So-net無料ブログ作成

SNSD~‘1st Look’ Magazine Features Jessica and Krystal for an Interview and Photoshoot 

みなさん、こんにちは。

今日は
SNSD Memoriesでは3回目となる
ジェシカさんとクリスタルさんのインタビュー記事翻訳紹介です。

ネタ元はSoshifiedで
2014年7月5日に投稿されたものです。

インタビュー記事そのものは
SNSD Memoriesで始めてからは
今回で8回めですね。

ジェシカさんが1回
ティファニーさんが1回
テヨンさんが1回
ソヒョンさんが1回
ユナさんが1回
そして
ジェシカさん&クリスタルさんが3回

私はシカペンですから
ジェシカさん絡みのインタビュー記事が多くなるのは当然としても
よもや
姉妹のインタビュー記事が一番多くなるとは
思っても見ませんでした。

まぁ
あくまでも現時点の話ですから
今後どうなるかは分かりませんが。


でもこれまでの2人のインタビュー記事
「SNSD~‘Harper’s Bazaar’ Magazine」

「SNSD~‘NYLON’ Magazine Features Jessica and f(x)’s Krystal for a Photoshoot and Interview」

そして
今回のインタビュー記事も
やっぱり
深い姉妹愛が感じられて

とりわけ今回のインタビューは
ジェシカさんがクリスタルさんのことを

思わず?

本名で呼びながら質問に応えているという
ハプニング的な場面もありました。

おそらくは
姉としての素顔に戻った言葉だったのでしょう。


そして
妹のクリスタルさんもまた
姉のジェシカさんを本当に慕っていて
尊敬して
見習って
頼りにしていることが
言葉のあちこちから伝わってきます。

インタビュー場所がニューヨークだったからなのか
これまでのインタビューの中では
一番フランクに答えている感じがしました。


また
今回のインタビュー

最初と最後に
記者の語りが入ります。(笑)

決して嫌いなパターンじゃありませんが
今回のインタビューは割合短めなので
その語り文章分
もっと彼女たちに質問してくれたら・・・
って思ってしまいますね。ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


とは言え
先ほど申し上げたように
ジェシカさんの姉の素顔を引き出したインタビューアーですから
そこまで要求するのは酷というものなのでしょう。^^;


さて
いつものことながら
前置きが長くなってしまいました。

それでは
「1st Look」誌における
ジェシカ&クリスタル姉妹へのインタビュー
どうぞお楽しみください。


the SISTER: ‘1st Look’ Magazine Features Jessica and Krystal for an Interview and Photoshoot
例の姉妹: 「1st Look」誌ジェシカとクリスタルのインタビュー&写真撮影特集

1stlook1.jpg

The plane took off at 7. It left Incheon for New York. A boring 13-hour flight. On a screen the size of your hand, I saw Joaquin Phoenix’s eyebrow flinch. ‘Her’ is not a typical love story about a person conversing with, understanding, loving, separating from, and missing an A.I.. What an obscure love. Infinite trust and love for a being that may or may not exist. Is something like that possible? While crouched in the small economy seat, I fell asleep while listing words like love, separation, dating, understanding, conversation, misunderstanding, and trust.
飛行機は7時に離陸した。仁川からニューヨークへ向けて。退屈な13時間のフライト。手のひらサイズの画面で、ホアキン・フェニックスの眉が引き上げられるのを見た。「her/世界でひとつの彼女」は、人がとある人工知能と会話し、理解し、愛し、別れ、失うといった、異色なラブストーリーだ。なんとも不鮮明な愛。有るか無きかの存在に対する無限の信頼と愛。こんなことが起こり得るものなのか?私はエコノミーの狭い席で身体を丸め、愛、別れ、デート、理解、会話、誤解、信頼といった言葉を羅列しながら眠りに落ちた。

When my head was about to split, the plane landed in New York. I met Jessica and Krystal at the front of a security device at the JFK International Airport. The girls were bubbly like a newly opened carbonated drink, making me forget the fact that I was curled up on a plane for 13 hours. The security worker wondered if Jessica and Krystal were twins, and they both cheerfully laughed. The freest, feel-good, refreshing laugh that sounded like ice hitting the inside of a glass cup. While looking at these lively yet serious girls that both were somewhere between a lady and a young girl, I recalled Joaquin Phoenix’s eyebrow. The fluttering of your heart and curiosity about a being that you can’t touch. It must have been because of something like that.
頭が割れるように痛み始めた頃、飛行機はニューヨークへ着陸した。私はJFK国際空港のセキュリティチェックの前で、ジェシカとクリスタルに会った。少女らは、開けたての炭酸飲料のようにはじけ、13時間に渡って機内で丸くなっていた事実を忘れさせた。セキュリティ要員は、ジェシカとクリスタルが双子なのか興味津々で、彼女たちは一緒に快活に笑った。グラスの内側で氷が奏でる響きのような、最高に気さくで、心地よく、爽やかな笑み。共に女性と若い少女の境界に在る、快活で真摯な彼女たちを見ていると、ホアキン・フェニックスの眉を思い出した。触れることの出来ぬ存在に関する胸のときめきと好奇心。何やらそのようなものであるのだろう。

After crossing through the cold air of Central Park, morning finally came. Jessica’s voice was much more high-pitched than yesterday. She walked up to us with her sparkling eyelashes, slender ankles that looked like they could break, and fairy tale-like body, and greeted reality. We decided to press the first shutter on Prince Street in SoHo. Wearing a flower print one-piece and skin-colored shorts suit respectively, Jessica and Krystal stood in front of a traffic sign. Along with their dynamic facial expressions, from sullen expressions to refreshing smiles showing all their teeth, their slender arms and legs were also constantly moving. They were perfect subjects for the camera that seemed to exist to be shot. How many young girls’ hearts would beat to the point of bursting, and how many young boys’ hearts would flutter because of these small ladies’ small movements?
セントラルパークの冷気を貫き、朝が到来した。ジェシカの声は昨日よりも一段と高かった。彼女は、きらめく睫毛に、折れてしまいそうな程細い足首といった、童話のような姿で歩み寄り、現実の挨拶をした。我々は、ソーホーのプリンス・ストリートで最初のシャッターを押すことに決めた。それぞれが花柄のワンピースと肌色の短いスーツを着て、ジェシカとクリスタルは道路標識の前に立っていた。不機嫌な表情から、歯を見せる爽やかな笑顔まで、活発な表情と共に、彼女たちのほっそりした腕と脚もまた絶えず動いている。彼女たちは、撮影されるために存在するかのような、カメラの完璧な被写体だった。この小柄なレディたちのちょっとした仕草に、どれだけ多くの少女の胸が張り裂けそうになり、どれだけ多くの少年の胸がときめくのだろう。

1stlook2.jpg

1st Look: How does it feel living as an idol?
1st Look: アイドルとしての生活はどんな感じでしょう?

Krystal: I’m not sure. Like how anything has two sides, it is fun living with two appearances, but it’s also difficult. It hasn’t really sunk in as to what my occupation is, so I’m not sure what it means for me to be living as an idol. Just, on stage, I’m Krystal, but off stage, I’m Jung Soojung. Of course, it can’t be differentiated perfectly like that. In front of the camera right now, I’m Krystal, but at the same time, I’m Jung Soojung with my older sister.
Krystal: どうでしょう。あらゆることに2つの面があるように、2つの姿で生活するのは楽しいですけど、大変でもあります。自分の職業が何なのかを本当には理解していないので、私にとってアイドルとして生きるのはどんな意味があるのかよく分かりません。単に、ステージの上ではクリスタルで、でもステージを降りたら、チョン・スジョンです。もちろん、そんなふうに完全に区別なんて出来ません。今、カメラの前の私はクリスタルですけど、同時に、姉と一緒のチョン・スジョンでもあるんです。

1st Look: You debuted as a young girl and have become a lady. Visually, you still seem like a young girl, but what kind of woman are you? You show some unexpected tenacity.
1st Look: 少女としてデビューし、女性になりました。見た目は、まだ少女ですが、あなたはどんな女性なのでしょう?思いもしなかった強さが見受けられます。

Jessica: A woman! That’s right. I’ve become a woman now. But I’m still sucking in and accepting it. I’m going to develop a bit more, and the confidence as to what kind of person I am will become stronger. It’s difficult for me to organize and answer ‘What kind of woman are you?’ right now. But I always want to be an honest, confident lady. Being honest is something that needs courage and conviction. And so, of course, I would need to be confident.
Jessica: 女性!ですね。今や女性になりました。でも、私は未だに吸収して受け入れてます。もっと成長することで、私がどんな人なのかという確信が強くなるでしょう。今は、「あなたはどんな女性ですか?」に、順序立てて答えるのは難しいです。でも、私は常に率直で自信に満ちた女性でありたい。率直であることは、勇気と信念を必要とします。ですから、もちろん私は、自信を持たなくてはならないんです。

1stlook3.jpg

1st Look: To be honest, I was surprised when you said it would be okay to have pizza for lunch. I didn’t think you ate pizza.
1st Look: 率直に言うと、あなたが昼食はピザで構わないと言った時には驚きました。ピザなんて食べないと思っていましたから。

Jessica: I really like eating. I have to eat what I want. Of course, while I do think of each meal importantly, I don’t eat following a time table. Of course, I consistently exercise and work hard as well.
Jessica: 食べるのは大好き。食べたいものを食べなくちゃ。もちろん、都度の食事は大切だと思いますが、時間通りに食べたりはしません。当然、運動は続けていますし、頑張って働いてます。

1st Look: I honestly was surprised because you were so pretty. How can you maintain this kind of body and skin while eating pizza?
1st Look: あなたがあまりにも美しいので本当に驚きました。ピザを食べていて、どうして体型と肌を維持できるんですか?

Jessica: There could be people who are naturally born that way, but for me, it’s almost all effort. I need to drink a lot of water, and consistently exercise. Living happily and thinking positively are also required. While special diets and exercises are good, mental freedom and positive thinking help a lot.
Jessica: 生まれつきの人もいるとは思いますけど、私にとっては、そのほとんどが努力です。たくさん水を飲んで、運動も続けなきゃいけません。楽しく暮らすことや、前向きな考え方も求められます。特別なダイエットや運動もいいですけど、精神的な自由と積極的な考えが大きな助けになるんです。

1stlook4.jpg

1st Look: Meanwhile, Krystal’s sullen expressions have some kind of innocence, as well as a elegance and charisma. You said you don’t like acting pretty, but you made cute facial expressions well.
1st Look: 一方でクリスタルの不機嫌な表情には、優雅さとカリスマ性だけではなく、ある種の無邪気さがあります。綺麗な振りは好きじゃないといってましたが、可愛い表情は上手でしたよ。

Krystal: I don’t try to look pretty or cute. I don’t really like purposefully creating a certain image. It’s more comfortable for me to express my emotions straightforwardly without any filters. That might be why you can see charisma in my sullen expressions. Innocent and graceful images are probably just coming from my honest emotions. I’m like my sister, not being fake and showing how I feel as is. I like that too, to be honest.
Krystal: 綺麗に見せようとか、可愛く見せようなんてしません。わざとあるイメージを作り上げるのが本当に好きじゃないんです。フィルタなんか無しで感情を率直に表現するのが、私にとってなにより気楽なんです。それが、私の不機嫌な表情にカリスマ性を見ることの出来る理由なのかもしれません。無邪気さや優雅なイメージは、きっと私の率直な感情から来てるんでしょう。偽りなく感じたままを見せるのは姉と一緒です。率直であることが、私も好きなんです。

1st Look: If that’s the case, honestly. The way you don’t blink in front of numerous cameras, do you take after your parents? Or was that acquired?
1st Look: それでは、率直に。多数のカメラの前でまばたきをしない様子は、両親の遺伝ですか?あるいは後天的なものですか?

Krystal: Um. Neither. It was just okay for me. I just didn’t blink because my eyes didn’t hurt and I didn’t feel uncomfortable.
Krystal: う~ん。どちらとも。ただ私は平気だっただけです。目が痛くはなかったし、不快でもなかったのでまばたきませんでした。

1stlook5.jpg

The shoot carried on. From SoHo to Brooklyn. Jessica, wearing a cute mini dress, and Krystal, wearing a chic, satin suit, hugged each other and whispered. While having their side-swept, braided hair and lip color checked, they turned their eyes to one another a number of times.
撮影は続けられた。ソーホーからブルックリンへ。可愛らしいミニドレスを着たジェシカと、シックなサテンのスーツを着たクリスタルが、互いに抱き合い囁やく。横に流し編み込まれた髪と、口紅の色を確認しながら、彼女たちは幾度も互いに目を向けた。

1st Look: How does it feel sharing, not just your private life, but your public life with your family?
1st Look: 個人の生活だけではなく、家族との一般生活まで公開するのはどんな感じでしょう?

Jessica: It’s all enjoyable. This kind of opportunity doesn’t come to everyone does it? I’m lucky being able to be on a program with my younger sister, showing our true selves, and I also think of it as a blessing. We can see sides of one another that we couldn’t before, as well as how different we are when we’re together, and how similar we are when we’re apart from each other. Also, Krystal is a reliable little sister that I can depend on in many ways. I can share all parts of my life with her, and it’s really comforting and a relief that we can generally understand each other without saying anything.
Jessica: 最高に楽しいです。こんな機会って誰にでも訪れるものじゃないでしょう?妹と番組に出演して、私達本来の姿を見せることが出来て幸運ですし、願ってもないことです。これまでは知らなかった側面、一緒にいるときにはどんな風に違ってて、離れてる時にはどんな風に似てるのかを知ることが出来ます。それに、クリスタルは私がいろんな意味で頼ることの出来る頼もしい妹です。生活のあらゆる事を分かち合うことが出来ますし、何も言わなくてもお互いにおおよそ分かり合えますから、気楽で安心なんです。

Krystal: When I’m with my sister, being able to show myself as is is fun and relaxing. I never thought to myself, ‘I’m sharing my public life with my sister as well’, but I do think leaving behind various photos and videos of us working together would become good memories later on. But, if I also make a mistake or do something wrong, it impacts my sister, so I don’t think I can just think of it easily.
Krystal: 姉と一緒の時には、ありのままの自分を見せることができるので、楽しくてゆったりできるんです。「姉と私の一般生活を公開する」なんて考えたことはなかったけど、一緒に仕事した写真や映像を残すのは、後になっていい思い出になると思います。ただ、私が失敗したり間違ったりしたら、姉にまで影響しちゃいますから、ただ気楽に考えていればいいとは思ってません。

1stlook8.jpg

1st Look: What kind of influence does Jessica have on Krystal?
1st Look: ジェシカはクリスタルにどんな影響を与えますか?

Krystal: She’s really adamant. I think she’s always sure about things. I guess she’s gentle yet has tenacity. Her firmness is something that I want to learn the most. I’m always learning and also being influenced. I often think that I’m a little sister who isn’t much help to my sister. My sister is my life’s biggest indicator. She’s always guided me a lot since school, my trainee days, and even after I debuted. I think we’re here together right now thanks to my sister.
Krystal: 姉は本当に堅固です。いつだって物事について確信を持ってると思います。穏やかでありながら粘り強さがあるというか。意思の堅さを一番見習いたいんです。いつも学びながら影響も受けています。私はよく、それほど姉の助けになっていない妹だなって思います。姉は私の人生の大きな道しるべです。学校でも、練習生の日々も、デビューしてからも、いつも彼女が私を導いてくれました。今ここに一緒にいるのも、姉のおかげだと思います。

1st Look: What kind of younger sister is Krystal to Jessica?
1st Look: ジェシカにとってクリスタルはどんな妹ですか?

Jessica: She’s a very reliable sister. Soojung has a mature side as well as a childlike innocence. When I’m having a hard time, feeling lonely or sad, I could lean on her and be comforted. There are a lot of times where I take care of Soojung, and there are also a lot of times where the opposite is happening. I want to be like an older sister that’s like a friend, but Soojung becomes my guardian every now and then. It’s difficult and upsetting just thinking about a reality without Soojung. I don’t even want to think about it seriously.
Jessica: とても頼もしい妹です。スジョンは大人びた面もあるし、子供のような無邪気さもあります。寂しかったり悲しかったり、私が辛い時は、彼女にもたれて慰められます。私がスジョンの面倒を見ることも多いですけど、その反対になることだって多いんです。私は友人みたいな姉らしくありたいのに、スジョンは時々私の守護者になります。スジョンのいない現実を考えるだけでも、辛くて動揺します。そんな事本気で考えたくありません。

1stlook6.jpg

There isn’t anything they’re particularly grateful for, even during situations that aren’t really laborious. Just, even in regular moments in life, they always ask one another’s opinions and embrace them. Even when they’re eating lunch, drinking water, walking, and in between the shoot. Jessica’s words to Krystal, and Krystal’s replies heard between the shutter sound. The rhythm of their conversations that were dry yet clean, and like commas and exclamations, were simple, like, ‘Did you eat?’ But you could tell how much affection and attention was in it. So, friendship, familial love, loyalty, love, and a rich, infinite amount of emotions that you can’t put into words surrounds them. Even if they don’t say ‘I love you’, they know, like how you suddenly realize that you’re breathing.
とりわけ感謝すべき事はなく、本当に困難な状況でもない。単なる、生活の普段の場面においても、彼女たちは常に相手の意見を求めそれを受け入れる。昼食を食べながら、水を飲みながら、歩きながら、そして撮影の合間でさえ。ジェシカの言葉がクリスタルへ届き、クリスタルの応えがシャッター音の絶え間に聞こえる。カンマと感嘆符のように、簡潔で混じり気のない彼女たちの会話のリズムは、「ご飯食べた?」のように素朴だが、どれほどの愛情と関心がそこに含まれているのかが分かる。なればこそ、友情、家族愛、誠実、愛、及び言葉にすることの出来ない、豊かで無限の感情が彼女たちを包み込んでいる。「愛してる」と言わなくても、彼女たちは知っている、ふとした時に、呼吸していることに気づくかのように。

1stlook7.jpg

After concluding the shoot, we discovered Jessica and Krystal returning to their car. The backs of their heads, looking at the port, their lips moving while eating ice cream, the tenseness in the middle of their forehead, touching their phone while leaning their entire body weight on one leg. Even their similar way of talking and facial expressions that come about in every moment. Despite not having habits, we could see how completely similar they were. It’s not in their same facial expressions, and it can’t be seen in their legs or fingers. You can just feel it in the air the two are in. Also, they are world’s most beautiful, lovable sisters that you’ve ever seen. They are also just like twins and long for one another even when they’re together. Krystal mumbled, with her small lips, ‘I’m not jealous of anyone. My sister’s seriously the best.’
撮影終了後、我々は車へと戻るジェシカとクリスタルを発見した。港を見つめる頭の後ろ、アイスクリームを食べる唇の動き、眉間の緊張、片足に重心を乗せながら電話に触れること。そっくりな話し方やあらゆる瞬間の表情にさえ。癖がないにもかかわらず、我々は彼女たちがどれほど酷似しているか見て取ることができた。それは同じ表情においてではなく、脚や指にも見ることは出来ない。2人が存在する空気の中でのみ感じ取れる。そしてまた、彼女たちはこれまで見た中で、世界一美しく、愛らしい姉妹だ。双子のようでもあり、一緒にいる時ですらお互いを切望している。小さな唇で、クリスタルがつぶやいた。
「誰も羨ましくなんてない。私の姉は本当に最高だから」

Source: 1st Look Magazine
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました