So-net無料ブログ作成
検索選択

SNSD~2014年9月30日午前5時 - ジェシカさん脱退・・・ 

みなさん、こんにちは。

今回はジェシカさんの脱退について取り上げ

そして
「SNSD Memories」更新はこれが最後となります。

<2015.08.20追記>
そろそろジェシカさん脱退から1年ですね。
この1年を振り返って、数記事更新するつもりです。
よろしければご覧ください。

今まではSONE&シカペンとして
彼女たちのイメージを崩す事のないように
そのイメージに乗っかった形でブログを書いてきましたが

この記事だけはそんな立場を離れて
一般人としての目から書かせてもらおうかなと。

それほど過激な表現をするつもりはありませんが
SNSDやジェシカさんのイメージ云々よりも
本音を優先しますから

ソシペンやシカペンとして
彼女たちの理想的なイメージだけ思い描いていたい方は
これ以降は読まずにすぐに移動するのが吉かもしれません。


……
………
……………
………………



さて
まずは
彼女の脱退が明らかになった

2014年9月30日にWeibo.Sy__Jessicaに投稿された
ジェシカさんのメッセージからです。

I was excited about our upcoming fan events only to shockingly be informed by my company and 8 others that as of today, I'm no longer a member. I'm devastated - my priority and love is to serve as a member of GG, but for no justifiable reason, I am being forced out.
来るファンイベントを楽しみにしていましたが、残念なことに会社と8人から、今日を以って私はもはやメンバーではないと衝撃的な通告を受けました。私の優先順位と愛は少女時代のメンバーとして尽くすことですが、正当ではない理由で追い出されました。 - 打ちひしがれています。


このメッセージに応える形で
同日午後、SMエンターテイメントからも表明がありましたし
「少女時代 ジェシカの脱退説にSMが公式発表「8人体制で活動する」(全文)」

翌10月1日
ジェシカさんはプレス・リリースを通じて
そこに至ったいきさつや自身の思いを詳細に明らかにしています。
「Jessica Jung Releases Official Statement on SNSD Issue」
(本来なら翻訳紹介するべきなのでしょうが、とてもそんな気持ちにはなれません)

この場で
どちらの言い分が正しい云々を語るつもりはありませんが

シカペンとしての立場ならば
当然ジェシカさん側に立ちます。

ただし
他メンバー8人からの表明はありませんし
ジェシカさんの発言からだけでは判断のしようがありません。


ただ明らかに言えるのは
ジェシカさんと他のメンバー、そしてsmとの関係において
泥沼の言い合いにならなかったことは
素直に感謝するべきだなと思っています。

もしそうなっていたなら
ソシペンやシカペン、他メンバーのファンまでをも巻き込んだ
結論の出ない不毛な言い争いにまで発展したでしょうから。


とは言えこのやりとりで
SNSDがこれまで前面に打ち出していたメンバー間の絆の強さ
それが完璧に打ち砕かれたのは明らかで

それは
9人での最後となったアルバム
「THE BEST New Edition」
THE BEST~New Edition~.jpg

に収録された下記2曲
・Indestructible
・DIVINE
からもうかがい知ることが出来ます。

それぞれの曲に対する
SONEとしての私の想いについては

「SNSD~Indestructible...破壊と分断と」
「SNSD~「DIVINE」の涙」
「SNSD~「DIVINE」の意味」

をご覧頂ければと思いますが

ファンを離れた一般人としての目から見た場合
皮肉にも
下記順で歌われた歌詞の内容
・Indestructible:消して壊れない絆
・DIVINE:あまりにも脆いのね気持ちはたやすく揺れて
という表現によって

まさに彼女たち自身が
その持ち歌で

意図的であったにしろそうでなかったにしろ
絆のもろさを歌い上げていたことが
明らかになったわけです。


ただし
DIVINEについては

出だしこそ
「あまりにも脆いのね気持ちはたやすく揺れて」
という
それこそあまりにも衝撃的なジェシカさんパートで始まるものの
DIVINE_All1.jpg
(脆い絆ゆえなのか1人ポツンとしたジェシカさん)

最後の歌詞が
やはりジェシカさんパートの

We can be DIVINE...

