The K-pop world held its breath in 2014 as then-Girls’ Generation member Jessica Jung left the group, marking the first departure since the supergroup was formed in 2007. Jessica’s soprano tone was at the heart of many of the group’s hit songs, and after her departure, she took her time getting back to music, focusing on other aspects of her career, such as launching a fashion brand. Now, a little less than two years since her departure, Jessica is ready to return to her musical roots.
スーパー・グループとして2007年に結成されて以来注目されていた少女時代から、2014年にメンバーのジェシカ・チョンがグループを脱退したことで、K-Pop界は固唾を呑んだ。ジェシカのソプラノトーンは、グループのヒットソングの多くにおいて中心だった。グループを去った後、彼女はファッションブランドを立ち上げるなど、別のキャリアに着目し、音楽に戻るまで時間を要した。脱退してもうじき2年になる現在、ジェシカは彼女の音楽の原点に戻る準備が出来ている。

With Love, J, Jessica’s first solo album, was released in South Korea on Tuesday (May 17). Dedicated to her fans, the EP contains six songs, many of which the starlet co-wrote, including singles “Fly” and “Love Me The Same.” Not ready to stop there, California-born Jessica is also releasing an English version of the EP digitally on May 27.
ジェシカのファーストソロアルバム「With Love, J」は、火曜日(5月17日)に韓国でリリースされた。ファンに捧げられたEPには、シングル「FLY」と「Love Me The Same」を含め、多くを共筆した6曲が収録されている。それだけにはとどまらず、カリフォルニア生まれのジェシカは、5月27日に英語バージョンのデジタルEPもリリースする。

Calling in from Seoul a day before the release of her album, Jessica spoke to Billboard about the next phase in her career.
アルバムリリースの1日前にソウルから訪問し、ジェシカは彼女のキャリアの次の段階についてBillboardに語った。


You’re about 24 hours from the release of your first solo album, With Love, J. How are you feeling?
ファーストソロアルバム「With Love, J」のリリースからおよそ24時間。どんな気持ちですか?

I am super excited. I mean, I’ve been working on this album for almost a year now. I feel butterflies in my tummy.
とても興奮しています。およそ1年ほどこのアルバムに取り組んできましたから。緊張でドキドキしてます。

Does it feel different than when you debuted as a member of Girls’ Generation in 2007?
2007年に少女時代のメンバーとしてデビューした時とは異なる感じですか?

Yeah, of course. As I was putting together this album I mean, my biggest motivation was my fans. They were always so supportive and I always wanted to do something for them. If it weren’t for them I wouldn’t have made it this far so I really want to thank them.
はい、もちろんそうです。このアルバムを企画した一番の動機は私のファンでした。常に彼らが支えで、いつだって彼らに向けて何かしたかったんです。彼らのためでなければ、しばらく作ることはありませんでしたから、本当に感謝したいと思います。

Is that what the title is all about, With Love, J?
「With Love, J」のタイトルが全てを表現していますか?

I’ve used it ever since my debut. Cause when I signed things from my fans or I write a little letter I always write “with love, J” at the end. And I really wanted to make this a present and a gift to my fans, so that’s why the name of this album is With Love, J.
その言葉はデビュー以来ずっと使ってきました。ファンの持ち物にサインしたり、短い言葉を書くときには、いつも最後に「with love, J」って書きました。そして、私は本当に私のファンへ向けてこのプレゼント作って贈りたかったので、アルバム名は「with love, J」にしたんです。

Can you tell us a little about this album? What are we going to hear on it?
このアルバムについて少し話してくれますか?私たちは何を聞くべきでしょうか?



Well, there’s a lot of different types of genres and I feel like each song has a life of its own. I participated a lot in writing these songs and it was actually the first time I participated in creating music. I was inspired by my own experiences in life and what I’ve learned. There’s going to be “Fly,” my title song, and another favorite song that I also made a music video for is “Love Me The Same.” It’s an R&B medium tempo song. “Fly” is a pop dance song.
う~ん、違ったジャンルがたくさんあって、それぞれの歌がそれ自身の命を持っているように感じます。私はそれらの歌の作詞にたくさん関わりましたが、実は私が音楽の制作に携わったのは初めてだったんです。自分の人生経験や学びに影響されました。私のタイトル曲になる「Fly」や、追加でミュージックビデオを作ったもう一つのお気に入り曲「Love Me The Same」とか。「Love Me The Same」はR&Bのミディアムテンポ曲で、「Fly」はポップダンス曲です。

What was it like collaborating with American musicians?
アメリカのミュージシャンとの共同作業はどんな感じでしたか?

I worked with Fabolous and also Kmack [Kerriem Mack]. I worked with them in New York -- [they’re] extremely talented and Kmack is a visionary. At first I was kind of scared because I never really worked with a lot of U.S. producers or U.S. artists. Usually in the past I just walked in, sang my parts and left. But Kmack started asking me questions and it was all about creative direction. I was really surprised that I could have input and I can make the song the way I actually want it to come out.
私はFabolousとKmack[Kerriem Mack]と一緒に働きました。彼らとはニューヨークで一緒に作業したんです--[彼らは]とても優秀でKmackは明確なビジョンを持っていました。実際にアメリカのプロデューサーやアーティストと一緒に仕事したことがなかったので、最初は少しこわかったです。これまでは、ただ入って、私のパートを歌って、出るだけでした。でもKmackは私に質問をし始めて、そのすべてが創りあげる方向性についてでした。それを受け入れることができたとき、私が実際に望んでいる形で歌を創りあげることが出来るのには本当に驚きました。

Source: Billboard
日本語翻訳:一刻

後編へ続きます。
お楽しみに。

2016.05.22追記
後編投稿しました。
SNSD~【翻訳記事(後編)】少女時代からソロへ: 「受け入れることが出来たらとても驚きでした」
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。