So-net無料ブログ作成
検索選択

SNSD~‘CeCi’ Magazine Features Taeyeon for a Photoshoot and Interview 

みなさん、こんにちは。

So-netブログに移ってから4回めのインタビュー翻訳記事となります。

ジェシカさん、ジェシカさん&クリスタルさん、ティファニーさんときて
今回はテヨンさんのインタビュー記事です。

ネタ元はSoshifiedで
2013年12月19日に投稿されたものです。

で、今回のインタビュー記事を読み始めるとすぐに
SNSD~ユナさん「Harper’s Bazaar」誌10月号インタビュー
を思い出しました。

一方は「Harper’s Bazaar」で
一方は「CeCi」ですが
書き出し方がすごい似通っているんです。

もちろんこの他にも似たような書き出し方のインタビュー記事はあって
そのどれもに共通するのが
単純に仕事としてインタビューしてるんじゃなくて
ひとりのSONEとしての立場からインタビューしてるってことでしょう。

実は、
以前のようにほぼリアルタイムで翻訳紹介するのならばともかく
すでにどこかで翻訳されているであろう過去記事を
現時点で翻訳紹介することに
果たして自己満足以外の意味があるのだろうと
再開してから考え続けていたのですが

今回のインタビュー記事を見て
その答えが一つ出ました。

例えばどこかの報道メディアの芸能担当者が仕事で翻訳したものとか
例えばすぐれたソフトを使って翻訳したものとかとは違って

私はひとりのSONEとしてSNSDのことをイメージしながら書いてます。
そこに他の翻訳とは異なった
SONEならではの文が出来上がるのではと。

もちろん
それを判断するのは
読んでくださるみなさんですから

私の記事からたとえ少しでも
SNSDの息吹を感じていただければ
それにまさる喜びはありません。


前置きが長くなってしまいましたが
インタビューの内容についても少しだけ。

インタビューアーがSONEだからなのか
テヨンさんが赤裸々に胸の内を明かしてくれている印象を受けました。

いろんなことに触れていますが
彼女自身が自分の成長を感じ取っているのがすごく感じられ

SNSを始めた理由とか
本当に望むコンサートの形とか
「Tell Me Your Wish」をどう受け止めているかとか
ネイルアートの話とか
あるメンバーの暴露話とか
テヨンさんのいろんな想いが伝わってきます。

そして
年末インタビューだったからなのか
それともやっぱりインタビューアーがテヨンペンだったからなのか
けっこうなボリュームで
しかも深いですから
存分に満喫できることと思います。


では
「CeCi」によるテヨンさんへのインタビュー
どうぞお楽しみください。



‘CeCi’ Magazine Features Taeyeon for a Photoshoot and Interview
「CeCi」誌 テヨン写真撮影&インタビュー特集

taeyeonceci1.jpg

When asked to choose who I wanted to meet from Girls’ Generation, my choice was always Taeyeon. Because her subtle, yet powerful voice was the strong first impression from a group called Girls’ Generation. 2014 makes 8 years for Girls’ Generation. They opened up a new chapter in the Korean music industry, and, rather than remaining in the generation they created, they wanted challenges. While none are teens anymore, they’re still relentless. They have been pulling in everything possible as Girls’ Generation’s territory and have been building up a large, solid fortress. When there is word about a comeback, it is said their next steps will decide Girls’ Generation’s future. However, no matter what the appearance of their comeback, nothing would be weird. Among lively members who are overflowing with personality, Taeyeon always quietly stayed a step back. Doing what she likes by singing & sharing loving looks with her fans: it feels like that is how she spends her time. White skin almost transparent, baby-like smiling eyes, but she is a bit secretive. What might be in her heart? On the first day of raging sleet this winter, I met Taeyeon. She hesitated quite a bit, trying and trying not to show her feelings. However, I didn’t want to rush her. Because there had to be something valuable about her that didn’t need to be shown easily. 26 year-old Taeyeon is currently going through her most beautiful time right now.
少女時代で会いたいのは誰かと尋ねられたら、私の選択はいつだってテヨンだ。何故といって、彼女の微細ながらも力強い声が少女時代というグループの第一印象だったからだ。2014年で8年目となる少女時代。彼女たちは韓国の音楽業界に新たな一頁を開いたし、自らが築いた時代に留まるよりは、挑戦を望んだ。もはや誰もが10代ではないが、彼女たちには未だ終わりがない。少女時代の領域に、可能なあらゆるものを引き込み、大きく強固な砦を築きあげている。カムバックという言葉が出現するとき、次のステップが少女時代の未来を決定付けると言われている。しかしながら、彼女らのカムバックの姿がどのようであったとしても、不思議ではない。活発で個性溢れるメンバーの中において、テヨンは常に一歩引いて静かに佇む。好きな歌を歌いファンと愛情のこもった視線を交わす。それが彼女の時の過ごし方のようだ。透明とも言える白い肌、赤ん坊のように笑う目、だが少しばかり秘密主義な彼女。その心には何があるというのだろう?今年の冬はじめての激しいみぞれの日、私はテヨンに会った。彼女は気持ちを表現するかしないか、ずいぶんためらった。私は彼女を急かしたくなかった。容易に示す必要のない、彼女にとって大切な価値あるものがあるはずだから。26歳のテヨンは今、彼女の最も美しい時を通り抜けている。


CeCi: Compared to other members, you don’t have many individual activities. I hope this ‘CeCi’ cover photoshoot is considered as a coveted item by fans.
CeCi: 他のメンバーと比べると、個人活動は多くありませんよね。「CeCi」表紙の撮影が、ファンが待望していた事ならいいのですが。

Taeyeon: This is my first time as a solo cover model, so it’s really interesting. Each Girls’ Generation member has done their own versions of cover shoots, and we really didn’t know anything at the time. Since there have been many cases where members were cover models for separate magazines, I can tell how great this is.
Taeyeon: 一人で表紙のモデルになるのは今回が初めてなので、とてもおもしろいです。少女時代メンバーそれそれが各自バージョンの表紙撮影をしたことはありますが、その時は本当にはなにも分かっていませんでした。メンバーが別々の雑誌の表紙モデルをするケースが多かったので、これがとても素晴らしいッて分かります。

CeCi: You haven’t done as many photoshoots as I thought.
CeCi: 思ったよりも写真撮影は多くありませんね。

Taeyeon: To be honest, there has been a time when getting my photo taken felt rather difficult. There have been a lot of times where I’ve declined photoshoot schedules because, for some reason, I didn’t have any self-confidence. However, I thought about when I would again be able to leave [a trace] of myself in my 20’s, if not now. I also thought about when else I would be able to show myself to mediums and fans when they want. In the past, I only wanted to sing songs I like the most. However, now, if it’s something that others can all take in and willingly enjoy, then I think it’s something I can do and feel that it is my job.
Taeyeon: 実は、写真を取られるのがかなり大変に感じられた時がありました。何故かしら、少しも自信を持てなくなって、何度も写真撮影スケジュールを断りました。でも、もし今じゃなければ、20代の私[の軌跡]をいったいいつ残せるというのって考えたんです。それと、メディアやファンが望んでる時に以外に、いつ私を見せることが出来るのかと考えました。かつては、私が一番好きな歌だけ歌っていたかった。でも、今、他の人みんなが受け入れることが出来て進んで楽しむ事なら、私にも出来て、それが私の仕事なんだって感じます。

taeyeonceci2.jpg

CeCi: At what point did you start accepting these jobs?
CeCi: どの時点でそういった事を受け入れ始めましたか?

Taeyeon: The biggest reason I always do something is because of the fans. Under any circumstance, fans move me. At some point, I thought I had to show myself when they wanted. I thought of it as repayment for the love and as necessary work. I wasn’t able to think like that at first. It slowly became deeper while promoting, like while seeing our fans waiting for us at dawn to cheer us on, even in cold weather.
Taeyeon: 私が常に何かをする一番大きな理由はファンのためです。どんな状況下であっても、ファンが私を動かします。どこかの時点で、私は彼らが望む姿をみせなくてはいけないって思いました。受け取った愛に対する恩返しとして、必要不可欠な事だと考えたんです。最初はこんな考え方は出来ませんでした。活動しながらゆっくりとより深まって、私達を応援するために凍える気候であっても、明け方から待っているファンを目にするのが好きなんです。

CeCi: The response for your OSTs, songs you are featured in, and other individual songs has always been hot. Fans probably really look forward to news about your solo activities.
CeCi: あなたのOST、特集の歌や他の個人曲に対する反応が常に熱い。きっとファンは、あなたのソロ活動報道を待ちわびていますよ。

Taeyeon: Of course, if given the opportunity, I want to! But that’s still a personal hope. A good opportunity should eventually come.
Taeyeon: もちろん、機会が与えられたらしたいです!でも個人的な願いですから。いずれ好機が来るはずです。

CeCi: If you were to do solo activities, what might be a good method or appearance?
CeCi: もしソロ活動をするなら、どんなやり方でどんな装いがいいですか?

Taeyeon: I’ve wanted to do a show in a small theater for a long time. Not too long ago, I went to sing a duet with at Kim Bumsoo’s small theater concert, and the small venue was nice. When the room is small, the person singing is in a much more comfortable position. To be honest, we can’t hear the audience’s shouting very well when we have concerts in large venues, like gymnasiums, because we have to use in-ear monitors. Because everyone can hear you singing even without a mic in a small theater, I want to sing while seeing fans from up close. Since the number of audience members will be limited, let’s have more concerts. Even two or three concerts in a week seems okay.
Taeyeon: ずいぶん前から小さな劇場で公演をしてみたかったんです。少し前に、キム・ボムスさんの小劇場コンサートにデュエットで行きましたが、小さな会場が素敵でした。部屋が小さいと、歌い手の立場としてはとっても気楽です。実は、競技場のような大きい会場でのコンサートって、イヤーモニターを使わないといけないので、観客の方たちの叫び声がよく聞こえないんです。小劇場ならマイクが無くてもみんなに歌が聞こえますから、ファンのみんなを近くで見ながら歌ってみたいです。観客数に制限がありますから、たくさんコンサートしましょう。一週間に2~3回でも大丈夫です。

taeyeonceci3.jpg

CeCi: I’m always curious when I see idol groups. You usually can’t receive a song you want 100% of the time, and it seems like it would feel like getting a big assignment whenever you receive a new song.
CeCi: アイドルグループを見るといつも気になります。たいていの場合100%自分の望む曲を受け取ることが出来ず、新しい曲を受け取る度に、大きな課題を与えらているように見えます。

Taeyeon: It is kind of like that. I guess it’s like a feeling of wanting to put forth the best solution to the problem in front of our eyes. It’s just working hard with the voice and feelings that I have. It’s a group with many people, and because everyone’s individual colors are clear, it’s not a problem that can be controlled with one’s personal preference. At least at a concert, I tend to be able to sing to my heart’s content the songs that I want to sing. The energy a singer gets at concerts is really great!
Taeyeon: そんな感じですね。目の前に置かれた問題に最良の解答を差し出したいみたいな。私の持っている声と感性で頑張るだけです。大人数のグループで、それぞれのカラーがはっきりしているので、一個人の好みでどうにかできる問題じゃありません。少なくともコンサートでは、私が歌いたい歌を心ゆくまで歌う方です・。歌手がコンサートで手にするエネルギーって本当に大きいんです。

CeCi: You always look like you have a thirst for singing on stage.
CeCi: あなたはいつだって、ステージ上で歌うことに渇望しているように見えます。

Taeyeon: I like singing the most, and there isn’t anything I’m just as good at. (laughs) It’s just me wanting to show something I’m good at.
Taeyeon: 歌うのは最高に好きですけど、本当に得意なのがありません。(笑)ただ上手な何かを見せたいだけなんです。

CeCi: There are a lot of hit songs, like ‘Gee’, ‘Tell Me You Wish’, and ‘Hoot’, among others. Of them, is there a song that was like ‘a gift from God’ for Girls’ Generation?
CeCi: 「Gee」や「Tell Me You Wish」や「Hoot」等々、多くのヒット曲があります。その中で、少女時代にとって「神の恵み」ともいえる曲はありますか?

Taeyeon: The one that appealed strongly to the general public was ‘Gee’, and the one that we felt a change in the members was ‘Tell Me Your Wish’. From ‘Kissing You’ to ‘Gee’, they were all cute, girl-like songs. On the other hand, ‘Tell Me Your Wish’ was a lot more stylish and feminine, and the choreography itself had a sexy feel. Before this, there was a strong feel, but an upgraded maturity came about with ‘Tell Me Your Wish’. The choreography style put a distinction on our body line in a modest way, so I think it made it feel like that more.
Taeyeon: 一般の人たちに強くアピールしたのは「Gee」で、メンバーの変化を感じたのが「Tell Me Your Wish」です。「Kissing You」から「Gee」までは、みんな少女っぽい可愛らしい曲ですが、その反面「Tell Me Your Wish」は、はるかにスタイリッシュで女らしくて、振り付け自体もセクシーな感じでした。その前にも、強く感じるものはありましたが、「Tell Me Your Wish」で成熟さが高まったんです。振り付けスタイルが控えめに私達のボディラインを引き立てるので、より一層そう感じたのかもしれません。

taeyeonceci4.jpg

CeCi: Through one interview, I saw you say, ‘In the past, I didn’t know you look prettier with a natural look, so I even paid attention to just a strand of hair.’ Do you almost not have any obsessions when it comes to looks now?
CeCi: あるインタビューで、「以前は、自然な感じがより美しいって知らずに、髪の毛の編み方まで気にしていました。」と言ってるのを見ました。今は見た目についての強迫観念はなくなりましたか?

Taeyeon: Compared to the past, yes. Of course, it would be good to look pretty in any photo. But, having thousands of photos of me being taken by fans in a day, I can’t look beautiful in all of them. How many photos of me with my eyes half closed, or with an ugly facial expression, might there be? Being greedy for looking perfect won’t make it so. I’ve been wanting to become a more honest and down-to-earth person lately.
Taeyeon: 以前と比べるなら、そうです。もちろん、どんな写真であれ美しく見えるのはいいことです。でも、一日に数千枚の写真をファンに撮られて、そのすべてで美しく見えるなんて出来ません。半分閉じられた目や不快な表情、そんな私の写真がいったいどれだけあることでしょうか。完璧な見た目にこだわったところでそうはなりません。最近はより率直で真摯な人になりたいんです。

CeCi: You’ve suddenly been sharing a lot of photos on SNS. Is this also your way of expressing that you want to honestly show yourself?
CeCi: 突然、SNS上でたくさんの写真を共有し始めていますね。それもまた率直に自分を見せたい表現方法なのでしょうか?

Taeyeon: I’ve been updating Instagram every day like school attendance. (laughs) It’s just me wanting to share things I saw and liked. I started using SNS first out of my members last spring. (CeCi: You started really late.) The members made a promise ‘to not use them’. With the many slips-of-the-tongue and mistakes made by public figures on SNS, we decided early on not to use it in order to be careful. After I started, other members started using Instagram and Twitter, amongst other things.
Taeyeon: 学校へ出席するみたいに毎日インスタグラムにアップデートしてます。(笑)私が見て好ましかったことをそのまま共有したかったんです。メンバー内では私が初めて去年の春からSNSを始めました。(CeCi: ずいぶん遅いですよね)メンバー内で「それは使わない」って約束してました。SNS上で有名人の失言や失敗がたくさんありましたから、私達は慎重になってあらかじめ使わないって決めてたんです。私が始めたら、他のメンバーも数ある中から、InstagramやTwitterを使い始めました。

taeyeonceci5.jpg

CeCi: You all promised not to do it, but was there something that caused that unwritten rule to break?
CeCi: それをしないと約束していたにもかかわらず、その不文律を破る何らかの要因があったのでしょうか。

Taeyeon: To be completely honest, I started for the fans. I feel futile and empty when there aren’t activities, so I thought of how stifling it must be for fans who are forever waiting. I think it would be like walking without a destination. Our album always comes out later than scheduled, so I was sorry that the waiting is drawn out. Of course, I also had an uneasy heart, thinking that [fans] would turn their eyes to the new girl and boy groups that have been pouring out. (laughs) Thinking of the fans, I couldn’t not use SNS.
Taeyeon: 完全に率直であるために、ファンに向けて始めました。活動していないとき虚しさや空虚さを感じて、ずっと待ち続けているファンはどれだけ憂鬱なんだろうって思いました。当てもなくさまよっているようなものです。アルバムはいつも予定日より遅れて、長く待ってもらうのが申し訳なくて。もちろん、[ファンが]次から次へと現れる新しい女性グループや男性グループに目移りするんじゃないかって不安な気持ちもありました。(笑)ファンのことを考えると、SNSを使わざるを得なかったんです。

CeCi: There must be more things to pay attention to now, other than taking care of fans only in Korea.
CeCi: 韓国内のファンに配慮する以外に、今やもっと多くのことに注意を払わなくてはなりませんからね。

Taeyeon: That’s also a big reason I started SNS. There are ways to meet overseas fans, but I felt sorry for not trying. Because the cultures are different, I also thought, ‘How happy do I have to look for them to feel how I feel?’ I also became careful: for example, wondering if approaching someone first for a handshake expresses my friendliness or is a rude gesture. But from the stage, it all looks the same. The way they memorize and do Korean cheers, regardless of where we go in the world, is really fun, and I’m grateful.
Taeyeon: 私がSNSを始めたのはその理由も大きいんです。海外ファンと会う術はありますが、何も努力しないのは申し訳ないっなって。文化も異なりますから、「私の想いを感じてもらうにはどのくらい嬉しそうにしなくちゃいけないのかな?」なんて事も考えました。慎重になったんです。例えば、初めてのひとに握手を求めて近づくのは、親しみを示すのか失礼な行為に当たるのか迷います。でもステージからだと、みんな同じに見えるんです。世界中どこであろうと、韓国式声援を覚えてしてくれるのが楽しくって、感謝してます。

CeCi: You also wrote words for your fans on SNS. That you feel affection from photos your fans take, and you said thanks.
CeCi: SNSでファンに向けた言葉も書いてましたね。ファンの撮った写真に優しさを感じて、ありがとうと言っていました。

Taeyeon: I really want to avoid having my disheveled appearance exposed on camera early in the morning at the airport. However, the sincerity from fans can be felt in their only trying to take pretty pictures. I’m quite thankful for those intentions. I leave comments when I feel sorry for getting on the plane in front of fans after avoiding cameras like I don’t like them.
Taeyeon: 早朝の空港で、髪を振り乱した姿をカメラの前にさらすのは本当に避けたいんです。でも、彼らが美しい写真だけ撮ろうとしてるところに、ファンの誠意を感じ取れるんです。その心にとても感謝してます。カメラが好きじゃないみたいに避けた後、飛行機に乗ってファンの前に座ると申し訳なくて、コメントを残すんです。

taeyeonceci6.jpg

CeCi: ‘Taeyeon’s nails’ are pretty famous amongst fans. You posted photos of nail art that you did yourself on Instagram, and you seemed like a ‘homebody’.
CeCi: テヨンのネイルがファンの間でかなり有名です。自分でしたネイルアートの写真をInstagramに投稿してましたが、「引きこもり」みたいでしたよ。

Taeyeon: That’s right. I’m a ‘homebody’! (laughs) Fans who saw a photo of me after I got care from a nail shop mistook it as nail art I did myself, so I was gifted instruments. As I did it, there were times where it was looked pretty to the point where it seemed like I had some talent. I posted photos of proof through SNS on those days. It’s really fun!
Taeyeon: その通り。私は「引きこもり」です!(笑)私がネイルショップでしてもらった写真を見て、ファンが私が自分でしたものと勘違いして、道具を贈ってくれたんです。で、やってみたら、私って才能があるんじゃないって思えるくらい綺麗に出来たことがありました。そんな日に、SNSに証拠として写真を投稿したんです。とっても面白い!

CeCi: You normally have a lot of interest in skincare and makeup?
CeCi: 日ごろからスキンケアやメイクに関心が高いのでしょうか?

Taeyeon: I have a lot of products, and I tend to be quick with buying new products. Technically, I like makeup more than clothes! (CeCi: Is there an item you’re a ‘-holic’ for these days?) CC cream. It’s lighter than BB cream, and it gives my face a beautiful feel, more than having nothing on, so it’s really nice. It makes my skin look nice and moist.
Taeyeon: たくさん製品を持ってますし、新製品はすぐに買う方です。どっちかって言うなら、服よりも化粧品が好き!(CeCi: 最近ハマったアイテムはありますか?)CCクリーム。BBクリームより軽くて、何も付けない時より顔が綺麗になった感じがあって、とってもいいんです。肌がしっとりして素敵に見えるんです。

CeCi: Girls’ Generation’s glue-like teamwork doesn’t seem exaggerated for some reason. Why do you think it is?
CeCi: 少女時代の親密なチームワークは何故かしら不自然に見えません。どうしてだと思いますか。

Taeyeon: First of all, you can’t ignore the power of time. Jessica, Sooyoung, Hyoyeon, and Yuri have been trainees together since elementary school, so they’ve been friends for over 12 years. Because of this, the feeling of being like sisters is stronger than that of being colleagues. We know each other really well, so we don’t do things we don’t like. Ah, there are times when we do things on purpose that another doesn’t like as a joke. (laughs) That we’re not as feminine as you think also plays a role. When we’re gathered together, we’re really like mischievous neighborhood kids.
Taeyeon: まず最初に、時の力を無視することが出来ません。ジェシカ、スヨン、ヒョヨン、ユリは、小学校の頃から一緒の練習生で、12年越しの友達です。そのおかげで、仲間というより姉妹みたいな感覚が強いんです。(笑)お互いのことをとても良く知ってますから、嫌なことはしません。あっ、いたずらで相手が嫌がることをわざとするときはあります。(笑)思ったほど女っぽくないのも一因ですね。集まってると、私達ってほんとにそのへんのいたずらっ子みたいなんです。

CeCi: Who is the most playful?
CeCi: 一番お茶目なのは誰でしょう?

Taeyeon: The one who is boyish, unlike how she looks, is Sunny. I’m not that girly either. Yoona is totally the ‘biggest kid’. Everyone’s really number 1 when it comes to being cheerful. (CeCi: Is the most feminine member, as expected, Seohyun?) Seohyun and Jessica!
Taeyeon: 見た目と違ってボーイッシュなのはサニーです。私もそんなに女の子らしくありません。ユナは完璧「でっかい子供」です。元気の良さってことだとみんなが1位ですね。(CeCi: 一番女性らしいメンバーは、やっぱり、ソヒョンですか?)ソヒョンとジェシカ!

taeyeonceci7.jpg

CeCi: You said you all don’t do things that others don’t like. What would be one ‘this is strictly forbidden for this member’ rule that you’d reveal?
CeCi: あなたたちは、お互いに嫌なことはしないと言っていました。「このメンバーにこれは厳禁」ルールを一つ暴露してもらえませんか?

Taeyeon: Tiffany can never look at a fish’s eye. Once, Sooyoung covered a fish’s eye with her chopsticks, went ‘ta-da’, and showed it to her. There was really an uproar in the restaurant.
Taeyeon: ティファニーは魚の眼を絶対に見ることが出来ません。一度、スヨンが魚の眼を箸で覆って彼女のところへ行って「じゃ~ん」って見せたんです。レストランが本当に大騒ぎでした。

CeCi: Recently, what was the topic in Girls’ Generation’s KakaoTalk room?
CeCi: 最近、少女時代のカカオトークルームの話題は何でしたか?

Taeyeon: As always, dog photos! Yuri, Sooyoung, Tiffany, Seohyun, and I have dogs, and if they make a cute facial expression or odd pose, we always take a picture and blindly post them. Oh, and someone recently asked, ‘Does anyone know any good makgeolli places?’ (CeCi: Girls’ Generation and makgeolli…) I think it was because it was raining? (laughs)
Taeyeon: いつだって、犬の写真!ユリ、スヨン、ティファニー、ソヒョン、そして私が犬を飼ってて、かわいい表情とか変な格好とかしたら、必ず写真を撮ってやたら送っちゃいます。あっ、それと誰かが最近「誰かマッコリの美味しいお店知らない?」聞いてました。(CeCi: 少女時代とマッコリ…)雨になるかもって思いました。(笑)

CeCi: Do you have great expectations for the 30’s coming up, or nostalgia of the 20’s that are going past?
CeCi: 迎える30代への大いなる希望と、過ぎ去る20代への郷愁、どちらを感じていますか?

Taeyeon: I keep on wanting to feel something new. So I’m really, really curious about my 30’s. The feelings of a 24-year old, the feelings of a 25-year old, and the things you feel in autumn and winter are all different. So, rather than time that’s passed, I always think the times that are drawing near are all precious. Moving forward is more important.
Taeyeon: 新たな何かを感じ続けたいんです。なので、自分の30代って本当にとっても気になります。24歳の想い、25歳の想い、秋や冬の想いって全部違います。ですから過ぎ去った時間よりも、いつだって近づいてくるすべての時が大切だと思ってます。前へ進むのがより重要なんです。

CeCi: 2014, you’ve become 26 years old. What kind of time is Kim Taeyeon living in?
CeCi: 2014年、あなたは26歳になりました。キム・テヨンはどんな時を過ごしていますか?

Taeyeon: Um… I think it’s a really important time. 23, 24, and 25 were all important, but I don’t really feel myself getting older. Oh! Recently, because the stylists and staff have all been younger than me, something that’s changed is me naturally talking to them like an unnie (older sister). Not too long ago, I called someone ‘Baby~’ without realizing it. (laughs) Oof, I was really surprised after saying it!
Taeyeon: う~ん…本当に大切な時期かも。23、24、25と全部大切でしたけど、自分が年を取るんだって実感がなくて。あっ!最近、スタイリストやスタッフが全員私より若くなって、なんかみんなとの話し方がいつの間にかオンニ(お姉さん)みたいになってました。この間なんて、気づかないうちに「坊や~」って呼んでました。(笑)はぁ~、話しててほんとうにびっくりです。

taeyeonceci8.jpg

CeCi: 8 years since your debut. Shall we talk about how fast you’ve been moving forward and where exactly you see yourself?
CeCi: デビューして8年です。あなたがどれだけの速さでで歩み続けてきたのか、あなたは正確にどの位置にいるのかについて話してみませんか?

Taeyeon: I’ve been moving well, but I’m not at the end yet. Whenever I look at my life, I mean. I think I’m still at a stage where I am preparing myself without knowing what I’m doing. As a singer, as a member of Girls’ Generation, I have so many things to do in the future. I have no intention of slowing down. But that doesn’t mean I want to speed up excessively, just to keep going at the current speed. I really like being natural. I want to go with the flow. (CeCi: Do you believe in destiny?) Somewhat. I tend to accept things easily.
Taeyeon: しっかり歩んでいますが、まだお終いじゃありません。私の人生を見つめるときにはいつでも、ってことです。まだ、何をしているのかを知らずに自分自身を創りあげている段階だと思います。歌手として、少女時代のメンバーとして、私はこれからたくさんのことをします。のんびりするつもりはありません。でも、むやみやたらに急ぎたいってことではなく、まさに今のペースを維持していきたいってことです。自然体がとっても好き。流れにまかせたいんです。(CeCi: 運命を信じてる?)それなりに。簡単に物事を受け入れる方です。

CeCi: ‘Easy-going’, ‘smart’, ‘easily feels lonely’, ‘audacious’… These are the modifiers that come to mind when thinking of Taeyeon. What kind of modifier do you want to give yourself?
CeCi: 「おおらか」、「機敏」、「寂しがり」「大胆不敵」… テヨンについて考えるとき思い浮かぶ修飾語です。自分をどんな修飾語で表現したいですか?

Taeyeon: A person ‘with a twist’. People think I have a cute and bright personality, but I’m actually not really ‘hyperactive’. Unless it’s a really fun occasion, there aren’t really any reasons for me to get in a ‘hyper’ mood. While I like doing my own nails or doodling with colored pencils by myself in my room, there’s a twist in me liking sports cars ‘too much’. I also like the smell of androgynous, men’s cologne more than women’s floral perfumes.
Taeyeon: 「ちぐはぐ」な人。みんな私を可愛くて明るい性格だと思ってますけど、実際のところ本当には「すごく元気」じゃありません。ほんとうに楽しいことじゃない限り、すごく「元気」な気分になったりはしません。私の部屋で自分でネイルするとか色鉛筆でいたずら書きするのが好きですが、ちぐはぐなことにスポーツカーだって「あまりにも」好きなんです。それと、女性向けの花の香水よりも、男性向けのコロン、中性的な香りが好きなんです。

CeCi: You must like drives that are a little speedy.
CeCi: 少しだけ飛ばすドライブも好きでしょう。

Taeyeon: I like driving quite a bit. But I’m bad with directions. Isn’t this a twist as well? (laughs) So I like driving down the freeway when I go home to Jeonju the most, since I just need to go straight. I often go when I have time. I went not too long ago.
Taeyeon: ドライブするのはとても好きです。でも私って方向音痴だから。これもちぐはぐでしょ?(笑)なので、ただまっすぐに走るだけ、全州の家へ帰るときの高速道路をドライブするのが一番好きなんです。時間があればしょっちゅう行ってます。つい最近も行きました。

CeCi: There are so many surveys that you were number one in, from ‘celebrity I want to have as a junior at school’ to ‘celebrity I want as a girlfriend’, and ‘celebrity I want as a friend’, amongst others! What kind of survey would you create to be number one in?
CeCi: 「学校で後輩にしたい有名人」から「恋人にしたい有名人」、そして「友達になりたい有名人」、他にも!あなたが1位の多数のアンケートがあります。あなたが1位になりたいアンケートを作るとしたら?

Taeyeon: ‘A celebrity I want to have in my favorites on KakaoTalk’. I wish I would become someone that people want to look for that often and become close with.
Taeyeon: 「カカオトークでお気に入りにしたい有名人」。いつも待ちわびてて親しくなりたいって、みんなに望まれる人でありたいです。

taeyeonceci9.jpg

CeCi: From your trainee days, you probably got all the way here by either complimenting and patting yourself one the back, or by scolding yourself. Has Taeyeon changed during that long time?
CeCi: 練習生の日々から、自らを褒めて後押ししたり、自分を叱ったりしながらきっとここまで来たのでしょう。その長い時の中で、テヨンは変わりましたか?

Taeyeon: Of course! When it comes to work, I’ve become really naive. I feel like I’ve become simple to the point where I can feel it myself. In the past, I was really on the sensitive side when the singing sound or monitoring didn’t work well on stage. So I got mad easily, but I’ve been understanding of the site’s limits and acknowledge them. While it is like a textbook answer, I’ve gotten a relaxed mind, thinking, ‘I can do better next time.’
Taeyeon: もちろん!仕事に関しては、ほんとうに単純になりました。実感できるほどシンプルになったんです。以前は、ステージで歌う音とかモニタリングが上手くいかないと、とても過敏になる方でした。そしてすぐに苛立ったりしましたが、今は現場の限界を理解して、受け入れています。模範解答みたいですけど、「次はもっとうまく出来る」って考えて、ゆったりした心になれました。

CeCi: Isn’t that what years of experience can do? What is your personality outside of work?
CeCi: それが長年の経験がもたらすものなのでは?仕事以外でのあなたの人柄は?

Taeyeon: I still have a lot of thoughts. But I think the way I face people has changed a lot. In the past, it was a bit burdensome meeting with people. It was difficult trying to keep a constant conversation while sitting in front of one another, so there were times where I would say I had plans when I didn’t and was alone. I don’t do that anymore. Chatting is fun and natural.
Taeyeon: 考えることはまだたくさんあります。でも、人との向き合い方がずいぶん変わったと思います。以前、人と会うのは少し負担でした。向き合って座ってずっと会話し続けるのが大変で、予定なんか無いのに予定があるからって言って、一人で居たこともあります。もうそんなんことはしません。おしゃべりは楽しくて自然です。

CeCi: According to you, what kind of person is a real adult?
CeCi: あなたにとって、本当の大人とはどんな人でしょう?

Taeyeon: A considerate person. I think there are a lot of things in the word ‘considerate’. In a way, sensible actions and thoughts are like being considerate to the other person. I’ve been feeling like becoming an adult-like adult a lot lately. I will become a person who thinks deeply, is sensible, and considerate.
Taeyeon: 思いやりのある人。「思いやり」って言葉の中に、たくさんの事が詰まってるように思います。ある意味、思慮深い行動や考えも、相手への思いやりのようです。最近とても大人らしい大人になりたいなって思います。私は、深く考えて、分別があって、思いやりのある人になりますね。

CeCi: Lastly, a word to Taeyeon in 2014!
CeCi: 最後に、2014年のテヨンへ一言!

Taeyeon: Become more simple. Also, gain the happy virus a bit more and put out energy!
Taeyeon: もっとシンプルになって。それと、もう少しだけハッピーウィルスを手にして元気だして!、


Sources: CeCi Magazine, je-kwon
転載記事:Soshified
日本語翻訳:一刻

にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へブログランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。