ですから

「(9人がその気になるなら)またひとつになれる」
DIVINE_All2.jpg

って示唆してはいるようです。

とは言え
その可能性を十分に感じつつも
あくまで

「その気になったらね」

って含みを感じますし
ジェシカさんの涙と相まって
DIVINE_Tears.jpg

なんとも意味深な歌詞だなと・・・



さて
メンバー内の関係とは別に
アーティストとファンの関係について考えてみると

片や夢や理想を与えて
片や夢や理想を投影して

すなわち
アーティストはファンの夢や理想イメージを創りあげてそれを崩さないように心がけ
ファンはそのイメージに共感してさらに完璧な夢や理想像に育て上げていく

こんな感じだと思うわけです。

言うまでもなく
リアルなアーティストと
ファンの見ている(と思ってる)アーティストは別物で
この在り方を理解していないファンがいたりすると

創りあげられている理想とは異なった
リアルなアーティストの一面を知った瞬間に

「そんな人だと思いませんでした」だの
「イメージが崩れました」だの

そのギャップにいまさらながら気づいた衝撃で
動揺してしまったりするようです。


そしてSNSDメンバーのリアルな一面という意味では
メンバーが脱退するというSNSDにとっての大事件において

8人のメンバーが無言であるという部分に
違和感を感じているSONEも多いのではないでしょうか。

これまで創りあげられてきたイメージでは
9人メンバーの絆は固くて
それこそ姉妹同然のものだったはずなのに

突然のメンバーの解雇においても
何ら気持ちを表明すること無く

ジェシカさんの発言を事実とするならば
8人総出で彼女を追い出したわけですから。



そもそも
私がSONEになったのは
「過去記事から~SONEになったきっかけ」
で触れたとおり

1st Asia Tourでの
ジェシカさんのソロパフォーマンスがきっかけでしたから
Jessica_BarbieGirl.jpg

シカペン→SONEの順だったわけです。

そしてジェシカさんが脱退した今
SNSDの魅力は半減し一気に色あせて
そのイメージを楽しむことが出来なくなり

否応なく
リアルな彼女たちを目の当たりにすることになって

SONEでいる意味を見出すことができず
現時点では単なるシカペンとなっています。


ただ
そのジェシカさんについても
彼女がアーティストであってこそのファンなわけで

まさに【Gift】ともいうべきあの歌声
それが今後提供されないようでは
シカペンである意味もないわけで・・・


おそらくは
シカペンではない人であっても

SNSDの歌の要所要所における
彼女のCuty Voiceが
彼女の澄んだ歌声が

テヨンさんの歌唱力と相まって
華やかさや彩りを添えていることは
ご理解いただけることと思いますが

それこそ私にとっては
あの歌声があってこそのジェシカさんなのです。


実は
正直なところ
デザイナーとしての彼女を応援するつもりはありません。


あくまでも
あの歌声を聞きたくて

その歌声を提供してくれる
ジェシカさんを応援したいんです。


しかも
私の本音を申し上げますと

9人メンバーのSNSD内で
テヨンさんと一緒にボーカルして
その他メンバーの歌声の支えがあればこそ
Jpapn3rd_Flyers.jpg
彼女の歌声がいっそう引き立っていたと思うわけで

今後ソロ活動するとしても
SNSD時代と同等かそれ以上の感動がないとするなら
シカペンであることも止めざるを得ないでしょう。

冷たいでしょうか。
シカペンならばデザイナーのジェシカさんも応援するべきでしょうか。
歌わなくても「私はずっとあなたの味方です!」って言うべきでしょうか。

私はそうは思いません。
それは逆に
アーティストとしてのジェシカさんに対して
とても失礼で不遜な態度だと思います。



そしてまた
ジェシカさんの欠けたSNSDについては

ジェシカさんパートをどのメンバーが代わりに歌おうと
彼女の歌声の代わりになるメンバーはいませんし

その一事を持って
9人メンバー時代に歌われていた
9人前提の歌が

今後8人で歌われるとするならば
その魅力は半減してしまいました。


結局
ある意味完成されていて
今後のさらなる飛躍も期待できていた
9人メンバーだったSNSDが
やっぱり一番好きなわけで

当時のSNSDについて語るならば
私は未だにSONEですし
それ以上にシカペンであることは確かです。

その思いを綴ったのが
まさにこの「SNSD Memories」
prof.png
なんですね。


現時点の私は

過去のSNSDを愛し
過去のジェシカさんの歌声を愛し

未来のジェシカさんの
アーティストとしての活躍を祈っています。

そして
その時の到来を信じて
シカペンでありSONEであった時代の
彼女たちへの思いを綴った
この「SNSD Memories」

この彼女たちのメッセージに応えるかたちで
AllIndestructible.png
ジェシカさんと
9人メンバーだったSNSDに捧げます。


そしてまた
なにかのきっかけで
過去の9人メンバーのSNSDに思いを寄せた方が

何らかのえにしでこのブログを訪れ

いずれかの記事を目にして

その当時のSNSDの魅力を
多少なりとも実感していただければと思います。



願わくば
近い将来に
ジェシカさんの新たな歌声を耳にすることがあらんことを。

一刻
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました